『あふりかくじらの自由時間』

アフリカのこと
オンラインショップRupurara Moonのこと
アフリカビジネス、ソーシャルビジネス、コンサルティングのこと
ベリーダンスのこと などなど・・・。


■オンラインショップ『Rupurara Moonアフリカンビーズ&クラフト』
■メインサイト『あふりかくじらの自由時間』

2015年09月

出会いを紡ぐ。初めての「生演奏ミロンガ」

昨夜は、アルゼンチンタンゴのスタジオ主催GYU先生のイベントへ。

IMG_1908


ご結婚のセレモニーのあとは、プロのデモンストレーション。

圧倒的なパフォーマンスに終始感動しっぱなしでした。

ずっとずっとアルゼンチンタンゴにあこがれてYou Tubeをたくさん見ていたけれど、あれほど間近にすごいパフォーマンスを観ることができるなんてほんとうに幸せな時間でした。

涙出た。

アクロバティックな動きも、ほんとうにかっこよい。




そして。







そして、ぜいたくな生演奏のミロンガ。


いわゆるダンスパーティのようなアルゼンチンタンゴのミロンガ。


あまりにも大人の社交場といった雰囲気に圧倒され、初心者のわたしとしては大人の男女のスマートなダンスにぼーっと魅せられまくり。


即興なのに、それを思わせない技の数々。

「楽しんで」音に乗っている、大人の二人の世界。
どこまでもエレガントなのです。



ベリーダンスは本来即興ダンスですし、人前で即興を踊る場面もけっこうありますが、それは「お客様に向けて」のもの。

アルゼンチンタンゴで、ペアの相手と作り出す二人の世界観ってほんとうに独特。

スマートさにあこがれます。


ぼんやり壁の花(?)をしていたら、なんとわたくしに声をかけてくださる男性がっ!!Σ(=゚ω゚=;)


あまりに初心者だったけれど、初めて知らないひとと初ミロンガで踊ってみたのでした。

なんだかうまく表現できませんが、「踊る」愉しみのまったく違った側面を感じたように思います。

わたしはまだまだ三つくらいしかステップの抽斗も出てこないし(もっとたくさん習っているはずだが)、タイミングが合わずに下手すぎたりもするのですが、それはそれで楽しい時間でした。


人間、少しの勇気で新しい世界が大きく開けるものなのですな。



ミロンガを、スマートに楽しめるようになろうと思いました。


にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ


アフリカ(海外生活・情報)ランキングへ

 ↑ ★ 読まれましたらクリックをお願いいたします! ★ ↑

■オンラインショップ

 ☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.Rupurara Moonアフリカンビーズ&クラフト


■Twitter
africanwhaleをフォローしましょう

■Facebook Page
Facebook "Rupurara Moon African Beads and Crafts"

お腹に気をためる踊り。

ベリーダンスを踊るとき、ステージでも小さなレストランショーでも、出演前にわたしはプチ瞑想のようなことをしています。

深く息を吐いて、お腹にパワーが集まってくるイメージ。
「気」と呼んでます。

曲と自分の魂が静かにひとつになる瞬間。
そうすると研ぎ澄まされるのでお客様の気も感じます。


アルゼンチンタンゴはまだまだだけど。

image


(↑先生のステージ憧れ!)


10月4日のダンスカフェに向けて、いまはアルゼンチンタンゴにどんどん夢中に。

少しずつ前進すると面白くなってきました。
ペアダンスの「気」の感じ方も、なんとなくわかってきたような?

ところで、数年前にベリーダンスヘルワのステージで10拍子を踊るために購入したラテンダンス用のモニシャン。

何度かショーでも使用していましたが、これでタンゴの練習を始めたらあっという間に年季入ってきました。


image


表面の劣化だけでなく踵まで取れた
( ゚д゚)

裏面も削られてました。


ので。

こちらの修理屋さんに!


image


踵はぴったりなおってるし靴底もきれい!
素晴らしく良心的なおみせでしたので、おすすめです!

そして、本番ではアルゼンチンタンゴ用のヒールを!
憧れでした☆

どれもとっても美しいのです(。-_-。)

10月4日のダンスカフェ。
13:00オープンです。

無料なので、ぜひぜひAmeliaのタンゴを観にきてくださいね☆



image

『ベリーダンサーのためのバレエ・エッセンス』ありがとうございました。

ベリーダンスをより美しく踊りたいベリーダンサーのために、バレエのうつくしいエッセンスを身につけていただく『ベリーダンサーのためのバレエ・エッセンス』全3回が終了いたしました。

思ったよりもずっとたくさんの反響をいただき、少人数でしたのですぐ満員となってしまいご参加いただけなかった方には申し訳ありませんでした。


ターンに集中した3回目の今回。

最初は慣れない動きに硬い表情をされていた方も、音楽を聴いて楽しく踊ることを意識して笑顔になってくださりとても嬉しく思いました。

最後はわたしも一緒に楽しんで、ステージの主役登場!をやっていました(笑)


ダンスとは、本来楽しむものなのですよね。

全部ご出席下さった方、一度だけでもおいでくださった方、ありがとうございました。

このワークショップで、皆さんにうつくしい踊りのエッセンスを得ていただけたのでしたら幸いです。

初めての試みで手探り状態でしたが、少しずつ改善し、また同じシリーズをグレードアップさせて実施したいと考えております。


バレエスクールに通うほどではないけれど、ベリーダンサーさんが定期的にバレエのエッセンスを学び練習できる場所があるとほんとうにいいなと思います。

誰かのお役に立てたら、わたしとしてもほんとうにうれしいです。


支えてくださり温かく見守ってくださる皆さま、ほんとうに感謝いたします。

次回以降は、また私のFacebookやBlogにて告知させていただきます。


ありがとうございました!


Amelia


image

久しぶりの場所の新しい生活。

短期のコンサルタント仕事の関係で、期間限定で某所に通っている。

以前、トータルで4年ほどいた場所なので、お世話になっていた方などにしばらくぶりにお会いしてランチをしたりなどで、とても良い時間にもなっている。

内部資料も見られるので、昔自分が書いた文章に数年ぶりに触れた。

貧困、紛争、マイクロファイナンスのことなど。

ずいぶん尖ったことを書いている感じがした。自分も時を経て変わっているのだなぁ。

コンサルタントの仕事は、たくさん悩みを抱える部分もあるけれど、わたしは面白いと思っている。

ぶれないで、進化しながら、また数年後に振り返ってみたいなと思う。

考えてみたら10年前の自分が漠然と憧れていたポジションに、いま、立っているのかもしれない。


最近は、朝活ドトールを読書の時間にあてている。

image



image





チャレンジ月間の締めくくりはハーブづくし。

絶賛チャレンジ月間だった8月の最後にはハーブ遠足へ。

ハーブ狩り?

ごく少人数でひそやかに行われたこのすばらしいイベント。


IMG_1726


もっさりしているところ。

IMG_1725



IMG_1733


こちらはミントの葉っぱ!スペアミントも!

ものすごくいい香りです。


わたしはもちろん、まったくマメな方ではなく、お料理だって大したことはなく、ナチュラルガールでも全くありませんのでハーブの使い方なんぞ知りません。

ほんっとに、どれがどれだかわかりませんのです。


でも、絶賛チャレンジ月間ということで参加させていただきました。

楽しかった。

ハーブって、ほんとうに甘くてとてもいい香りがするのです。うっとりするくらい。


命にあふれている!


IMG_1731


ローズマリーも!

IMG_1734


IMG_1737


カマキリ!☆ (←ハーブじゃないし)

IMG_1738


IMG_1741


IMG_1740


ジャスミン。

IMG_1744


IMG_1745


コモンタイムとレモンタイムをそのままハーブティに。

ものすごっく甘くいい香り。

身体がびっくりするほど温まるんです。ほんと!

IMG_1747


作業中。

tumblr_ntz8rrprOL1silphjo1_1280


そして。

ホワイトリカーを入れて化粧水チンキに。

これを三カ月ほど寝かせて、化粧水のもとにするのです。

IMG_1750


合わさったハーブがうっとりと良い香り。

わたしは、リラックス効果がほしくてたくさんのジャスミンと、ちょこっとローズヒップ、それから少しだけミントとゼラニウムを混ぜてみました。

お上品な香りがした。




ローズマリーは、たくさん採りすぎてどうしていいかわからなかったんだけれど、豚肉と色んなお野菜のオーブン焼きを作ってみました!
オリーブオイルとニンニク!

あとは、オリーブオイルの中にニンニクとローズマリーを漬け込み!

パスタにおいしそう。




煮出して入浴剤代わりにしてもとってもリラックス効果があるみたいです。


あとは、消臭効果があるのでお部屋や玄関、トイレなどにも良いみたい。


たくさんあるので、ドライにしてみようと思います。


ハーブって、薬にもなるけれど毒にもなる。

けっこう成分も強い。

でも、香りがよくてほんとうに体に効くから、効果的な使い方をしたいものです。

ひとつずつ覚えていってみたい。



アフリカに行っても、いろんなすてきな植物を見かけるので、知っておきたいなぁ。




    ★    ★


自分がまったくチャレンジしたことなかったハーブ。

「チャレンジ月間」と銘打ってチャレンジできて、とても心身ともにリラックスできました。

ささやかだけれど、この夏チャレンジしたことはすべて、すごく大きな意味があったような気がします。


    ★    ★


9月ですね。

わたしは今日から短期のお仕事が始まりました。


リラックスして過ごしたいものです。


にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ


アフリカ(海外生活・情報)ランキングへ

 ↑ ★ 読まれましたらクリックをお願いいたします! ★ ↑

■オンラインショップ

 ☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.Rupurara Moonアフリカンビーズ&クラフト


■Twitter
africanwhaleをフォローしましょう

■Facebook Page
Facebook "Rupurara Moon African Beads and Crafts"

タンゴオリエンタルからアルゼンチンタンゴへ。

タンゴオリエンタル、もしくはオリエンタルタンゴと呼ばれる「ジャンル」(あるいはスタイル)がある。

ベリーダンスにタンゴのエッセンスを融合させたフュージョンスタイルだ。

1013082_597967816901053_1020870278_n


タンゴオリエンタルを踊るダンサーによってそれぞれ解釈は異なり、スタイルやコスチューム、動きなど実に様々なバリエーションあふれるものであるため、かならずしもひとつのジャンルとして確立されているということでもないようにも思える。

11215711_968770066487491_5631878919709257309_n


わたしも、いくつか違うダンサーさんの振り付けで踊ったこと数曲。

いずれも、ほとんどタンゴの曲を使用している。
パンツスタイルでハットを使うのも似ている。


ベリーダンスをよく御存じない方のためにも若干説明させていただくと、この「ジャンル」でもっとも有名なのは、アルゼンチンのベリーダンサーShahdana(シャーダナ)である。

o0800060012700766554


パンツスタイルとハットで男性性を表現しつつも、動きの基本はベリーダンスにアルゼンチンタンゴの女性の動きが中心となったもの。

つまり、一人で踊るのが基本のベリーダンスに、アルゼンチンタンゴの「ペアダンス」という要素を取り入れ、男性と女性の両方を表現している。

このスタイルにおいて、わたし的価値観に基づくと、このShahdanaの右に出るものはいないと思っている。

ご覧になったことのない方は、ぜひ彼女の動画を観ていただきたいと思う。




     ★      ★


昔からおそらくわたしはタンゴの音楽が好きだったのだと気付いたのはほんとうにここ数年のことだった。

心打たれる音楽にのって踊りたい。
そう願ってこのスタイルを深く学びたいと思った。

(↓Amelia自主練中

amelia_tango4



タンゴオリエンタルを踊るために、アルゼンチンタンゴを知りたいと思った。

アルゼンチンタンゴを知ることで、タンゴオリエンタルを自分のものとし、自分自身の振り付けで踊りたいと思った。


そして。


とうとう今年の1月からアルゼンチンタンゴのレッスンを受け始めた。


img130424_5



本気でタンゴオリエンタルをブラッシュアップさせるために、タンゴを真剣にやりたかったので、申し訳ないけれど一切のノイズの可能性をシャットアウトしたいと思い、これをベリーダンス仲間にはずっと内緒にしてきた。
自分のやりたいことに集中するため、誰のどんなコメントも意見も一切必要ないと思ったから。

だから、誰にも一言も言わずに勉強すると決め、真剣に取り組んだ。

このことを「カミングアウト」するときには、すでにある程度の技術を身に着けていたいと思っていた。
そして、ステージに立つ日が来たら、そのときに言おうと思っていた。


     ★     ★


20140718_750312


(↑スタジオ主宰GYU先生


そして。


生まれて初めてのペアダンス。

壁にぶち当たりまくりだ。




ベリーダンスは基本的にはショーで踊るような曲を練習しているため、お客様とのコミュニケーションをとりながら音楽を体で表現するようなスタイルを学ぶ。

もとは即興ダンスであるため、音楽を聴いて即興で踊る練習もする。


でも、ペアダンスであるアルゼンチンタンゴでは、当然ながら「相手」がいる。

まずコミュニケーションを取る相手は、ペアのひとなのだ。

目線、動き。

身体のコネクションを感じ、男性のリードを感じ、踊りを作りだす。


姿勢からして、違う。

アブラッソ(抱擁=組み方)を通じて、お互いの動きを感じ、気持ちを合わせていく。

まさに、情感たっぷりの踊りである。





始める前は、男性と直接組むことに抵抗があるかもと心配をしたが、何のことはない。

慣れもあるけれど、ステップを踏んで一緒に動いていくことの難しさと面白さで忙しいので、そんな心配をしているヒマはない。



      ★     ★


最初、もちろんアルゼンチンタンゴ自体に関心はあったけれど、最終目的はタンゴオリエンタルのオリジナルを作り踊りこなすようなベリーダンサーになることだった。

でもいま、私の気持ちは、当初予想もしなかったくらいに劇的に大きく変わっている。


IMG_0930



アルゼンチンタンゴ歴9か月目に入ろうとしている今、つくづく思うことがある。



たとえば、相手のリードを待たずに勝手にステップを踏み出そうとしてしまうこと。

自分の姿勢を勝手に作り(アブラッソで相手を感じず)、結果として二人のバランスを崩してしまうこと。

胸を張りすぎること。相手の方を向いていないこと。


これらをよく、先生に注意される。




そして思い知らされる。


自分はどれだけ自分本位な踊りをするダンサーであったかということ。

協調性がないっていうこと。



ペアダンスは、アプローチが全く違う。


そういうところにわたしは、自分自身のメンタルの弱点を思い知らされることとなった。



    ★     ★


そして極めつけは「リフト」だ。


今、アルゼンチンタンゴの振付を習っていて、そこにもちろん生まれて初めての挑戦である「リフト」がある。


クラシックバレエを習っていた子どものころ、バレエは大人になってから華麗なリフトがあるけれど、わたしには絶対無理だと決めつけていた。

色々理由はあったけれど、とにかくまだ小学生だったからリフトなんかもちろんないけれど、そのような技などできぬわ!という強烈な恐怖感を持っていた。


もちろん、リフトの機会などはなく30年ほどが過ぎてしまったわけだ。


そして、再びわたしの人生にやってきた最大の難関「リフト」。

そう、アルゼンチンタンゴのステージでは、かなりアクロバティックなリフトがある。


「リフトなどやったことないけど強烈なリフト恐怖症」のわたしはこの強大な壁に真正面からぶち当たったわけだ。


なんせ、最初先生に高く持ち上げられてしまったときには、このワタクシが「きゃあ!!Σ(=゚ω゚=;)」と言ってしまったくらいだ。
ゴキブリが出ようがコウモリが顔面向って突進してこようが「きゃっ!」などまったく出ないこのわたしが!
わたしの中の内なる乙女、いたのかッ!!!



そして、あまりにもリフトの壁が厚く、なかなかできない。


できなさすぎて、落ち込んでレッスンの帰りに近所のベンチでアイス食べながらどん底まで落ち込んでいることの繰り返しだった。



そこで、だんだんと気づいてしまった。


わたしの弱点。


それは、「人を信用していない」ということなのだ。

相手に心を開いていないということなのだ。


それはまさに、わたしの人生でたくさん出てきた問題点であり、人間関係の問題点であった。


このことが、顕著にダンスの技に出てくるとは。




わたしは、アルゼンチンタンゴを始めたことにより、このことを自分に付きつけられてしまった形になる。



そう。

タンゴを踊ることによって、はからずも自分自身のメンタルを鍛えまくられることになったのだ。



      ★       ★


そして重要なことに気づいた。



わたしは、自分自身の「苦手なこと」や「できないこと」「難しいと思っていること」から逃げているのだ。


これまでの人生で、どれだけ逃げ続けただろう。


(⇒だから今月の「チャレンジ月間」実施へとつながったのであります)


結局、踊りはメンタルが鍛えられていくものに違いなかったわけだ。


そしてアルゼンチンタンゴはあまりにも奥が深すぎる。当然だけれど。


    ★     ★


まだまだきれいにできないけれど、あまりにも下手すぎではあるけれど。

ほんの少しだけ、リフトには慣れてきた。


↓↓↓ 完成予想図

tango-leg-wrap-over-head-view



そしてよくわかった。


タンゴオリエンタルのオリジナルをつくりたくてタンゴのステップを習うつもりだったけれど、9か月分アルゼンチンタンゴのことを知ってしまった今、わたしにタンゴオリエンタルを作りだすことはとても難しい。

そして、Shahdanaの作りあげた世界観というのは、ほんとうに完成度が高いということがよくわかった。

今のわたしでは、どうしてもShahdanaの真似事のようになってしまう。


彼女の振付を深め、踊ることは構わないと思う。



でも、アルゼンチンタンゴの深さを少しずつ知るにつれ、わたしはそれを使ったベリーダンスフュージョンを作ることからどんどん気持ちが遠ざかっている。

あまりにも難しいことだと思う。
タンゴは、深すぎるのだ。当たり前だけれど。



わたしは、「アルゼンチンタンゴ」に魅せられてしまい、まだその技術は初心者レベルだ。


だから、アルゼンチンタンゴ自体を深めることにする。(もちろんベースはベリーダンサーだけれど)

しばらくの間ベリーダンスとのフュージョンであるタンゴオリエンタルのオリジナルは作れないと思う。

いつかわたしが、もう一つの壁を越える日まで。



      ★       ★



ということで、1月から今までいちおうベリーダンス仲間には内緒にしてきたアルゼンチンタンゴ。

10月4日(日)に六本木ヒルズのダンスカフェで初披露となる。

(わたしが出演させていただく発表会及び体験会は入場無料です。ショーの方は有料)


とってもチャレンジングなことで不安もたくさんあるけれど、これはわたしの2015年下半期のハイライト。
たくさんたくさん思いを込めたいと思う。


ベリーダンス仲間にも、それ以外のお友だちにも、たくさん観に来ていただきたいと思っています。

わたくしベリーダンサーAmeliaの初めてのアルゼンチンタンゴであります。



11825799_911323668942341_2644145858293362521_n



ということで、ここでやっとアルゼンチンタンゴについて語ることを解禁したので、今後はもっとたくさん思うことを綴っていきたいとも思っている。

IMG_1081



にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ


アフリカ(海外生活・情報)ランキングへ

 ↑ ★ 読まれましたらクリックをお願いいたします! ★ ↑

■オンラインショップ

 ☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.Rupurara Moonアフリカンビーズ&クラフト


■Twitter
africanwhaleをフォローしましょう

■Facebook Page
Facebook "Rupurara Moon African Beads and Crafts"
Rupurara Moon
アフリカンビーズ&クラフト






Rupurara Moonショップブログ




セロウェの夜明け、鳥の声を聴いた: 大学生、作家ベッシー・ヘッドに会いたくて、ボツワナへ行くことにした。
横山仁美
B01A4FSZXE



↑↑Kindle本出ました!!




Profile
facebook
Twitter
Archives
  • ライブドアブログ