たくさんの人々の温かいお気持ちに支えられて生きている。
ずいぶんありがたいことだなと思う。

やっぱり、書き続けることが、くじら流の生き方であり。

ジンバブエにいる限り、いまのところわたしはハッピーだ。これからどんなことがあるかわからないけれど、少なくともわたしは自分の仕事や生活、この国を知ることをとても楽しんでいるし、それがいちばん大切なことなのだ。


ジンバブエドルは、闇レートが1米ドルあたり37万ジンバブエドルになって、公定レートとの差は三倍以上。大統領は益々元気で、分裂野党はバランスが悪い。
そして、毎朝の空気はひんやりとしている。冬なのだ。息が白い。


怪我はずいぶん回復してきた。
それでも、まだワイヤ除去術を受けるとか、深く切った傷が治っていないとかあるけれども、心の傷はとても時間がかかりそうだけれども、これもまたリセットというわけで。


温かい言葉をかけてくれる人々がいる一方で、わたしを色んなやり方で傷つける人間もいる。もちろんその意図はなく。
わたしにとって、これは人生を変えた出来事だけれどもね。


自分がいちばん大切。