フジモトマサル氏のくっきりした色合いのカラーイラストがたくさん入り、それに吉田篤弘氏が「挿絵」ならぬ「挿文」をした作品がこの本である。

時間が静止したようなイラストに、短い文章が添えられている。その文章はほんとうに上手い、やられた!というのもあれば、しんと心に沁みてくるのもある。吉田篤弘氏のことばの選び方は本当にすばらしい。

わたしが目指している「深夜のラジオ的」とは、こういう感じなのかもしれないな。

大切に大切に読みたい本。
最近は、この作家にやられっぱなしです。



という、はなし


で。

お気に入りの本など集めてならべてみました。
なんだかいい気分です。
あふりかくじらブックシェルフ。




にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ   

メールマガジン『あふりかくじらの自由時間』『あふりかくじらの自由時間』メールマガジン