『あふりかくじらの自由時間』

アフリカのこと
オンラインショップRupurara Moonのこと
アフリカビジネス、ソーシャルビジネス、コンサルティングのこと
ベリーダンスのこと などなど・・・。


■オンラインショップ『Rupurara Moonアフリカンビーズ&クラフト』
■メインサイト『あふりかくじらの自由時間』

2016年01月

アートと音楽とアフリカと。エチオピア・アートクラブの設立記念。

世界は音楽に満ち溢れている。

足音も、鍛冶屋の音も、何もかも。
音楽なのだ。
音楽は国境を越え、音楽は生きること。

エチオピア・アートクラブの設立記念イベントにお声がけいただき出席した。


代表の山本純子さん。
わたしの尊敬するエチオピアンアート&ダンスの推進者。

もちろん、モカエチオピアダンスグループの代表でもいらっしゃいます。


今日のイベントは本当に大盛況。

エチオピアの音楽、ダンス、アートを推進するエチオピア・アートクラブの設立は本当に意義深いことだと思う。

歴史の中でうつくしい音楽とアートと言語などを育んだエチオピアの文化は、きっと世界中に伝えるべき。

そしてほんとは、アフリカの無数に広がる多様な文化を伝えるべきなのだと思う。

文化人類学者の川瀬慈(かわせいつし)氏の長年にわたる研究もディープでとても面白い。
独特な映像世界を以前も観たことがあったけど本当にショートフィルムだ。

世界に引き込まれるようだった。


やっぱり、こんな団体を発足させ、こんなイベントを開くってとってもすごいし、素晴らしいとおもう。





そして、エチオピアの歌姫Tsedenia Gebremarkosのうつくしい歌声に心を奪われた。

うまくまとめられないのだけれど、このような形でアート、音楽、ダンス、そしてエチオピアのうつくしい文化について伝えることって、ほんとうに意義深いことと思う。

アートは、人生。生き方。



エチオピアのコーヒーもいただく。

なんだかわからないけれど、たくさん集まっている人を見て、エキサイティングな広がりを感じた。


わたしは2009年から今まで、Rupurara Moonというささやかな形でやってきたけど、これからももっとどんどんアフリカンアートをプロモーションしていくべきと感じた。


それをできるひとは、きっと限られているのだから。


感謝



そして。わたしはこのダンスと音楽を、自分でもリスペクトし、プロモーションしたいと思っている。



気づいたら自分強迫観念。そこで一転、無敵のわくわく感。

自分に厳しくあるひとはすごいと思うけれど、苦しくないのかなって思うことが多々ある。

今やらなきゃ。
すぐにやらなきゃ。

やらないひとは変わらない!



それ自体は立派なんだけれど。


「やらなきゃならない」という気持ちで未来をどんどん切り開くのはいいけれど、それがやがて自分自身に「重石」みたいになって乗りかかってきたら要注意。

自分で自分のストレスを増やしてしまうなら、要注意。


「すぐやる」ことが目的みたいになってきたら要注意。


精神的にいつの間にか辛くなるし、楽しくなんてなくなるし、だんだん健康を損なうことになっちゃう。





それがかつてのわたし。




     ★       ★


やらねばならぬ!という少しの強迫観念や焦りみたいなものが混ざった行動ではなく、純粋に「やりたい」というわくわく感が人生のコマを前に進めるのだと思う。


楽しいという気持ち。

わくわくする気持ち。

自分はだめだとか、ネガティブな言葉を心の中に入れてしまわないこと。


わくわくモードになると、ひとは無敵だと思う。

だって、人生が楽しいのだもの。


     ★    ★


楽しいとか、やりたいとか、純粋な自分の直感を大切にすればいいと思う。


人生を、目的のための「手段」を求めることに消耗してしまわないように。

それは、自分自身の重荷になってしまうのだから。


     ★     ★



少なくともわたしは、ネガティブな感情を原動力にしたくないなと思ってる。



ハッピーなひとのところに、ハッピーな出来事は引き寄せられてくるものだから。


無題





 ↓↓ Kindle本を出しました! ↓↓




にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ 
アフリカ(海外生活・情報)ランキングへ

 ↑ ★ 読まれましたらクリックをお願いいたします! ★ ↑

■オンラインショップ

 ☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.Rupurara Moonアフリカンビーズ&クラフト


■Twitter
africanwhaleをフォローしましょう

■Facebook Page
Facebook "Rupurara Moon African Beads and Crafts"

観に来てください☆2月のショーのお知らせ。

しばらく療養などで間があいておりましたが、僭越ながら2月にはしばらくぶりにこちらのショーに出演させていただきます。

心も体もリフレッシュして、新たな気持ちとハッピーなオーラで臨みたいと思います。

いつもショーはたくさん心をこめて、楽しんでいただけるよう丁寧に準備をしておりますので、ほんとにたくさんの方に見に来ていただけたら嬉しいです。

お仕事帰りに、美味しいお食事を召し上がりながら楽しい時間をお過ごしいただけたらと思います


(今年は、長期出張も入ってしまうので、合間でできるだけ踊りたいなとは思っていますが、この先はまだまだ未定なので、ぜひこの機会に。→アフリカにいると物理的に東京で踊ることはできませんのでね・・・



  ====

■Amelia Belly Dance Show

日時: 2月5日(金) 20:00〜
場所: ル・マグレブシャンデリア(美味しいモロッコ料理レストランです)

     http://tabelog.com/tokyo/A1307/A130701/13122819/



Magreb_20160205

5253a6c5



■Helwa Night 218

ベリーダンスヘルワのレギュラーショーです。
今回は、わたくしAmeliaがお世話係?仕掛け人?企画人です。

お仕事帰りに、お誘いあわせの上ぜひぜひお立ち寄りください。

美味しいカレーとともに、お楽しみいただけます☆

【日時】2016年2月18日(木)
 1st 20:00
 2nd 21:00
 (*入れ替えはありませんのでご心配なく。念のため。ショーチャージなし)

【会場】
アジアンダイニング「マンディール」
港区芝浦1-2-2 シーバンス ア・モール2F
JR浜松町駅 徒歩5分
ゆりかもめ日の出駅 徒歩3分
03-3455-2944
http://tabelog.com/tokyo/A1314/A131401/13061102/


Mandir218


bceddbae-s



心よりお待ちしております


 ↓↓ Kindle本を出しました! ↓↓




にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ 
アフリカ(海外生活・情報)ランキングへ

 ↑ ★ 読まれましたらクリックをお願いいたします! ★ ↑

■オンラインショップ

 ☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.Rupurara Moonアフリカンビーズ&クラフト


■Twitter
africanwhaleをフォローしましょう

■Facebook Page
Facebook "Rupurara Moon African Beads and Crafts"

バレエを意識した体のリラックスを知る。(『バレエ・エッセンス』に向けて)

昨夜は、あやこそさん(『ベリーダンサーのためのバレエ・エッセンス』バレエ講師のAYAKO先生です)と一緒に、以前から行きましょうと言っていたあるワークショップに参加してきました。

バレエをベースにしていますが、ヨガみたいなワークショップでした。

基本は、バレエの姿勢や動き。呼吸の仕方。筋肉と筋の伸ばし方などにのっとり、踊りそのものというよりも「踊りを意識したうつくしい体のつくり方」という感じ。

バレエのフィロソフィーに基づく、心と体の開放でした。

ともかく、ほんとうにほんとうに学ぶことが多かったです
感動した.。゚+.(・∀・)゚+.゚









バレエって、背中を世界でいちばん美しく魅せるものなのですって。



     ★     ★


体や姿勢の美しさって、やっぱり心のリラックスからくるものだと思います。

どのような心で、どのような意識をするのか。イメージをするのか。


美しくあろうとすることで、どんどん意識も上昇していく感覚、わかりますかね。






    ★     ★



このことは、ほんとうに「ベリーダンサーのためのバレエ・エッセンス」に通じるものがたくさんあります。

バレエの姿勢のつくり方、気持ちの「形」みたいなもの。

ベリーダンスの姿勢、動き。そして心の流れ。

わたしもこのワークショップを受けることで、ベリーダンスの中でどのようにエッセンスを取り入れ表現していくのかということが、ずいぶん明確になってきたような気がします。


ほんとうに、バレエの「エッセンス」って踊りの中でも、生活に取り入れることも大事。

うつくしさの基礎なんですね。

ベリーダンスをもっとハッピーに楽しく、うつくしく魅せることができるようになるために、わたしもまた「ベリーダンサーのためのバレエ・エッセンス」参加者の皆さまと一緒に共有していきたいなと思いました。

わたしたちのワークショップはまだ第2タームが行われるところではありますが、どんどん深めていくことができる面白いテーマだなとつくづく思います。


  =====


第一回(2月13日(土)開催)はご好評いただいておりまして、あと一名様のみご参加受付できます。

ご関心おありの方は、どうぞお早めにお申し込みください。

なお、万が一、当日のご都合が悪くなってしまったという方がおられましたら、お知らせください。
受講ご希望の別の方をご案内させていただきたいと思います。

(第2回、第3回は開催一か月前に参加受付を開始させていただきます)

皆さまにとって楽しく実り多い時間となりますよう。


ご参加をお待ちしております。

Amelia




フライヤー_第二ターム0113_2




 ↓↓ Kindle本を出しました! ↓↓




にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ 
アフリカ(海外生活・情報)ランキングへ

 ↑ ★ 読まれましたらクリックをお願いいたします! ★ ↑

■オンラインショップ

 ☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.Rupurara Moonアフリカンビーズ&クラフト


■Twitter
africanwhaleをフォローしましょう

■Facebook Page
Facebook "Rupurara Moon African Beads and Crafts"

「誰かの夢を応援すると、自分の夢が前進する」英治出版の原田氏のお話をうかがいました。

ひんやり寒い東京の夜でしたが、ゆうべはgreenz.jpさんの企画で、greenz Talk!というイベントへ。

先日ブログ記事に水野達男氏の出版記念イベントについて書きましたが、この本の出版社が英治出版

夕べのトークセッションの原田英治氏です。

この会社は社会起業関係、アフリカビジネス関係等々、このブログでも何度か取り上げさせていただいた面白いタイトルを出版されていますね。

ソーシャルデザインとかシステム思考なんかも出されているんですね。非常に興味深いところです。


    ★     ★


1999年からはじめられたそうなのですが、非常にユニークな取り組みをしていらっしゃいます。

たとえば・・・。

ブックファンド

これ非常に面白い仕組みで、共感した本の企画に出資をすることができるんですね。そして、このリスクがリターンになるという可能性もある。今までにない考え方ですね。

EIJI PRESS Lab

白くて素敵な空間で様々なイベントやセッションが行われているようです。
いろんな夢が落ち合う新しい創造の場ですね。
明るくて素敵です。(行ったことまだありませんが)

単なるレンタルスペースということでもないというのがポイントですね。

畑えいじ

畑作っているらしいです。面白すぎる。


1 degree marketing

6 degree marketingというのは、世界中のひとが6人介せばつながるというような考え方のことでもありますが、ここで大切にされているのは、一対一(1 degree)の関係性を深めるということ。
これ、とても面白いですね。

これまで出版業界では、読者が誰なのかいまいち顔が見えなかった。
イベントなどを開くことで関心あるひととつながることができるというのもこの会社さんの大切なコンセプトのひとつのようです。


    ★    ★


「応援ビジネス」というお言葉をたびたび話されました。

著者の夢を応援するという言い方をしてしまえば平たすぎるのですが、なんというか単なる紙の本にしてたくさん売るということではない、奥の深さを感じます。

社員は編集者ではなく「プロデューサー」で、編集から販売までを含めた一貫ビジネスを行っている。
そのプロセスに意味があるということです。

基本的には絶版にしないで、「未来にも読者がいる」ということを想定されているとか。


   ★     ★


電子書籍が増え、一般的に売上のシェアも伸ばしている昨今ではありますが、紙の本を出すことへの意義はどのようなところにあるのか、という話題にも。

印象的だったのが、紙の本と電子媒体の違いとして、「紙にすることで著者の覚悟を決める」というようなお言葉でした。

印刷物として形に残るものですしね。


   ★      ★


もっといいお言葉もたくさん出ていたのですが、それはそれとして書かないでとっておこうと思います

この方が取り組んでこられていることには一つの筋があって、それが心地よく落ち着いているからこそいろんな取り組みもできるのかなと感じました。

出版って、著者がいて読者がいて、本が売れればいいということだけではないんですね。

だんだん時代が変わってくる中で、双方向的、ステークホルダーとの関係性、そして1 degree marketingの中でどんどん深めていくというものなのかもしれません。


Thank you so much






 ↓↓ Kindle本を出しました! ↓↓




にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ 
アフリカ(海外生活・情報)ランキングへ

 ↑ ★ 読まれましたらクリックをお願いいたします! ★ ↑

■オンラインショップ

 ☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.Rupurara Moonアフリカンビーズ&クラフト


■Twitter
africanwhaleをフォローしましょう

■Facebook Page
Facebook "Rupurara Moon African Beads and Crafts"

人生を楽しく生きる方法を知ること。

人生を楽しく生きる方法について、日々なんとなく考えています。

自分がハッピーになってものごとと向き合うと、ハッピーなものごとが自分の周りで起きてきます。



今日も、いつもの近所の八百コーヒー店でたくさんおしゃべり。







わたしをよく知るひとは、なんだかとっても変わったね、すごくよくなったね。幸せそう。

・・・って言ってくれます。



数年前までは、メンタル的にもとても苦しかった。
それは自分自身で苦しいものを自ら取り込み、溜め込み、増幅させていったからだと思います。



最近よく、苦しそうにしているひとのことが良くわかります。

苦しい気持ちをため込んでいるひと。
自ら増幅させているひと。


そんなひとたちが、少しでも楽になるきっかけをつくること、できるでしょうか。


そんなことを探っていきたいと思っています。


皆さんが、心も体も健康に、楽しく人生を過ごすことができますように。


すてきな新しい一週間を。



あふりかくじら



 ↓↓ Kindle本を出しました! ↓↓




にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ 
アフリカ(海外生活・情報)ランキングへ

 ↑ ★ 読まれましたらクリックをお願いいたします! ★ ↑

■オンラインショップ

 ☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.Rupurara Moonアフリカンビーズ&クラフト


■Twitter
africanwhaleをフォローしましょう

■Facebook Page
Facebook "Rupurara Moon African Beads and Crafts"





『ベリーダンサーのためのバレエ・エッセンス』ご参加受付中です☆

『ベリーダンサーのためのバレエ・エッセンス』のお問い合わせ、ご参加お申込みなどありがとうございます

基本的には、バレエ未経験の方に「エッセンス」を身に付けていただくワークショップですので、どうぞお気軽にご参加ください。

初めての方でも覚えられて、一回のワークショップでおしまいにならないように、資料なども用意しながら進めさせていただく予定です。

ご参加お待ちしておりますね。

なお、前回ご参加いただいた方でも、また新しく学んでいただけるよう工夫しておりますので、ぜひどうぞ。


 ↓↓↓↓↓

Facebookイベントページもチェックしてみてください☆



==

『ベリーダンサーのためのバレエ・エッセンス』

ベリーダンスの経験を積んでいても、いまいちポーズが決まらない、ターンの軸がぶれてしまう…と思うことはありませんか。クラシックバレエにはダンスの基本がたくさんつまっています。基本のコツをつかめば、ベリーダンスの動きもぐっとうつくしくなります。
バレエスクールに通うほどではないのだけれど、そんなコツを掴みたい!そんな方のために、ベリーダンスをうつくしく見せる”秘訣”をぎゅっと集めました。

【1】うつくしい姿勢を学びましょう
【日時】2016年2月13日(土)17:00-18:30
【会場】Studio Worcle代々木 302
姿勢と基本のポジション(プリエ、ルルベ)
腕の動き&基本的な脚の動き
うつくしいポーズのエッセンス
(2.と3.の内容も一部含まれます)

【2】優雅な動き方とステップを身につけましょう
【日時】 2016年3月12日(土)17:00-18:30
【会場】Studio Worcle代々木 501
うつくしい脚のコントロール(バットマン・タンジュ)
全身を使って魅せる(ポール・ド・ブラ)
フロアを優雅に動く(移動とポーズの組み合わせ)
(1.と3.の内容も一部含まれます)

【3】きれいなターンを取り入れましょう
【日時】 2016年3月26日(土)17:00-18:30
【会場】Studio Worcle代々木 501
うつくしいターンの軸をつくるコツ
安定したターン(ピルエット)
ターンをしながら移動する(シェネ)
(1.と2.の内容も一部含まれます)

★1.〜3.のいずれのコースからスタートしてもOKです。また、1コースおよび2コースのみの受講も可能です。
 網羅的にマスターするためには、すべてのコース受講をお勧めいたします。
★バレエシューズやフットカバーをお持ちの方はご持参ください。お持ちでなければ裸足でもOKです。
★レッスン着は、できるだけワイドパンツではなくレギンスなど脚のラインがわかるものをご着用ください。
★少人数制となります。

■会場
Studio Worcle代々木

■受講料
1コース 3,000円

■講師

AYAKO
3歳からバレエを始め、ミヤキバレエ学園、英国ロイヤルバレエなど、国内外でバレエのレッスンを受ける。バレエは踊りだけではなく、生活における美しさの基礎となるという信念のもと、楽しみながら頭で理解し、体に意識を促すような指導を心がけている。

Amelia
6歳でクラシックバレエを始める。アフリカ駐在中にベリーダンスを始め、2007年よりベリーダンスヘルワ所属でレストランショーやイベント等に出演。2015年よりアルゼンチンタンゴを始める。芸術であるとともに、心の癒しであるダンスを広めるために活動している。

【お問い合わせ&お申込み】

ballet.essence800(あっと)gmail.com

お名前とメールアドレスをご記入の上、上記までメールでお申込みください。
担当:Amelia(アメリア) *お申込み開始は、各コースの1ヵ月前からとなります。






 ↓↓ Kindle本を出しました! ↓↓




にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ 
アフリカ(海外生活・情報)ランキングへ

 ↑ ★ 読まれましたらクリックをお願いいたします! ★ ↑

■オンラインショップ

 ☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.Rupurara Moonアフリカンビーズ&クラフト


■Twitter
africanwhaleをフォローしましょう

■Facebook Page
Facebook "Rupurara Moon African Beads and Crafts"

ルール化する社会に「安心」しているかもしれません。

一昨日の英治出版さんのイベントに出て思ったこと。


BOPビジネスということばになじみのなかった他業種の方には、BOPビジネスが何やら特殊なもののような、ちょっと違った視点で見えるようで、興味深く思った。

ビジネスと社会貢献は両立するか、なんていう話になった時に、わたしはそのような考え方すらなくなればいいというようなある意味喧嘩をうるスタンスのことを言ったんだけど。
(だから、わたしはまじめな方にはよく嫌われちゃうのね)

それは本心で、ビジネスと社会貢献が両立するかという考え方があるということは、すなわちそこに社会貢献にはならないビジネスというものが存在しているということだ。


    ★    ★


BOPビジネス、ソーシャルビジネス。

これらはツールであり、手段であるのであって、目的ではないという原点を忘れてはいけない。

でも、何らかの「型」があって、それをフォローしておけば、ハイ、BOPビジネスですよ?ということになるというのを期待する響きも何となく感じられる。

そうですよね、そりゃ安心できるかも。そんなのがあればね。



   ★    ★



手法としての「ツール」はとても有効。

でも、そこに仕掛けられた罠は何と言っても「手段の目的化」だろう。



コンサルタントというひとたちは(わたしももちろん含め)、分類してみたり類型化したり、名前を付けてみたり、はたまたそれを一覧表とかグラフとかにしてみたり、というのがざっくりした主な仕事です。


でも、「本当の目的」はそれらを足掛かりにして上へ上へ、先へ先へと進んでいくことでしょう?


   ★    ★


たとえば日本の昔ながらの英語教育、ピアノやバレエなどの習いごと。

日本人はとても器用ですぐ「ルール」を覚える。
誰かが決めた「型」を誰かに習って、「型」に従ってやるのが得意。

だから、ベリーダンスの世界でも、いまではものすごく高度化された技術がたくさん詰め込まれている振付が多い。

でも、それって芸術としてうつくしいの?


   ★    ★


この国の社会の特徴は、「ルール化」だと思う。

ルールにして、右へ倣えして、器用にフォローしておけば「安心」であるかのような社会。

でも、それってほんとうに「安心」なの?


安心の裏に、何か重大なことが潜んでいるのを忘れてしまっていない?

そう、決められたルールや「型」に乗って進んでいけば、考える必要がないから。頭使わなくて済むから。


先生、教えてください。
先生、わかりませーーん。説明してください。

BOPビジネスってどうやるんですかー??

まず課題を見つけないとできない〜。(←何かが違っているよね。出発点からして。「ビジネス」をやりたいんだろ?)


      ★     ★



ベリーダンスの世界も、振付をフォローすればクリアしたかのような感じになっている人たちも少なくないと感じている。

そのことはとても残念に思う。


振付を仕入れるためにワークショップに行く。

習う。できるようになる。また新しい振付を習う。


そのままだと、振付コピーマシンにすぎないかな。



     ★     ★



これ、あらゆることに通じるものだと思う。



先日書いた、『オックスフォード流:自分の頭で考え、伝える技術』という本のこと。


ベンジャミン・ブルームのタキソノミーという考え方は、かなりいろんなことに当てはまるのではないだろうか。



■ブルームのタキソノミー(教育目標の分類体系)
ゝ憶する
⇒解する
1用する
な析する
ド床舛垢
α和い垢

 銑が下位、ぁ銑Δ上位。

たいていの人は多くの場合、 銑までクリアして終わってしまうのだそうだ。

学んで、終わる。


それは「下位」のこと。

それをどうやって、ぁ銑Δ泙任離譽戰襪忙っていくかどうかということが大切なのではないだろうか。





ダンスについてもあてはまると思う。


記憶して振付を再現する。

ということではなくて、それを理解し、応用し、分析し、それを評価して新しく創造する。

そういうところまで消化して初めて、大きく進むのではないか。


      ★      ★


誰かに教えてもらうと、楽だから。


だから、忘れてしまいがちなこと。


まあ、それで人生楽しければいいんだけれど。


わたしは、できれば積極的にそんな「ルール化」の罠に気づく度に自分の心に問い、深めていきたいなと思った。





 ↓↓ Kindle本を出しました! ↓↓




にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ 
アフリカ(海外生活・情報)ランキングへ

 ↑ ★ 読まれましたらクリックをお願いいたします! ★ ↑

■オンラインショップ

 ☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.Rupurara Moonアフリカンビーズ&クラフト


■Twitter
africanwhaleをフォローしましょう

■Facebook Page
Facebook "Rupurara Moon African Beads and Crafts"

『人生の折り返し地点で、僕は少しだけ世界を変えたいと思った。』水野達男氏

『人生の折り返し地点で、僕は少しだけ世界を変えたいと思った。』

なかなか粋なタイトルです。「少しだけ」変えちゃうんです。

社会起業家とか、ソーシャルビジネスだとか、その手の本には「世界を変える」とかそういうものが多いんです。
ずいぶん前にも書いたんですけど、ほんと、どんだけみんな革命家なんだろ。

でも、「少しだけ」ってなんだかかっこいい。気に入りました。



今日は、マラリア・ノーモア・ジャパン専務理事兼事務局長の水野達男さんのトークイベントへ。


英治出版さんは、いつも面白いタイトルを出されていて、ほんとうに興味深い出版社さんでわたしもファンなのですが、今回、23日に出る予定の(←注:だから今日はまだ発売前!)この本の著者のイベントを主催されていました。

限定12名くらいのイベントで、情報が流れてきてほんとうにすぐ埋まってしまったので、行きたかったのに満員だった〜!という方、いやぁすみませんね。

水野さんといえば、アフリカ関係者等には有名だと思いますが、あのマラリヤ予防の「蚊帳」ビジネスの方ですね。


出版社の紹介ページより:

【大企業幹部からNPOへ、異色の転身ストーリー】
大企業で順調なキャリアを歩んできたビジネスパーソンに
ある日突然「アフリカビジネス」の仕事が降ってきた!
右も左もわからない現場で、悪戦苦闘の日々が続く。
ある日ついに身体が悲鳴をあげてうつ病を発症、40日間の休職を命じられる――。
「自分のキャリアは終わった……」
絶望の彼を救ったのは、「1分に1人子どもが死ぬ」という
悲しい現実をなんとかしたいという思いだった。


少人数でしばらく各自本を読み、そのあと著者の方への質疑応答タイムへ。

今日、水野さんのお話を直接伺い、わたしの中でこの方のエネルギーに触れたなと思う心に響いた言葉をご参考までに挙げておきます。

■考え続けていると出会う。探しているとそのとき目の前に現れる。
■何をやるか、誰とやるかが大事。いい時も悪い時も一緒にやれるひと。
■価値観:_椎柔を信じる▲罐法璽である信頼を作る。この三つさえぶれなければできる。
■起きてくることは「必然」だと思う。
■必ず、「功」と「罪」がある。どちらか、自分が正しいと思う方に軸足を置く。
■自分が解決できる部分を解決すればよい。
■思ったことは、やっていくうちにできるような気がしてくる。そうすると、ひとがだんだん集まってくる。一緒にできるようになる。


アフリカでビジネスをしていくのは並大抵のことではないと思うし、このひとがたくさんのことを経て今、こういう考えを綴っているということがすばらしいなと思いました。

学ぶことが多い本ですね。


そして直接お話する機会があってとてもうれしく思います。

参加者の皆さまのキャリアやバックグラウンドも様々なので、見ている視点が違っていてとても新鮮!かなり面白い時間となりました。

うれしくて、例によってにやにやしました。


いい夜だった
ありがとうございました。





抜かりなくミーハーっぷりを発揮

IMG_3196


↓ えへへ(発売日前というのがポイント)

IMG_3197


 ↓↓ Kindle本を出しました! ↓↓




にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ 
アフリカ(海外生活・情報)ランキングへ

 ↑ ★ 読まれましたらクリックをお願いいたします! ★ ↑

■オンラインショップ

 ☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.Rupurara Moonアフリカンビーズ&クラフト


■Twitter
africanwhaleをフォローしましょう

■Facebook Page
Facebook "Rupurara Moon African Beads and Crafts"

エチオピア縫製業の可能性「SRIDジャーナル」記事

以前の職場(Jのつくところ)で一緒だった福山氏の記事。(SRIDジャーナルより)


これまでは、典型的な一次産品輸出が主流のアフリカの農業国だったエチオピアが、コーヒー、バラ、羊皮などを通じて、縫製業をはじめとした軽工業へとシフトしていくなかで、日本のミシンメーカーがビジネス展開を見据えてアクションを起こしているというお話。


非常に興味深い記事だった。


 ↓↓↓


『エチオピアでミシンを売る』


エチオピアのメーカーというよりも外資系企業の直接投資を見込んでのビジネス展開。

政府としても、外資の誘致に熱心という。


エチオピアが次のバングラデシュのようになるのかどうかについては、まだまだ課題も多いところだと思うし、そこを目指すことではたして良い意味での経済成長につながってくれるのか、あらたな問題が生じないかについては、考える余地がまだたくさんあるとは思うものの、農業の一次産品輸出偏重という経済構造からうまくシフトしていくには、ひとつの道筋があるのかもしれないなと思う。


エチオピアといえば、コーヒーが有名。モカ

この方は、エチオピアへのコーヒーミッションもやっているなど、そのあたりのお話は詳しいです。


組織で一緒にお仕事させていただいているときにはお世話になりましたし、一緒に新しい企画で動いたりもしました。

いつも、誠実で落ち着いていて、組織の中でもぶれない信念には尊敬します。
今後のご活躍を期待


face_of_africa



 ↑↑↑↑

記事中に登場するOrigin Africa

アフリカのコットンやテキスタイル、アパレル業界の貿易を促進するためのイベントと継続支援をしているようです。

もちろんアクセサリも。


Rupurara Moonとしては、非常に関心が高いですね。

コットンは、バッグ(ブルキナファソ、南アフリカ、ジンバブエ)も生地(ジンバブエ)も扱っています。

もちろんアクセサリ(ケニア、ブルキナファソ、ジンバブエ)も選りすぐったものを。

今後は、アパレルも本当は興味ありです。

このページのファッションショーの写真が素敵すぎて、わくわくしております。

  ↓↓↓ Origin Africaより抜粋。


ORIGIN AFRICA is both an event and an ongoing effort dedicated to improving African Cotton, Textile and Apparel trade. It involves collaboration with producers across the cotton value chain from farm to fashion including accessories suppliers, home textile and decor to develop, guide and promote African trade.



 ↓↓ Kindle本を出しました! ↓↓




にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ 
アフリカ(海外生活・情報)ランキングへ

 ↑ ★ 読まれましたらクリックをお願いいたします! ★ ↑

■オンラインショップ

 ☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.Rupurara Moonアフリカンビーズ&クラフト


■Twitter
africanwhaleをフォローしましょう

■Facebook Page
Facebook "Rupurara Moon African Beads and Crafts"

内容を一部だけご紹介してます。『セロウェの夜明け、鳥の声を聴いた』

大学生だった90年代終わりから現在に至るまでの思いが詰め込まれたエッセイ本。

『セロウェの夜明け、鳥の声を聴いた』


ほんの少しだけ、中身をここにご紹介します。

sample1


sample2



わたしが何かにとりつかれたかのように一気に書き上げた20年分の心の中にとどまっていた思い。

デニーズで5時間粘りながら、ひとりで涙流しそうになって書いた「泣かせどころ」は、ここには載せませんので、ぜひ本の中で

この大切なことを本当に書きたかったので、幸せ。

次は、どこへ向かうのか、自分の人生にワクワクしています。


読んでくださった方、心より感謝しています。ありがとう。





 ↓↓ Kindle本を出しました! ↓↓




にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ 
アフリカ(海外生活・情報)ランキングへ

 ↑ ★ 読まれましたらクリックをお願いいたします! ★ ↑

■オンラインショップ

 ☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.Rupurara Moonアフリカンビーズ&クラフト


■Twitter
africanwhaleをフォローしましょう

■Facebook Page
Facebook "Rupurara Moon African Beads and Crafts"

枯渇エネルギーと恩返しエネルギー『しあわせになれる「はたらきかた」』武田双雲氏

この本はもう、みんなさらっと読んで心に取り入れてほしいんだけれど、それくらいポジティブエネルギーに満ちた本。

昔から、書道家の武田双雲さんは大好きで、ずっとブログや色んなご著書を拝読している。


心の中に、「〇〇をしなきゃいけない」とか誰かと比べて自分に「ないもの」ばかりを見てしまうとか、そういうことでずっとずっと心が苦しめられているタイプの人間だった私は、いまではかなりこの双雲さん寄りなポジティブエネルギーに満ちている。
だからこの本に書かれているどのことばも、うんうんとうなずけることばかりでうれしくなった。



もちろん、イライラすること、焦っていること、不安なこと、たくさんある。

忙しさに心失いそうになっていることもある。


でも、そんな「ネガティブパワー」に魂を食われなくなった、というのがわりと的確な表現かもしれない。

ネガティブな思いが生まれるのは当然のこと。
それを認めてあげる。

そして、リリースすること。


そうしたら、ものすごくハッピーな毎日になったし、周りのものごとが本当にありがたく、キラキラと見えてくるようになったし、今日という日に感謝するようになった。

すると、色んな「幸せ」が引き寄せられてくる。これはほんと。

ひとつだけ気づいたことを付け加えると、かつての自分みたいに「自分自身で生み出した」ネガティブな思いに自ら苦しめられているひとのことがよくわかるようになった。

いま、どんなに苦しいのかということが、感じられてしまうようになった。

そういう人たちに対して、他人がどうこうできるわけではない。
すべて自分のことだから。自分を変えるのは自分。


でも、そうやって心が苦しかったり荒れてしまったりしているひとに、もしかしたらほんの少しのきっかけとか、気づきとか、小さな光やぬくもりを渡すことができることもあるかもしれない。


わたしがこれまで経験してきたこと、感じてきたこと。


わたしは、そういうことばを引き続き紡いでいきたいと思っている。






わたしのエッセイ本を読んでくださった方、ほんとうにありがとうございます。

Kindleでの出版のこれからの大きな可能性を感じています。

いま、私の中では、誰かを少しでも癒したり、心の苦しみからほんの少し解放されたり、元気づけられたりするような言葉を綴っていきたいと考えている。

まだまだ新しいKindle本を出していけたらいいなと思っています。


もちろん作家ベッシー・ヘッドのうつくしい言葉も紹介したい。


そして、誰かの言葉を聴きたいなと思っている。



 ↓↓ Kindle本を出しました! ↓↓




にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ 
アフリカ(海外生活・情報)ランキングへ

 ↑ ★ 読まれましたらクリックをお願いいたします! ★ ↑

■オンラインショップ

 ☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.Rupurara Moonアフリカンビーズ&クラフト


■Twitter
africanwhaleをフォローしましょう

■Facebook Page
Facebook "Rupurara Moon African Beads and Crafts"

最近読んだ本について。

本を読んで面白いと思ったらそれをブログにメモして共有出来るようにしているのですが、ここ2ヶ月くらいで記事にしたものはだいたい以下の通りでした。

ただし、全ての読んだ本について書いているわけではありません。
(内緒もあるから

今後、皆様の読書の何らかの参考になればいいかなと思います。

アウトプットを簡単でもいいからするということは、本を読むときに意識をしますし、ちょっとしたモチベーションにもつながりますね。

読書録を公開してないひとは、いちど積極的にやってみると面白いかも。


 ★★★★★★

『オックスフォード流:自分の頭で考え、伝える技術』岡田昭人氏
過去記事はこちら




『ベンチャー魂は消えない』経沢香保子氏
過去記事はこちら





『アフリカ進出戦略ハンドブック』
過去記事はこちら

アフリカ進出戦略ハンドブック
小池 純司
東洋経済新報社
2015-12-11




『援助じゃアフリカは発展しない』
過去記事はこちら
援助じゃアフリカは発展しない
ダンビサ・モヨ
東洋経済新報社
2010-07-30




『世界を巻き込む。』コペルニク中村俊裕氏。
過去記事はこちら




 ↓↓ Kindle本を出しました! ↓↓




にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ 
アフリカ(海外生活・情報)ランキングへ

 ↑ ★ 読まれましたらクリックをお願いいたします! ★ ↑

■オンラインショップ

 ☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.Rupurara Moonアフリカンビーズ&クラフト


■Twitter
africanwhaleをフォローしましょう

■Facebook Page
Facebook "Rupurara Moon African Beads and Crafts"

『マイ・インターン』仕事も人生だから楽しみたい。

映画封切りのときから注目していたこれ。
ロバート・デ・ニーロとアン・ハサウェイ主演の"The Intern"(『マイ・インターン』

予告編からチェックしていたので、映画館で観てさらにダウンロード解放を心待ちにしていました。

で、昨日からすでに2回観てますけど、たぶん100回くらい観ます。


382624be80d901dd


sub4_large


仕事がんばっている女性が好みそうな内容だけれど、元気づけられてわたしは好き。

オンラインショップという意味では、ま、わたしもオンラインショップをやっているのですけれど、その辺でもほんの少しだけ共感するところがあったりして。まあ、もっとも規模が違うんですが。

わたしのお店Rupurara Moonはもちろん梱包まで自分ひとりでやっているんですけど、いちおう不器用なわたしながら丁寧に梱包して、ほんのちょっとだけ小さなところをかわいくして(シールとかスタンプとかね)、必ず手書きの短いお手紙をつけて送っているので、この映画で出てくるワンシーン(ジュールズが、倉庫に行ってスタッフに梱包の手順までひとつひとつやってみせるところなど)もとても心に響くものがあったり。


そして、ロバート・デ・ニーロ演じるベンジャミンがまたほんとうに魅力的なキャラクターで、観ていて幸せになれる気がします。

そして、わたしもお仕事を楽しみ、人生を楽しみたいなと思わせてくれる作品でした。

PCの中に入れて出張先でも観られるようにしておこう。笑



The Intern / マイ・インターン (Blu-ray + DVD + ULTRAVIOLET) [ 北米版]
ロバート・デ・ニーロ、 アン・ハサウェイ、レネ・ルッソ、アダム・ディバイン、アンダース・ホーム
Warner Home Video
2015




 ↓↓ Kindle本を出しました! ↓↓




にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ 
アフリカ(海外生活・情報)ランキングへ

 ↑ ★ 読まれましたらクリックをお願いいたします! ★ ↑

■オンラインショップ

 ☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.Rupurara Moonアフリカンビーズ&クラフト


■Twitter
africanwhaleをフォローしましょう

■Facebook Page
Facebook "Rupurara Moon African Beads and Crafts"

ヘルワ生主催『みんなのハフラ3!!』開催します。

ベリーダンス関係の告知続きですが、「バレエ・エッセンス」に続きまして、昨年2回開催されましたベリーダンスヘルワのお気楽ハフラ『みんなのハフラ3!!』が開催されます。

踊りたいという方も、ベリーダンス知りませんけど見てみたいという方も、お得で気楽な楽しい時間ですので、ぜひ来てください!

踊るひとはちゃんと申し込みしてくださいね


お待ちしております〜


★★★★★『みんなのハフラ3!!』★★★★★

★ベリーダンスヘルワ生の方で・・・
始めたばかりだけれど、衣装を着て踊ってみたい!
初めてのソロ曲を踊ってみたい!
ワークショップで習ったあの振付を披露したい!
久しぶりだけど、踊ってみようかな・・・etc…

★ヘルワ生じゃなくても・・・
新しいスクールを探しているけど、ベリーダンスヘルワってどんな雰囲気?
ベリーダンスを始めてみたいけど、まずは観てみたい!etc…

・・・そんな仲間を募集しています!!
踊りたいひとも、とりあえず観に行きたいひとも歓迎です♪
外部の方もお待ちしています!

「ハフラ」とはアラビア語でホームパーティーという意味があります♪

☆踊りたい方は、お早目にお申込みください。
☆スペースが限られているので、原則としてソロかデュオでお願いします。
☆時間の都合上、全15組がMAXです。
☆あらかじめ音源をお送りいただきます。
☆観覧のみの方はお申込み無しで来場OKです♪
☆ごみは持ち帰りをお願いしています。

ぜひふるってご参加ください!
みんなで楽しく過ごしましょう〜。

=====

日時: 2016年2月20日(土)
    17:00 Open
    18:00 Start〜20:00
参加費: 1,000yen (踊るひとも観るひとも)
  *ソフトドリンク代込
    *持ち寄り歓迎です!ゴミは持ち帰ってね。
会場: レンタルスペースFatima

東京都新宿区舟町3 橋本ビルB1
地下鉄丸の内線 四谷三丁目駅 徒歩3分

http://fatima-tokyo.com/access.html

=====

参加申し込み&お問い合わせ:
bellyhelwa(あっと)gmail.com (担当:Amelia)
(FBメッセージでもOKです)

http://bellyhelwa.com/ (メインサイト) 
http://bellyhelwa.blog.jp/ (ブログ)


みんなのハフラ3


9f8f38f5



 ↓↓ Kindle本を出しました! ↓↓




にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ 
アフリカ(海外生活・情報)ランキングへ

 ↑ ★ 読まれましたらクリックをお願いいたします! ★ ↑

■オンラインショップ

 ☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.Rupurara Moonアフリカンビーズ&クラフト


■Twitter
africanwhaleをフォローしましょう

■Facebook Page
Facebook "Rupurara Moon African Beads and Crafts"

参加募集開始!『ベリーダンサーのためのバレエ・エッセンス』

お待たせいたしました!

昨年の第一回に引き続き、第二回のシリーズ『ベリーダンサーのためのバレエ・エッセンス』を開催いたします。

前回はご好評いただき、来られなかった方からも次回開催はいつかというお問い合わせをたくさんいただいておりました。ありがとうございます。

今回は、前回のエッセンス内容と項目は少しだけ変えていますがほとんど同じです。
(なんせエッセンスなので)

ただ、一度だけのワークショップで終わりにせず、今後もしっかりと身に着けて役立てていただけるような工夫をしていますので、前回よりもずっとパワーアップしています。
前回ご参加いただいた方でも、またご参加いただければ新たな発見があるかと思います。
また、例によって資料をご用意しています。

バレエのAYAKO先生(ちなみに、前回と同じ方ですので念のため)と一緒にエッセンスを学び、Ameliaがベリーダンスの中でどのように応用できるかについて、皆様と一緒に体を動かしていきたいと思います。

AYAKO先生が丁寧に見てくれますので、少人数制で8名様までとさせていただいております。

★参加お申し込みは、各コースの開催一か月前からとさせていただいております。


 →→ 2月13日開催 「1.うつくしい姿勢を学びましょう」の募集を本日から開始いたします!!お早めにどうぞ。


  *:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:


『〜あなたの踊りを3倍うつくしく見せる〜
 ベリーダンサーのための バレエ・エッセンス』


ベリーダンスの経験を積んでいても、いまいちポーズが決まらない、
ターンの軸がぶれてしまう…と思うことはありませんか。
クラシックバレエにはダンスの基本がたくさんつまっています。
基本のコツをつかめば、ベリーダンスの動きもぐっとうつくしくなります。
バレエスクールに通うほどではないのだけれど、そんなコツを掴みたい!
そんな方のために、ベリーダンスをうつくしく見せる”秘訣”をぎゅっと集めました。


1.うつくしい姿勢を学びましょう
【日時】2016年2月13日(土)17:00-18:30

■会場:Studio Worcle代々木  302
姿勢と基本のポジション(プリエ、ルルベ)
腕の動き&基本的な脚の動き
うつくしいポーズのエッセンス
(2.と3.の内容も一部含まれます) 

2.優雅な動き方とステップを身につけましょう
【日時】2016年3月12日(土)17:00-18:30

■会場:Studio Worcle代々木  501

うつくしい脚のコントロール(バットマン・タンジュ)
全身を使って魅せる(ポール・ド・ブラ)
フロアを優雅に動く(移動とポーズの組み合わせ)
(1.と3.の内容も一部含まれます) 

3.きれいなターンを取り入れましょう
【日時】2016年3月26日(土)17:00-18:30

■会場:Studio Worcle代々木  501

うつくしいターンの軸をつくるコツ
安定したターン(ピルエット)
ターンをしながら移動する(シェネ)
(1.と2.の内容も一部含まれます)

★1.〜3.のいずれのコースからスタートしてもOKです。また、1コースおよび2コースのみの受講も可能です。
 網羅的にマスターするためには、すべてのコース受講をお勧めいたします。
★バレエシューズやフットカバーをお持ちの方はご持参ください。お持ちでなければ裸足でもOKです。
★レッスン着は、できるだけワイドパンツではなくレギンスなど脚のラインがわかるものをご着用ください。
★少人数制となります。(8名様)


■受講料
1コース 3,000円

■講師

AYAKO
3歳からバレエを始め、ミヤキバレエ学園、英国ロイヤルバレエなど、国内外でバレエのレッスンを受ける。バレエは踊りだけではなく、生活における美しさの基礎となるという信念のもと、楽しみながら頭で理解し、体に意識を促すような指導を心がけている。

Amelia
6歳でクラシックバレエを始める。アフリカ駐在中にベリーダンスを始め、2007年よりベリーダンスヘルワ所属でレストランショーやイベント等に出演。2015年よりアルゼンチンタンゴを始める。芸術であるとともに、心の癒しであるダンスを広めるために活動している。


【お問い合わせ&お申込み】
ballet.essence800(あっと)gmail.com
お名前とメールアドレスをご記入の上、上記までメールでお申込みください。
担当:Amelia(アメリア) 
*お申込み開始は、各コースの1ヵ月前からとなります



フライヤー_第二ターム0113_2



一緒に優雅に踊りましょう
お待ちしております〜

d0f6de06



 ↓↓ Kindle本を出しました! ↓↓




にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ 
アフリカ(海外生活・情報)ランキングへ

 ↑ ★ 読まれましたらクリックをお願いいたします! ★ ↑

■オンラインショップ

 ☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.Rupurara Moonアフリカンビーズ&クラフト


■Twitter
africanwhaleをフォローしましょう

■Facebook Page
Facebook "Rupurara Moon African Beads and Crafts"

ステージ復活の一方で切り替えていくことが必要。

夕べはいつもお世話になっているレストランで、たくさんのスタジオさんが集まっての新年会。

2016-01-11-18-11-54


衣装を着て人前で踊るのは、昨年10月のDance Cafeでのアルゼンチンタンゴ以来でした。

ベリーダンスに至っては、9月にプライベートで踊ったのを最後に(体力的にきつかったので)人前では踊っていなかったので、実に久しぶりでした。

2016-01-11-21-19-43


(↑ちょっと。KちゃんとKっちの足元が気になるヨ!)


曲目はなんと、「タンゲーラ」
もちろん、ベリーダンスフュージョンの。

Dance Cafeで同じ曲だったので(もちろんダンスのジャンルが違うわけで)、振付を思い出すのに時間がかかったけれど、なんとか楽しめました。

慣れたもんで、チームの息もぴったり。

2016-01-11-21-44-24


2016-01-11-21-49-25


楽しい時間となりました。

いやぁ、ベリーダンスってほんとうによいものですな


     ★    ★


ところで、今年は所属しているベリーダンスヘルワの記念公演となるのですが、2007年に入って以来初めて欠場することとなってしまいました。

国際協力業界にいたのに、いままで発注側の仕事か、コンサルでも調査もの続きだったため、多くのコンサルタントさんのように一年の半分以上(10ヶ月とかいうひともいる)海外に出ているということはなかったのですが、新しいところでお仕事を始めたためそうも言っておられないようです。

今年はとりあえず4ヶ月ほどが決定で、あとは仕事次第・・・。


     ★    ★


ダンスの大きなイベントは、当然その日だけいればいいわけではなくて、何ヶ月もかけて準備を重ねていくわけで、リハの数もたくさんあるためそれらを欠席するわけにはいきません。

仕事がいくら忙しくても、(ものすごく忙しい仕事をしているのにダンスもすごくやりこんでいる素晴らしいひとたちはたくさんいるけれど)物理的にアフリカにいたりしちゃあ、「じゃ、仕事が終わって夜中にリハやりましょ」というわけにもいきません。

スタジオ公演(発表会)には、何年もの間、ものすごく心血を注いで(わりと?)きた自分としては、これからの方向性を大きく変えなくてはならない状況に来てしまいました。

今年、本来ならば魂込めて頑張ってしまうであろうイベントを一気に4つもあきらめなくてはならなくなったようで、ショックは正直大きかったです。


仕事だからといえば当然なのですが、その状態がわたしの生き方として自分自身が望んでいるかどうかについては、長期スパンで考えないといけないかなと思っています。


      ★    ★


今年については、日本にいる合間にできるだけたくさんショーやイベントに出演させていただく機会を得たいと思って気持ちを切り替えています。

待っていても仕方がないので、自分でどんどん切り開いてイベント主催もできたらいいなと思っています。

外部のイベントにも積極的に挑戦したいので、声かけていきます&声かけてください♪

ベリーダンサーAmeliaとして(タンゴダンサーも?)、新しく変化していく時期なのかもと思いました。


ダンスも人生も楽しまなくちゃね


 ↓↓ Kindle本を出しました! ↓↓




にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ 
アフリカ(海外生活・情報)ランキングへ

 ↑ ★ 読まれましたらクリックをお願いいたします! ★ ↑

■オンラインショップ

 ☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.Rupurara Moonアフリカンビーズ&クラフト


■Twitter
africanwhaleをフォローしましょう

■Facebook Page
Facebook "Rupurara Moon African Beads and Crafts"

カラフルで気分が上がる♪ 南アフリカのバッグもセール中です。

Rupurara Moonで昨年から取り扱っているこちらのすてきなバッグのブランド。
おなじみ、南アフリカからやってきたMongooseというブランドです。

プレトリアにすてきなお店があるのですが、ここでは現地の伝統的な模様を大切にハンドプリンティング生地に再現しています。

おしゃれなデザインのバッグは、キャンバス地にレザーのハンドストラップを付けて職人さんたちの手で丁寧に縫製されています。



すてきなお店!

生地がほんとうに優しい色でカラフルで、やっぱり独特の模様に魅かれますハート

良く見ると、温かみが伝わってくるようなバッグです。

お店の雰囲気も素敵きらきら




★      ★


Rupurara Moonでは、現在全商品の50%〜30%OFFセール中です。

もちろん、Mongooseブランドのバッグも!

このブランドは、実は当店以外の国内のおしゃれな雑貨ショップなどでも一部取り扱われているものなのですが、この価格では手に入りません。数も限定的なので、もし気になっているものがあれば、お早目にチェックを!月




★    ★


現在あるものの一部をご紹介すると・・・♪


星【南アフリカ】Mongooseデイジーバッグ(ヘナ・オレンジ)


優しいナチュラルな色合いに独特な模様が大人っぽいです。
カジュアルにもお出かけにも使えます。

星【南アフリカ】Mongooseミカサバッグ(ツイートコバルト)



この生地はMongooseブランドの中でもダントツにかわいいデザインです。
ボタニカルな模様の中に、小さな鳥がいるのですkyuハート

こちらは色違い。

【南アフリカ】Mongooseミカサバッグ(プロテア・コーラル)



星【南アフリカ】Mongooseヴィンセントバッグ(プロテア・クリームチャーコール)




ボストンバッグ風の形をしていて、シルエットがとってもかわいいです。
この模様は、南アフリカの国花「プロテア」。
チャコール色と赤がマッチングしていて大人っぽくてきれいです。

星【南アフリカ】Mongoose ルカバッグ(ヒマワリ・コバルト)


このコバルトブルーの発色は本当にきれいです。
大胆なパターンが目を引きます。ジッパーは下まで開くようになっています。

色違いはこちらき

【南アフリカ】Mongoose ルカバッグ(プロテア・コーラル)



ナチュラルな色合いなので、とっても使いやすいです。
大人っぽいフローラルです。

星【南アフリカ】Mongoose ダックバッグ(レトロティール)



形がとってもかわいいバッグです。こちらは一点、このカラーのみです。

星【南アフリカ】Mongoose アリスバッグ(ゴシック・イエロー)





定番のアリスバッグはほんとうに使いやすいです。
フリップはベルトに見えますが、実際はマグネットになっています。
このショルダーバッグ、シルエットもとてもきれいですよ。

色違いはこちら♪

【南アフリカ】Mongoose アリスバッグ(アフリカン・デイジー)

真っ赤なデイジー模様が鮮やかできれいです。目を引きますね。



今のところ再入荷予定はありませんので、セール価格のうちにぜひチェックを〜月
 


↓↓↓こちらは愛用中の私物です





ギフトラッピングもいたします

 ↓↓ Kindle本を出しました! ↓↓




にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ 
アフリカ(海外生活・情報)ランキングへ

 ↑ ★ 読まれましたらクリックをお願いいたします! ★ ↑

■オンラインショップ

 ☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.Rupurara Moonアフリカンビーズ&クラフト


■Twitter
africanwhaleをフォローしましょう

■Facebook Page
Facebook "Rupurara Moon African Beads and Crafts"

Kindleという面白いツールがある時代です。

Kindle本を出版したという話をしていると、周囲から、そういう方法があったのかという声もいただきます。

まだまだ知名度が低いのかもしれません。
もっとも、出版したいというアンテナが高くないとあまりそういうサービスに気づかないのかも。

もし、関心があるかもという方がいらっしゃったら、Kindle Direct Publishingをご覧いただければいいのではと思います。


↓↓↓とっても魂こめちゃっているので、多くの方にお読みいただけたら嬉しく思います↓↓↓


『セロウェの夜明け、鳥の声を聴いた: 大学生、作家ベッシー・ヘッドに会いたくて、ボツワナへ行くことにした』




この形でエッセイをまとめるということ自体、わたし自身の人生の中でとても意味があったので(学生時代からずっと望んでいたことだったので)、この本は記念すべき一冊となりました。

今後、どのようなものを出し続けていきたいかについては、考えていくつもりです。


     ★   ★


今日は、ある方たちと別の企画があり、そちらの作業にかかりっきりになっていました。

また原稿執筆です。近いうちに公開できるかな。
そちらも、まったく新しい「発信」の試みなのでとても楽しみです。


     ★    ★


色んなツールがある時代です。

Instagramを始めとした写真SNSのようなものや、Noteなど(こちらはより自由で、テキストから写真、動画まで投稿できて有料コンテンツも作れる)サービスが増えてきました。

発信したいひとにとって、大きな可能性があるということですね。

わたしがメルマガを始めた2000年とはずいぶん変わりましたね。
色々と試してみたいと思っています。


ちなみに、私のアカウントはこちら:

Instagram

Note

あと、定番Twitterはこちら。(右カラムにもありますが)
わりと情報流しています。


Kindleがあると、アフリカ出張していてもwifiさえあればamazonから電子書籍が買えてすぐ読めるという、以前から考えると本当にミラクルな機能があるわけです。

ものすごーく重宝しています。






ジンバブエのキリン↑この手触りを、ぜひ感じてほしい)



 ↓↓ Kindle本を出しました! ↓↓




にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ 
アフリカ(海外生活・情報)ランキングへ

 ↑ ★ 読まれましたらクリックをお願いいたします! ★ ↑

■オンラインショップ

 ☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.Rupurara Moonアフリカンビーズ&クラフト


■Twitter
africanwhaleをフォローしましょう

■Facebook Page
Facebook "Rupurara Moon African Beads and Crafts"

Voy a reir, voy a bailar笑って踊って人生を生きる。

今日は、身内の葬儀でした。

もう10年近く会っていなかったけれど、小さいころ可愛がってもらったこととか、在りし日の明るいしゃべり声とか、たくさんたくさん思い出しました。
悲しい服はもう着たくないです。

でも、生きるということは、そういうことなのだよね。

ここ数日はこのことでマインドがちょっとがちゃがちゃとしてて、とげとげしてたかも。
思うことありすぎるのでここまで(。-_-。)


image




こんな日に…と思って迷ったけれど、やっぱりずいぶん前から行く予定にしてたサルサスタジオのイベントへ参加。

ミニサルサレッスンに、素晴らしいパフォーマンスに、フリーダンスタイム。

image


知らない男性が声をかけてくれたら一緒に踊るってことに少しは慣れてきたみたい。

フロアでたくさんサルサを踊ってみた。

ミニワークショップ経験しかないけど、それなりにステップ踏んだりターンしてみたり。
本当に夢中になり楽しく時を忘れた。


ダンスってこうやって楽しむものなのだよね。


image


なんだかわからないけど、知らないひとたちのパフォーマンス観て、涙がこぼれそうになってしまった。

いま、わたしは生きている。
みたいな。


★ ★


そしたら、最後にはマーク・アンソニーのこの曲をみんなで歌うということに。

今日のわたしの心を、どれだけ癒してくれたか。

明るい曲調に、シリアスな歌詞だったりするサルサの曲たちが、心に沁みた。



いまを精いっぱい生きていきたい。


ありがとう。


Voy a reir, voy a bailar
vivir mi vida, la, la, la, la
Voy a reir, voy a gozar
vivir mi vida, la, la, la, la


I'm gonna laugh, I'm gonna dance
[I'm gonna] live my life, la, la, la, la
I'm gonna laugh, I'm gonna enjoy
live my life, la, la, la, la

Sometimes rain comes
to clean wounds
Sometimes just a drop
can overcome the drought

And why cry, for what?
If it hurts bad, forget it
And why suffer, for what?
If life is like this, you must live it


 ↓↓ Kindle本を出しました! ↓↓




にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ 
アフリカ(海外生活・情報)ランキングへ

 ↑ ★ 読まれましたらクリックをお願いいたします! ★ ↑

■オンラインショップ

 ☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.Rupurara Moonアフリカンビーズ&クラフト


■Twitter
africanwhaleをフォローしましょう

■Facebook Page
Facebook "Rupurara Moon African Beads and Crafts"

タンゴオリエンタルを踊るためのヒントを少しだけ書きます。

タンゴオリエンタル(ベリーダンスとタンゴのフュージョン)で検索してブログにやってくる方がわりといらっしゃるので、現時点のわたしが思うことについて、ほ〜んの一部だけ書いておきます。
あとは企業秘密(笑)なのでね

アルゼンチンタンゴについては、わたしはまだまだ若葉マークですが、レッスンに出たり振付やって発表会に出るなどして、たくさん見えてくることがありましたし、それらはとても役立つ発見でありました。

タンゴオリエンタルを踊りたい方の何らかのヒントになれば幸いです。
くれぐれも、正解はないのであとはご自分で消化をしてくださいね。

■全体のこと

タンゴといえば「ちゃきちゃき感でしょう!」と思っているかもしれないベリーダンサーさんが多いと仮定して、いちおう今のわたしの考えを述べます。

ちゃきちゃき感☆というよりも、むしろ「オトナのしっとり感」だと思います。

びしッ!!☆ではなくて、しなやか〜んです。

もちろん、たとえばアルゼンチンタンゴには激しい動きがたくさん入ってきたりアクロバティックな動きもたくさんあります。

でもそれは、ずっと流れているしっとり感(あるいはねっとり感もミックス)に裏付けされた上での激しく情熱的なアクセントだと思います。(もちろん、軽快なリズムに乗るというものもありますが)
ぐぅぅ〜〜っとしっとりしたエネルギーの「溜め」があってからの、情熱的な放出だと思います。いきなりじゃきじゃき☆と軽く素早く動くわけではないですね。

アルゼンチンタンゴって、男性のリードを目を閉じる(閉じてることもある)くらいの勢いで感じながら一緒に動くので、自ら進んで敵を攻撃に行くみたいなやる気は出さなくていいと思います。(←かつてのわたし)


■型について

なぜ右腕を広げ左腕を閉じているのか。

これをわかってやっておられる場合と、ただ単に「こういう振付じゃないの?」と思って漠然とやっておられる場合があると仮定しまして書きますと。

もちろん、そのタンゴオリエンタルの振付をつくるひとの解釈にもよりますが、基本的にはこれはタンゴの「アブラッソ」(抱擁)から来ている型だと思います。

Tanzschule_Corazon_-_Tango


furman7


この状態↑

右手は、男性の手に指をひっかけるようにし、左手は男性の肩から二の腕にかけてのあたり(深いアブラッソだと背中に回す感じ)にあるわけで、多くのタンゴオリエンタルで出てくる型は、これを表現しているのだと思われます。

もちろん、男性がいればこその動きもあるので一人だとアレンジを変えなくてはならない点が、多くのベリーダンサーさんによる解釈の分かれ道なのだと思います。

たとえば、シャーダナの場合、左手はいつも少し指を胸に立てるようにして柔らかく浮かせています。

ちなみに、お腹ではなく少し高い位置です。肘もすっと持ち上がっています。

タンゴの組み方を考えればそれが自然ですね。

そして右腕はいつも柔らかくしなやかに自由です。


hqdefault


Paula Yunisの振付だと、完全に左手を体から離して浮かせるようにしています。
いずれも、「相手がそこにいる」という想定からだと推察されます。


左手をお腹の真ん中にべったりさせて(しかも肘が体にぴったり閉じてたりして)、右腕を体操選手みたいにぴーん☆と伸ばしているひとをわりと(かなーり?)よく見かけますが、きっとお腹が痛いわけではないのだろうと推測しますので、なるべくなら少し「らしく」してみてもいいのではと思います。

(おそらく、伝言ゲームみたいに振付が伝わってそうなった可能性も??わかりませんが)


■脚の運びのこと

脚のしっとりとした運び方はものすごく大切だなぁと思います。

このような、イントロの「溜め」って大切ですよね。わたしもアルゼンチンタンゴのレッスンで見よう見まねです
この最初の数秒に、ものすごいたくさんのフィーリングが込められています。



溜めがあって、すぅっと足先が出る。

しかも、床をするように、筆か何かで描くみたいにして出ています。
これ、忘れがちだけれど大切なポイントだと思います。

わりと、床をするように出る動きが多いことに気づきませんか。

だから、タンゴオリエンタルで、ちゃきちゃきしたいがために膝を高くおもちゃの兵隊さんが行進するみたいにするのは、ちょっとイメージがかけ離れるなぁと思っています。
(もちろん、男性の脚をまたぐ、みたいなシーンはありますが)

足先で床に弧を描くときも、じゃきじゃき動いてしまいがちですが(まぁわたしもかつてはタンゴを知らなかったのでそんな感じでしたが)、いくら音が早くても「しっとり感」は忘れないようにしたいなぁと思っています。

足でダスキンよろしく激しく雑巾がけをしているわけではないのだと思いますのでね。

スピードも均等でない方がすてきに見えると思われます。

基本的にはアルゼンチンタンゴを表現するために作られているはずの振付ですから、きちんと再現できるようにしてあげればいいと思います。

あとは、ひとりでやってもおかしくないスタイルに、どうやって仕上げるか、ということです。


■脚の運びのこと

膝下を振り子のように振り上げる動きがありますね。

アルゼンチンタンゴでいう「ボレオ」をヒントに作られたものだと思われます。

(厳密には違う動きですが、あれは男性がいないとなんとも、という面もあるのでタンゴオリエンタルではアレンジされているのだと思います)

あれをかっこよく決めれば、よろしいかと思われます。

足先が内股になっているなど言語道断です。
ましてや、上げた脚の足先がびろ〜ん(´∀`*)としているなど!いわんや膝下をや!!

ぶんぶん振り回して、びろんびろんと遊んでいるなど!

これはダンスの基本だと思いますので、まぁもちろんわたしもたくさん修行が必要ではありますが、ぜったいにはずさない方がよいと思われます。

単調に、ぺったんぺったん♪とステップを踏んで動いてしまうのも同様です。
お遊戯会に見えちゃいますよ?


これらはすべて、『ベリーダンサーのためのバレエ・エッセンス』の中で学べるものですので、ちょっと悩んでいる方などはぜひ来ていただければと思います。「コツ」があるんです。

(2月、3月に開催予定)

■衣装スタイルのこと

ハットに、体にぴったりしたレオタード的な衣装にパンツにフリンジかネットのヒップスカーフ。
色は、赤と黒。

そういう雰囲気のシャーダナスタイルが基本となっているようですが、あれは彼女独自の考え方だと思います。

男性性と女性性の両方を表現し、しかも「ベリーダンス」ということを踏まえて作られているスタイルで、なかなかに良いと思われますが、タンゴオリエンタルはまだまだ新しいジャンルです。

だからいくらでも解釈の余地があります。

そろそろ、あのスタイルから卒業してもいいかなとわたしは個人的に思っています。

少しずつ、何かが見えてきたし。


これ以上は言えません。あしからず。


     ★    ★


ということで、この中のひとつでも、タンゴオリエンタルを踊るときのヒントとして役立てていただき、ご自分の解釈でご自分のスタイルを築き上げていっていただければと思います。

もちろん、わたしもまだまだ永遠の修行中。(自分の動画みて落ち込むし)

また何か思いついたら積極的にシェアしていきます。


Amelia


bceddbae-s



 ↓↓ Kindle本を出しました! ↓↓




にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ 
アフリカ(海外生活・情報)ランキングへ

 ↑ ★ 読まれましたらクリックをお願いいたします! ★ ↑

■オンラインショップ

 ☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.Rupurara Moonアフリカンビーズ&クラフト


■Twitter
africanwhaleをフォローしましょう

■Facebook Page
Facebook "Rupurara Moon African Beads and Crafts"

朝活が楽しいということです。

たまに書いていますけれど、朝活がかなり自然な習慣になってきました。




いま、新しい職場の最寄駅から出勤するまでの経路にちょうど良いカフェがなくて、一つ手前の駅で降りて朝活して出勤するというスタイルをとりつつあります。






何をしているかというと、最近は、久しぶりにまた某検定試験のお勉強!

なかなか面白いところもあります。

いま、考え方を変えてある専門分野をちょっと伸ばしていいかもしれないと思ってます。

今までからは考え付かなかった意外なところ。どうも得意なようなので。




自分が得意なことって、わりと自然にやってしまっているんで、得意って気づかなかったりするんですよね。

でも、みんながみんなできることじゃないみたい、ってのにちゃーんと気づいて、考え方を変えてみるのもいいかもしれないと最近思いました。

だから2016年の方向性を少し変えました。


なんで私ばっかりこれをやるの!ってことってたいてい得意なことなんですよね。

なんで周りのひとはできないの!みたいにすら思っていたけれど、できないものはできなかったり苦手だったりするわけで。

だったら、得意なことをもう少し伸ばすっていいですよね。

わたしプロじゃないし!違うから!って反発するんじゃなくて、せっかくの人生、逆の発想で少しでもプロに近づいてみればいいんじゃないかしらと。


   ★   ★


国際協力コンサルタントってけっこうマルチな能力求められますね。

いろーんな分野の仕事が来たりするわけで。いろんな国に対応するわけで。

柔軟性が求められます。

ということで、意外な能力が役立ったりするんですよね〜。


資格試験は、貿易実務検定とかマーケティングビジネス検定以来です。


楽しんで取り組もうっと。


   ★    ★


ちなみに、「朝活!えらいねー」って言われることあるけど、偉くないです。
楽しいからやってるだけ。

この究極の面倒くさがりなわたしは、つらいことはやりません(笑)

朝活は目的ではなく手段ですからね。

皆さんも、朝活ご一緒に〜♪



 ↓↓ Kindle本を出しました! ↓↓




にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ 
アフリカ(海外生活・情報)ランキングへ

 ↑ ★ 読まれましたらクリックをお願いいたします! ★ ↑

■オンラインショップ

 ☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.Rupurara Moonアフリカンビーズ&クラフト


■Twitter
africanwhaleをフォローしましょう

■Facebook Page
Facebook "Rupurara Moon African Beads and Crafts"

ベッシー・ヘッドの翻訳を出したいと言い続けている件。

わたしにとって本当に「一歩踏み出した」感満載のKindle本『セロウェの夜明け、鳥の声を聴いた』(←4時間ねばったデニーズでふと降ってきたタイトル(笑))を出したことで、懐かしい方とつながったり、メッセージをいただいたりとたくさんのすてきなことが起きていますということは書きましたが。






翻訳については、昔から色んな出版社とお話をしたり、人に紹介していただいたりしてご相談していたのだけれど、正直言って、難しいけど時間をください→二度と連絡が来なくなる、ということの無限ループでした。

もう何年もそうやって時が過ぎてしまったのだけれど。

でも、昨年の4月にご紹介していただいてお話をさせていただいた某有名出版社の方。

6月以降、連絡が途絶えていたのだが、12月の年末になんとお電話をくれたのでした。



とても心温まった。




もちろん、なぜ今自分が生まれるよりも前に書かれた小説を日本語で出すのか、という点を含め、たくさんもう一度見直したいと思っている点はある。

ただ、現時点では難しいのは承知だけれど、それでも私のやっていることを応援したい、と言ってくれるひとが増えてくれたことのなんとありがたいことか。ブログを見てくださったらしいです。


ブログみたいなツールで発信し続けて、今年で16年目くらい。

学生の頃は、熱意だけで押していたから編集者の方にも軽くあしらわれることも少なくなかったけれど、いまでは多くの方が、ものすごく興味を持ってくれて、ほんとうに詳しく見てくれて考えてくれて、お話してくれるという。

この変化。


なんだかわからないけれど、着実に前進をしている気がして、わたしは幸せです。

たくさんの方が、このベッシー・ヘッドの本を翻訳して出したいというわたしの希望を、温かく応援してくださるのです。

わたし自身の努力がまだまだでなかなか不義理をしてしまっている場面も少なくないかと思います。


今回、自分を振り返るこのKindle本をださせていただいたことで、また一歩進みました。


わたしの中で、今後ベッシー・ヘッドとどう付き合っていくのかを、見極めたいと思っています。


ありがとうございます






↑このくだり。何度読んでも涙出てくるうつくしいフレーズ。詳しくはKindle本の中を見てほしいなぁ。


 ↓↓ Kindle本を出しました! ↓↓




にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ 
アフリカ(海外生活・情報)ランキングへ

 ↑ ★ 読まれましたらクリックをお願いいたします! ★ ↑

■オンラインショップ

 ☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.Rupurara Moonアフリカンビーズ&クラフト


■Twitter
africanwhaleをフォローしましょう

■Facebook Page
Facebook "Rupurara Moon African Beads and Crafts"

『オックスフォード流:自分の頭で考え、伝える技術』岡田昭人氏

学べるところが多かったのでメモ。
気取りすぎず、でも教育学ご専門で適度にアカデミックでなかなか好感が持てる感じのご著書。
大学の先生らしくかみ砕いて説明していらっしゃいます。


幾つか自分でもメモったところをピックアップしておきます。
興味あるひとは読んでみるといいかも。

ふむふむ。




ブルームのタキソノミー(教育目標の分類体系)
ゝ憶する
⇒解する
1用する
な析する
ド床舛垢
α和い垢

 銑が下位、ぁ銑Δ上位。


(注:お勉強する深度というか段階のことね。ふとすると忘れて下位のことに集中しちゃうね☆)

■一度にたくさんのことを考えなければならないときは、同時に全部を考えようとする「一斉に横に並べる」のではなく、考えることを「縦に並べる」すなわち優先順位を付けて一つひとつ対処する思考法。


(注:こういわれるとビジュアル的にイメージ湧きやすいね☆)


■「思考のW曲線」

思考には「活性化」と「鈍化」の時期がある。
考えていると2度苦境に直面する。
(シンキングショック。つまり、無意味かも、とかすでに人がやっているとか、自分ダメかも、という嗜好に陥る瞬間のこと)

W曲線



(注:わかる!!!論文書きで行き詰るときとか!!それだけでなくても!!)


■「考え方」を「真似る」ことから始める
 屮蹇璽襯皀妊襦廚鮓つける
◆屮蹇璽襯皀妊襦廚瞭団Г鯣見する
「ロールモデル」の特徴を模倣する
ぁ屮蹇璽襯皀妊襦廚痢峽拭廚琉貮瑤縫▲譽鵐犬魏辰┐


(これは、わたしも良く言う「TTP(徹底的にパクる)」と似てるね☆)

ポモドーロ・テクニック
ー蠍気縫織ぅ沺爾鰺儖佞掘30分設定
▲織ぅ沺爾なるまで執筆に集中
少し休憩 5〜8分
き 銑を4回繰り返した後、少し長めに休憩(1時間程度)


(報告書を書くなど集中した作業が必要なときにはとても役立つ。オフィスだと邪魔が入るなどなかなか難しい面もあるけど、ちょこっと最近やってみてます。


小池龍之介氏も同様のことを言っていた。
目の前の仕事のことだけに集中する15分。体の感覚とかすべてに神経を集中するということ。

同時通訳も15分で交代しますね。

集中力の持続時間なのですね。

なかなかに参考になりそうなことも書いてありました。


もしかしたら皆さんにも役立てていただけるものが見つかるかもしれません


以上、読書メモ。







 ↓↓ Kindle本を出しました! ↓↓




にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ 
アフリカ(海外生活・情報)ランキングへ

 ↑ ★ 読まれましたらクリックをお願いいたします! ★ ↑

■オンラインショップ

 ☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.Rupurara Moonアフリカンビーズ&クラフト


■Twitter
africanwhaleをフォローしましょう

■Facebook Page
Facebook "Rupurara Moon African Beads and Crafts"

Man lives freely only by his readiness to die

わたしの伯母が、亡くなったという知らせをもらい、昨日の仕事始めの日は、ずっと頭の中が晴れずにいました。

新年のご挨拶、「おめでとう」を言わずにごまかしていたのはそのためです、ごめんなさい。

もう何年も会っていないひとでしたが、それでも血のつながったひとです。

祖父母のお葬式などで会ったけれど、記憶によみがえるのは子どもの頃かわいがってもらったことばかりです。かわいがってもらったこと、感謝しています。


    ★    ★


生きていて、もっと会うことができたかもしれないはずのひとに、会えなくなる。
それでも、もっと会うべきだったのか。

生きているってそれだけですごいことです。
病気して、入院して。
2015年、わたしは大きく変わりました。


会えるひとだったら、みんなに会うべきかどうなのか、正直わかりません。

でも、すべてのひとに会いに行くことはできないから。
だから、会っているそのとき。

つまり、「今」がとてもとても大切なのだと思います。

    ★    ★

死はいつもすぐそこにあるものだけれど、それを忘れるようにして生きていることに気づきます。

無理に暗い気持ちを晴らさず、「今」をどれだけハッピーに生きることができるか、ということが大切だと思います。


    ★    ★

わたしが、長年心の底に抱えてきた大切なこと、作家ベッシー・ヘッドを巡る様々なことを、エッセイとして綴ってKindle本にすることができたことで、人生がひとつ、かちりと音を立ててコマを進めたことを確信しています。

ほんとうに何かに取り憑かれたように夢中で書いた自分にびっくりです。

それで、気づきました。

わたしはこれまで長い長い間、ずっと目の前のたくさんのことに心を砕き、自分がいちばん大切にしてきたことに向き合わずに来たこと。

それが、ふとしたきっかけで溢れ出るように飛び出してきたということなのです。

なんと、ここにくるまで20年近くもかかってしまいました。

これからじっくりと、わたしの中で作家ベッシー・ヘッドとの付き合いをどのように消化していったらいいのかを考えていこうと思います。


    ★    ★


「死」については、この本にも書きました。

わたしがずっと長年、あれこれと悩んだり苦しんだりバタバタしたりしている間に時は過ぎ、ベッシー・ヘッドの小説の翻訳を見せたかったひとは亡くなりました。

もちろん、わたし自身にこの何年にもわたる時間はとても重要なものでした。

でも、ほんとうにそれで良いのか。

わたしはもっと、自分で自分の心に強く問いかけて生きていかなければならないのだと痛感しています。

今やっているそれは、ほんとうに自分の心に忠実なことなのか。

いちばん大切なことこそ、ほったらかしにして過ごしてはいないか。

シンプルに、シンプルに考えるべきだと思います。


    ★    ★


Man lives freely only by his readiness to dieというのは、ガンジーのことば。

死ぬことへの準備ができてさえいれば、ひとは自由に生きる。

この解釈は様々かもしれません。

でも、人生の中でずっと抱えてきて、整理できずにいる大切なことはありませんか。

それに、取り組んでみませんか。見つめてみませんか。

わたしの中の、作家ベッシー・ヘッドとのつながりのように。


   ★    ★


電子書籍という形で出したことで、この数日だけでたくさんのものごとがわたしの周囲で動いています。

メッセージなどもいただいています。

ほんとうにありがたく、嬉しく思います。

ありがとう。



BaobabAlles1






にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ


アフリカ(海外生活・情報)ランキングへ

 ↑ ★ 読まれましたらクリックをお願いいたします! ★ ↑

■オンラインショップ

 ☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.Rupurara Moonアフリカンビーズ&クラフト


■Twitter
africanwhaleをフォローしましょう

■Facebook Page
Facebook "Rupurara Moon African Beads and Crafts"

エッセイ『セロウェの夜明け、鳥の声を聴いた』ありがとうございます。

Kindleで出したエッセイ『セロウェの夜明け、鳥の声を聴いた』

様々な方よりうれしいコメントなどいただき、とても幸せでございます。
ありがとうございます。

subject


(↑ベッシー・ヘッドね)


これを書かせていただくことは、ほんとうにわたしにとってとても重要でした。
まだ各所にご報告しきれていない状況ですが、少しずつご連絡しようと思います。

何よりも、多くの方に感謝したいです。


まだまだ出していきたいものがあります。

もっともっと書きます






↓↓これが、カーマ3世記念博物館。セロウェミュージアムです。


serowe 002



↓↓ベッシーのお家。

serowe 047



serowe 008


感謝を込めて。







にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ


アフリカ(海外生活・情報)ランキングへ

 ↑ ★ 読まれましたらクリックをお願いいたします! ★ ↑

■オンラインショップ

 ☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.Rupurara Moonアフリカンビーズ&クラフト


■Twitter
africanwhaleをフォローしましょう

■Facebook Page
Facebook "Rupurara Moon African Beads and Crafts"

Kindle本出ました。『セロウェの夜明け、鳥の声を聴いた』

Kindle本が出ました。
この年末年始、何かのスイッチが入って取りつかれたように書きはじめまして、丸4日ほどで書きあげました。

大学時代に南アフリカの作家ベッシー・ヘッドの文献調査のためにボツワナと南アフリカへ行ったこと。
その後、何年も経った今だからこそ「思うこと」を中心に書きまとめました。

だから、紀行文のように背景や経緯などに詳しくないです。

『セロウェの夜明け、鳥の声を聴いた: 大学生、作家ベッシー・ヘッドに会いたくて、ボツワナへ行くことにした。』
横山仁美



スライド1


学生のころからずっと出版したいと思っていて、実現せず、時代は流れ20年ほど経って突然「何かが降りてきた」かのように書き始めたものです。


ずっと心に温めてきたものが、形になりました。
こんな便利なツールがある時代になり、うれしく思います。

これまでわたしを支えてくださった方に、たくさんの感謝を込めて。

大切な周囲の皆さまにご覧いただけましたら幸いです。
わたしを直接知らないという方も、読んでくださることで、心に何かの思いを灯すことができたらうれしいです。









感無量です。

とりいそぎのお知らせまで。





Kindleをお持ちの方はもちろん、タブレットでもスマホでもKindleアプリでお読みいただくことが可能です。





内容紹介

1998年、大学4年生だったわたしは南部アフリカのボツワナの首都ハボロネから350キロほど北へ進んだ場所にあるセロウェという村に来ていた。ずっと望んできて、文献調査実現のために努力してやっとたどり着いたこの村で、念願の文書と対峙している。ひともおらず、静かで孤独だった。南アフリカ出身の作家ベッシー・ヘッドの遺した無数の原稿と手紙を求めて、初めてアフリカの大地を踏んだ。アフリカへ導かれてやってくるまでの奇跡みたいなきっかけ、人生を変えた出会い、そしてその後の死と別れ。あのときボツワナで考えてから今までの20年近く経た「思い」についてシンプルに綴る。
1 「帰属」
2 「きっかけ」
3 「手紙」
4 「出会い」
5 「作家」
6 「旅」
7 「アフリカ」
8 「教育者」
9 「再訪」
10 「雨」
11 「翻訳」
12 「未来」
13 「終わりに」
ベッシー・アメリア・エメリー(ベッシー・ヘッド)

著者について:
横山仁美(よこやまひとみ)
ブログ『あふりかくじらの自由時間』
大学時代に作家ベッシー・ヘッド作品と出会い、1998年大学在学中にボツワナと南アフリカへ。英国大学院留学を経て、2005-2007年ジンバブエに駐在。現在は、国際協力コンサルタント。アフリカ雑貨オンラインショップを運営。


images



にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ


アフリカ(海外生活・情報)ランキングへ

 ↑ ★ 読まれましたらクリックをお願いいたします! ★ ↑

■オンラインショップ

 ☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.Rupurara Moonアフリカンビーズ&クラフト


■Twitter
africanwhaleをフォローしましょう

■Facebook Page
Facebook "Rupurara Moon African Beads and Crafts"

南アフリカのスキンケアプロダクトがわりと良かったのでメモります。

この、乾燥しまくりのドライな昨今、皆さん心とお肌のうるおいはちゃんと確保されていますか。


以前、某所でもらったスキンケアの試供品キット。
しばらくほったらかしにしてあったのですが、ふと思い立って使ってみた。

ら、わりとしっとりして良かったですので、いちおうここに紹介しておきます。


IMG_3027



良く見ると、これ南アフリカのプロダクトでした。

このブランドについて調べてみた。


↓↓ これでした。

エンビロン


で、このブランドのヒストリーというところを見てみると、これを開発されたのは南アフリカの医師の方だそうだ。

しかも、わたしが大学院修士課程に通ったエディンバラ大学での留学もされているとは、なんとなくちょっとしたつながりがある感じ。


    ★    ★


南アフリカだけでなく、アフリカ各国でシアバターはもちろん素敵なスキンケアブランドがたくさんあるんだけれど、今のところRupurara Moonで化粧品・スキンケア用品を取り扱うのはちょっと余力がなくて難しそうです。

それでも、スキンケア用品もコスメも大好きなので、アフリカ発の素敵なものに出会えたらできるだけ紹介したいかなと思っています。

個人輸入はするかも

ショップじゃなくて個人レベルで取り次ぐかな?なんてことはちょこっと考えています。


さあ、うるおいっ!!


にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ


アフリカ(海外生活・情報)ランキングへ

 ↑ ★ 読まれましたらクリックをお願いいたします! ★ ↑

■オンラインショップ

 ☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.Rupurara Moonアフリカンビーズ&クラフト


■Twitter
africanwhaleをフォローしましょう

■Facebook Page
Facebook "Rupurara Moon African Beads and Crafts"

等身大の心に響くことば『ベンチャー魂は消えない』経沢香保子氏

カラーズ代表の経沢香保子氏のKindle本。

現在わたしはちゅうつねカレッジに参加しているのでわりと日常的に身近な方となったが、このひとのバイタリティはものすごくていつもエネルギーをいただいている。

とくに、コラムなどで書かれる言葉も、セミナーで発する言葉もとても素直でまっすぐな言葉だと思う。
そして、等身大で自分をオープンにしようとしている。

それが心に響くんだろうなと思う。

一度目の企業でたくさん苦労をされて、二度目の企業をされた経緯などがオープンに書かれていて、励まされるところも多い。
経営者として具体的な考え方もさることながら、もっと幅広い意味でのフィロソフィ的なものが、かえって起業家として経験を積まれてきただけの説得力を持っている。



    ★     ★


連載されていたコラムをまとめたものなので短くまとまっていて、Kindleですぐ読み終わる。


最後に大切なポイントをまとめられているが、印象に残ったのは「おわりに」のくだりだ。

多くの人は「幸せになりたい」「成功したい」と思って、もがいたり、苦しんだりしている。(中略)でも、2回目の企業をして、気づき、そして、実感したことがあります。
「幸せ」とか「成功」は、実はもう目の前にありました。
それは、「いま、自分の心が豊かかどうか」でした。

自分はいま楽しい、いま充実している、いま一生懸命生きている、いま目の前のことに魂を込めることができる。(後略)



この「今、この瞬間」を幸せに感じること。

これは、わたしがこれまでたくさん実感してきて、特に「病気とストレス」の考え方(ネガティブな感情が病気を生む)という視点からも、このブログではなくて別のブログに何度も書いてきたことだ。

つまり、過去でもなく未来でもない。現在というところにある幸せを感じることの重要さだ。


そしてこれは、ビジネス書から自己啓発から自然治癒力の本、仏教関係の本に至るまで、ことごとく似たような言葉で繰り返し書かれている内容でもある。


うむ。

生きる真理、ここにありですな。


     ★      ★


カラーズのベビーシッターサービスの『キッズライン』もとても面白いサービス。
がんがん、頑張ってほしいと思う。


この本にはとても良いエネルギーをいただいたので、新年からわたしは楽しんで色々取り組んでいきたいなぁと思っている。


お得なので、一読すべし!






にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ


アフリカ(海外生活・情報)ランキングへ

 ↑ ★ 読まれましたらクリックをお願いいたします! ★ ↑

■オンラインショップ

 ☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.Rupurara Moonアフリカンビーズ&クラフト


■Twitter
africanwhaleをフォローしましょう

■Facebook Page
Facebook "Rupurara Moon African Beads and Crafts"

何か降りてきましたのでキーボードに向かっております新年。

新年3日目、いかがお過ごしですか


年末から今まで、あるきっかけで脳内スイッチが入ってしまったようで、ものすごい勢いで作業をしています。





なんせ、昨日に至りましては、アドレナリンオンデマンドでして、合計で9時間ほど3か所のカフェとファミレスをはしごしながらなんとか最後まで文書を書き終えたのでありました。


serowe 007



こんなに重要なお正月の時間を過ごしたことは、いままでなかったかもしれません。

あふりかくじら史に残る歴史的作業となりました。


ので、詳しいことは、いずれまた。



皆さんのお正月、何か新しいことなど取り組みましたでしょうか。

楽しい1年にしたいですね。



にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ


アフリカ(海外生活・情報)ランキングへ

 ↑ ★ 読まれましたらクリックをお願いいたします! ★ ↑

■オンラインショップ

 ☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.Rupurara Moonアフリカンビーズ&クラフト


■Twitter
africanwhaleをフォローしましょう

■Facebook Page
Facebook "Rupurara Moon African Beads and Crafts"
Rupurara Moon
アフリカンビーズ&クラフト






Rupurara Moonショップブログ




セロウェの夜明け、鳥の声を聴いた: 大学生、作家ベッシー・ヘッドに会いたくて、ボツワナへ行くことにした。
横山仁美
B01A4FSZXE



↑↑Kindle本出ました!!




Profile
facebook
Twitter
Archives
  • ライブドアブログ