『あふりかくじらの自由時間』

アフリカのこと、ベリーダンスのこと、日々のこと、旅のことなどを綴っています。

2016年04月

ザンビア15日目。仕事が慌ただしい。★いつも隣のオフィスにいる英国人シニアボランティアの男性。ザンビアのハイファッションデザイナーを紹介してくださった方。(→【ザンビア】ザンビアのハイファッションにうっとりした。) リタイヤされた大学の先生だそうで、奥様と
『【ザンビア】リタイアしたら、仕事がよりきらきら面白くなる。』の画像

ザンビア13日目。ものすごくお天気のよい週末。こちらが、わたくしのアパート。ほんとうに環境がいいです。ハラレで暮らしていたアパートとほんとうに似た空気のにおいです。お花がたくさん。緑がたくさん。小さなテラスもついています。隣は小さなショッピングモールです。C
『【ザンビア】週末は動かずに良いお天気の日曜日を満喫。』の画像

ザンビア13日目。昨日土曜日の続き。アフリカンクラフト村で1,500万円のワニに会ってから、職場で一緒の英国人シニアボランティアのEさんと合流。以前、教えてもらってから非常に興味を持っていたデザイナーさんのショールームへ。Kutowa Designsというところ。デザイナーで
『【ザンビア】ザンビアのハイファッションにうっとりした。』の画像

ザンビア13日目。お天気のよい日曜日!今日はお出かけなしで、ゆっくりします。★昨日、土曜日ショッピングデーの続き。朝、Kamwala Shopping Districtにて中東な雰囲気でチテンゲを仕入れた後、(→記事【ザンビア】アフリカンプリントはアフリカンとは限らない件。 )きっ
『【ザンビア】1,500万円の木彫りのワニだった。』の画像

ザンビア12日目。二回目の週末土曜日。 朝は曇り、昼前から良いお天気に。 ★ 今日はたくさんお出かけする予定はいれずに、のんびり過ごすことに。 今日の目的地は、Kamwala Shopping District 街の中心部のCairo RoadとIndependence Avenueのあたり。 古くて独特な風情
『【ザンビア】アフリカンプリントはアフリカンとは限らない件。』の画像

4月17日は敬愛する作家ベッシー・ヘッドの命日です。1986年にボツワナはセロウェ村にて48歳の若さで肝炎で亡くなったので、今年でちょうど30年ということになります。 生きている彼女に会うことはなかったけれど、大学生だったわたしが現在まで彼女のことを思い続けた日々は
『ベッシー・ヘッドのことを伝えるというより、自分の見た心動かされる風景のことを伝えたい。』の画像

ザンビア11日目。 遠い国にいるのに、地震警報アプリが鳴り続ける恐さ。ニュースはたくさん入ってくるけど、遠いところにいる分、どこか異様な恐ろしさが感じられる。どうか、少しでも被害が少なくてすみますように…。熊本のことで、心がかなりそわそわしています。★たく
『【ザンビア】仕事慌ただしくも、ランチはゆったりしたが。』の画像

↑このページのトップヘ