『あふりかくじらの自由時間』

アフリカのこと
オンラインショップRupurara Moonのこと
アフリカビジネス、ソーシャルビジネス、コンサルティングのこと
ベリーダンスのこと などなど・・・。


■オンラインショップ『Rupurara Moonアフリカンビーズ&クラフト』
■メインサイト『あふりかくじらの自由時間』

2015年08月

意識を打ち破ること。

最近、よく思うところがあるのでまとめてみたい。

『ベリーダンサーのためのバレエ・エッセンス』の2回目が終了し一週間ほど。

少しでも参加者の皆さまに役立てていただけるエッセンスがご提案できたのであれば心からうれしい。

IMG_1683


このイベントのコンセプトに書いてある通り、クラシックバレエはダンスの基礎。
わたしがバレエを始めたのは6歳のころだったと思うが、バレエ少女時代に学んだことはあまりにも大切なことばかりだったとつくづく思う。


25424202_480x460



わたしがベリーダンスを始めたのは大人になってから。

正直なところ、ベリーダンスを始めてから何年ものあいだ、色々なことがあり「バレエ」の貴重な経験を自分自身の中で封印してしまうというような、実にもったいないことを続けていた。

そして、長い間ずっと、悶々としていた。

長い間の内面的葛藤や苦しい思いなんかがたくさんあって綴り切れないが、わたしの中で最大の壁はこの「バレエ」の経験をどうするかということだったということに気づくまで、何年もかかってしまった。



あるとき、You Tubeで多くのベリーダンサーさんのパフォーマンス動画を観て気づいた。

クラシックバレエは、ほんとうにダンスの基礎であり、身体や動きをどのように美しく見せるかを研究しつくされた決まったスタイル。


それを、のびやかに堂々とうつくしくベリーダンスの中で役立てている人たちもたくさんいる。


そのとき、心の中の分厚い壁が崩れた。

意味もなく、とても貴重な経験を封印していた自分に気づき愕然とした。


そして、考え方を根本的に変えた。


バレエの美しさ。
わたし自身が6歳から中学生になるまでを費やして大好きで、悩み苦しんだりもしたバレエで培ったもの。

それらを、可能な限り役立たせるようなベリーダンスを自分のものにすればいいではないか。


amelia


そのときから、わたしの心はそれまでがんじがらめに縛っていたときと比べて百倍くらい自由になったと思う。(?)

がらりと踊り方が変わった。(周りが気づいているかどうか知らないけど!)


   ★    ★


実際、ベリーダンスにバレエのエッセンスを役立てるやり方に「正解」はない。

でも、ベリーダンスが大きな舞台などで踊られるようになった昨今、それまでとは全く違ったのびやかな動きが必要とされていることは間違いない。

そこにどうやって「エッセンス」を役立てるか。


あの壁を打ち破った瞬間からまた何年も経った今、わたしの中にはたくさんのエッセンス(ベリーダンスを踊るのに役立てるためのバレエの技)が蓄積されているし、それはどんどん進化している。


  ★    ★


踊りを上達させるために何が必要か。


練習は当然のこと。



でも、それと同じくらい大切なものは、「意識を打ち破ること」だと思う。


自分の思い込みを打ち破ること。


すばらしいと思ったダンサーさんがいたら、その技をTTPする(徹底的にパクる)こと。

そして、自分のものにしてしまうこと。


たとえば、SaidaやShahdanaなどアルゼンチンダンサーののびやかな動き、最近ヘルワで招へいしたAlina Malikovaの情感あふれるような美しい動き。

他にもたくさんたくさんTTPさせていただいたダンサーさんの技がある。
(それらが完璧にできているかどうかは別として)


自分自身の「今」の踊りに安住しない。

どんどん上を目指し、どんどん進化する。
そのためには、たくさんの外からの刺激も必要だし、一方で、絶対に逃げずに自分自身の内面と向き合うことも不可欠だ。


     ★     ★


自主練を繰り返し、動画を撮りまくってみるけれど、落ち込むことは無限大にある。

落ち込み過ぎて、自主練のスタジオでふて寝することすらある。(!)


amelia_tango4



自分自身との戦いである。


それでも、誰かが自分の出たことのないような大きな舞台で踊っていれば心がざわつく。

その時点ですでに、「自分自身の戦い」に他人を巻き込んでいる心の弱さがある。


努力し、真剣に取り組めば取り組むほど、その「努力」を報われたいと願う心がある。

努力の見返りを、「自尊心を満たす」というところに求めたいとする心があるとき、踊りは成長しないような気がしている。


もちろん、誰かの活躍をみて傷つき心がざわつくことを認めてあげる必要があると思う。
それは当然のこと。

そして、無意識に相手のあら捜しをし、自分が「NG」と思っているような動きを見つけてしまったときには、もう心が苦しくて仕方のないところまで行ってしまう可能性が高い。

真剣に努力していればいるほど、それは苦しい。




他人を批判することは、何よりも容易い。



他人の批判をすることで自分の自尊心を、「自分自身を苦しめる」方向に走らせ、そこにネガティブなエネルギーを注いでしまう。

ネガティブなエネルギーはどんどん増殖していく。


そんなとき、踊りは成長しない。



自主練でがんばっているときはあまりにも孤独なので、なんとなく写真にとってSNSなどに載せたい衝動に駆られるときもある。

「努力」を誰かに認められたいからだ。

そこにもまた、「自分自身との戦い」であるはずなのに、他人を巻き込んでいる。



    ★     ★


この自尊心というのは厄介だ。


アーティストとして、「わたしはすごいのだ!」という思い込みの強さで成長するひともいるとは思う。

でもわたしとしては、ここに他人を巻き込まないやり方が理想なのだと思う。


他人がどう踊っていようが、自分自身の踊りには関係ないからだ。



関係があるとすれば、それは自分がすばらしいと思う他人のスタイルや技、心意気などのみだ。
それらを自分のものにしてしまうという点だけだ。



そこにネガティブなエネルギーは一切ない。


あるのは、「すばらしいものに感動する心」だ。



ショーなどに出るたび、ちょこっとむくむくとしてくる自尊心を認め、それを「良い方向」(自分を苦しめ成長を止める方向ではなく)に向けていくよう意識をしていくことが大切。


そして、きれいごとを述べることで自尊心を隠さないことだ。


そうすると、意識を打ち破ることから遠ざかる気がするからだ。



     ★     ★



『バレエ・エッセンス』という形でワークショップを実施することは、わたしのベリーダンス人生において非常に重要な意味を持つ。


自分が蓄積してきたものが、誰かの気づきとなり、誰かのエッセンスとなる可能性があるのならば、わたしはそれを役立てない手はない。


自分自身が持っているものを誰かに共有させていただくことで、自分自身どれだけたくさんのことを学ばせていただいているかとつくづく感じる。


そのように自分の心を開くまでに何年もかかってしまったけれど、今自分自身ができることに感謝したい。


そして、『バレエ・エッセンス』の参加者の皆さんがご自分の踊りの中でエッセンスを取り入れ、消化し、進化していっていただけるのであればそんなうれしいことはないと思う。


だから、わたしはこのワークショップに最大限のものを注ぎ込みたい。


そして、自分自身も成長させていただきたいと願っている。




バレエエッセンスフライヤー_2015Jul-001


〜あなたの踊りを3倍うつくしく見せる〜★★『ベリーダンサーのための バレエ・エッセンス』★★



参加者の皆さまに心から感謝です。




にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ


アフリカ(海外生活・情報)ランキングへ

 ↑ ★ 読まれましたらクリックをお願いいたします! ★ ↑

■オンラインショップ

 ☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.Rupurara Moonアフリカンビーズ&クラフト


■Twitter
africanwhaleをフォローしましょう

■Facebook Page
Facebook "Rupurara Moon African Beads and Crafts"

明日23日(日)『ベリーダンサーのためのバレエ・エッセンス』【2】開催予定

ごきげんいかがでしょ。

Facebookのイベントページにも書かせていただきましたが、明日は『ベリーダンサーのためのバレエ・エッセンス』【2】の開催予定です。

色々工夫してみましたので、参加者の方に楽しみながら役立てていただければ嬉しいです


お待ちしております〜


  ====(イベントページより)====


Ameliaです。

いよいよ明日23日(日)は『ベリーダンサーのためのバレエ・エッセンス』【2】です!

前回は、盛りだくさんの内容だったこともあり、初めてのバレエの動きに戸惑われてしまったり、駆け足の感があったり…でしたので、今回は内容を重点的に絞り込み、美しさのエッセンスがきちんと覚えられるように工夫してあります。

また、あやこそ先生からひとつずつバレエの美しい姿勢と動きを教えていただくと同時に、ベリーダンサーのAmeliaがバレエのエッセンスをどのようにベリーダンスに効果的に役立てていけるかを、皆さんと一緒に動きながらお話させていただきたいと思います。

ベリーダンスへバレエのエッセンスをどのように活用するのか、答えは一つではありませんが、あやこそ先生とAmeliaのワークショップのなかから、皆さんがご自身のダンスに役立てていただけるものをご自分で発見し身に付けていっていただければ幸いです。

今回も、前回同様、復習に役立てていただける「エッセンス」を書いたレジュメをお渡しいたします。

何よりも、すてきなあやこそ先生から「音楽にあわせてうつくしく踊ることの楽しさ」のエッセンスを得ていただければ嬉しいです☆


では、明日は皆さまにお会いできるのを楽しみにしております。

残念ながら今回予約できなかったという方も、また次の機会にぜひ!

=====


■【2】優雅な動き方とステップを身につけましょう

【日時】 2015年8月23日(日)18:00-19:30
【会場】スタジオワークル代々木302

うつくしい脚のコントロール(プリエ)
全身を使って魅せる(バットマン・タンジュ、ポールド・ブラ)
フロアを優雅に動く(バランセ、シェネ、コンビネーション、レベランス)

=====

予約をされていて万が一来られなくなってしまったという方は、あらかじめご連絡ください。
くれぐれもよろしくお願いいたします。

Amelia

バレエエッセンスフライヤー_2015Jul-001



にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ


アフリカ(海外生活・情報)ランキングへ

 ↑ ★ 読まれましたらクリックをお願いいたします! ★ ↑

■オンラインショップ

 ☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.Rupurara Moonアフリカンビーズ&クラフト


■Twitter
africanwhaleをフォローしましょう

■Facebook Page
Facebook "Rupurara Moon African Beads and Crafts"

アフリカと関わる温度〜Gallery andu amet Talk Cafe

少し日が経ってしまいましたが、土曜日はエチオピアのシープスキンブランドandu ametさんの主催する『Gallery andu amet Talk Cafe「鮫島弘子×大山知春〜アフリカで見つけた”本物”〜」』というイベントへ。

andu ametのとてもうつくしく柔らかな高品質のシープスキンのバッグは本当にすてきです。
エチオピアのすてきなブランドで、メディアなどでも取り上げられているのでご存知の方も多いかと。
普段はエチオピアにおられる代表の鮫島さん。

そして、最近わたしもウェブなどで知っていたガーナのECサイトVIVIA.comを立ち上げられた大山知春さんとの対談でした。
大山さんはガーナのスキンケアプロダクツを販売するJUJUBODYを立ち上げられたとのこと。

(すっごくおしゃれです モリンガオイルは草っぽい良い香りがして、さらさらと肌になじむ

20618_10153656343167446_5232568402766033657_n

(↑andu ametさんブログより)

真面目なレポートはandu ametさんのブログにお任せするとして

ブランドを立ち上げて現地に拠点を持って活動するひとは少なくはないけれど、拠点を特に持たないRupurara Moonでも大変な面はたくさんあるので、並大抵のことではないだろうなと思う。

その反面、二人の力の抜けたナチュラルさには女性らしいうつくしさと魅力があって、ほんとうに話を聞いているだけてとても嬉しい気分になりました。


結局のところ、アフリカとの関わり方の温度が大切なのだと思う。

起業家として大切なお金や数字の先にある、生きる「フィロソフィー」みたいなところ。

そういう飾らない部分がお二人から見えて来たように思います。

私もちょこっとだけ発言させていただきました。

それぞれ違うスタイルだけれど、コンサル仕事とベリーダンサーをやりながらオンラインショップをする自分もまた、アフリカと関わる者として(もう二十年にもなるのね…)これからも楽しんでやって行きたいな。

11902424_10153656342027446_6386439684193041316_n


↑ちょっとわたし写ってた!(寝てません!)




こちらは、わたしのお気に入りのandu ametさんのレザータッセル。(キーホルダー?)

ものすごく手触りが良くて発色もきれいで、大好きすぎるので色んなバッグに付け替えて使ってます。


  ★    ★


ちなみに、前日の金曜日にはアフリカビジネスをやっている方々とのお食事会。

鮫島さん、大山さんを始め、色んな方々が出席されていてほんとうに濃くて面白い会でした。

そういえば、4年ほど前?にも同様の会が開催され、そのときに初めて鮫島さんとお会いしましたね。

今後もまたそのような会で私も含め皆さんがどんどん「深化・進化」して行く様子を見るのがとても楽しみです。


にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ


アフリカ(海外生活・情報)ランキングへ

 ↑ ★ 読まれましたらクリックをお願いいたします! ★ ↑

■オンラインショップ

 ☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.Rupurara Moonアフリカンビーズ&クラフト


■Twitter
africanwhaleをフォローしましょう

■Facebook Page
Facebook "Rupurara Moon African Beads and Crafts"

二地域居住の奥深さ。『週末は田舎暮らし』

とても気持ちよさそうな写真の表紙。

平日は東京で仕事をしながら、週末は南房総の農村の家に帰り、農作業をしたり自然の中で暮らす筆者の生活について書かれたもの。

単に「大自然はすてき」というお話ではなく、この生活に至る背景や、一見大変そうなこの生活を何年も続けた中で筆者が感じたことが率直に書かれていて、とても心に響く本だった。

里山にあこがれて暮らし始めるものの、だんだんその地域に根差す問題や地域が抱える喜び、コミュニティの強いつながり、自然とともに生きることと都市で生きることの意味など、たくさんのことを考えていくプロセスが記録されている。

とてもわかりやすくて心に響く。


そしてライターさんだけあって、文章表現がなかなかすてき。


心に留まった部分はこんな感じ。


アイデンティティについて。

郷土のお土産、と言いますが、東京には郷の土も土の産物もない。(略)
その土地に由来するものを大事に思う気持ちの根底には、クリエイティビティの魅力とは違う、ある種の「受動の魅力」があると思います。
不器用なまでにいつもそこにあるアイデンティティは、定点で熟成が進み、確立されるものです。新陳代謝が激しくて移ろうやすい都市の中で、そのような価値を生み出すことは難しく、むしろ、都市の魅力は常に流動していることにある。郷土性を諦めるかわりに、世界中のイイトコドリをするというポジションに君臨していると言えます。



変化のプロセスについて。


……ところでこの暮らし、何が到達目標なのかは分かりません。
死ぬまで二地域居住すること?
野菜作りがうまくなること?
孫と農家の畳でごろごろすること?
あるいは移住すること?
そうとも言えるし、そんなんではねぇとも言いたくなる。
まるで子供が走って転んで痛くて泣いて、次からは考えて手加減し、それでも走る気持ちよさに突き動かされてまた走り、少しずつ早くなるのと同じように、大の大人が手さぐりで生き方や暮らし方を学びながら変化していくプロセスに身を置くこと。それを楽しむこと。



他者への不寛容について。
このくだりがいちばん心に響いた。


ゼロから縁をつくった土地に、愛着を持とうとすること。それは、その土地固有の文化や生活、自然環境などへの想像力を養うことでもあります。
二地域居住、他地域居住では、その想像力がディテールにまでおよび、他者への理解がより進みます。

ややもすると、この激動の時代に世界のありようを把握することなど無謀に思え、正しさを見極めることにつかれ、自分の今いる場所だけが正しいんだと保身に走りそうになりますが、それは、裏を返せば他者への不寛容です。多様性の時代の不寛容は、多くの軋轢しか生みません。そのような方向性に進みそうな日本や世界を、わたしは心から懸念しています。

わたしたち一人ひとりが、今の生活をほんの少し、ずらしたり、組み替えてみる。そこで出会う小さな発見を楽しみながら生きる中でこそ、見えてくる風景があるはずです。



4478025053週末は田舎暮らし---ゼロからはじめた「二地域居住」奮闘記
馬場 未織
ダイヤモンド社 2014-02-28

by G-Tools



にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ


アフリカ(海外生活・情報)ランキングへ

 ↑ ★ 読まれましたらクリックをお願いいたします! ★ ↑

■オンラインショップ

 ☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.Rupurara Moonアフリカンビーズ&クラフト


■Twitter
africanwhaleをフォローしましょう

■Facebook Page
Facebook "Rupurara Moon African Beads and Crafts"

海に溶けていく夏休みの輝き。

とくに「夏休み」ではないんだけれど。


週末、ほんとうに朝からたっぷり遊び倒した。
こんなに「遊んだ〜(●´ω`●)」って心から思えるのってどれくらいぶりかしら。


いま、コンサル仕事をしていないので(単発?はあるけど)わりとゆったり過ごしている。

ゆったりした今月を、わたしは「絶賛チャレンジ月間」と称して、とにかく「今まで苦手意識を持っていてチャレンジしていなかったこと」「避けていたこと」「自分がやりそうもないこと」にひとつずつチャレンジする期間。


あとは、これまで以上にたくさん本を読んでいる。

インプットと色んなアウトプット。


チャレンジ項目は、「お菓子作り」とか「お裁縫」とかいろいろあるのだけれど、その中のひとつ「海」で泳ぐこと。

(注:実際は泳がず浮き輪で浮いていただけそれでも快挙。ほめてほしい(笑))



海で泳ぐなんて、わたしにとってはたぶん20年に一度くらいのイベントなので、今回海に遊びに行くイベントに参加したのは自分としては歴史的なことです。



朝早く集合して、野比海岸へ。

海に浮かぶなんてすごく久しぶりすぎた。


でも、心の中のストレスが波間にゆらゆら溶けていくような感覚。



ビーチバレー(←このような集団球技は大の苦手なのでめったにやることがないがチャレンジ!楽しかった)で白熱&スイカ割りのあと、バーベキューに突入。


ワインを呑みながら、好き勝手に踊りまくる。


なぜか、サルサのステップを教えてもらったり。


IMG_1528


ゆるやかな時間がたっぷり流れて、ほんとうにこころからリラックス。


page_001



新しいお友だちと一緒にゆったりした時間を楽しんで思いっきり「遊ぶ」ことに、ずっと幸せ感じてました。


ほんとうに幸せな時間に感謝したい。


なんというか明るい海を見ながらワインを呑んだり踊ったりして、人と触れ合うことの幸せを感じるとともに、何か心の中のわだかまりみたいなものが一緒にきらきらと溶けていくような感覚も。


なかなか、グループの中で行動するということが苦手なので、これもまたチャレンジではあるけれど、そんな機会を与えていただいたことに感謝したい。

すてきな人々と一緒にたくさん笑った一日。

愛あふれるひとでいたいと思いました。


IMG_1529



帰り道は、すてきなオジサマとずっと深いお話。
(みんなが遊び疲れて寝ているなか(笑))

自分の思っている大切なことをたくさんきいていただいて、ほんとうに意義深い時間だった。



すばらしい一日にありがとう。





そして、久しぶりにひどい日焼けをした( ̄▽ ̄;)!!ガーン

赤白パンダみたい。



にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ


アフリカ(海外生活・情報)ランキングへ

 ↑ ★ 読まれましたらクリックをお願いいたします! ★ ↑

■オンラインショップ

 ☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.Rupurara Moonアフリカンビーズ&クラフト


■Twitter
africanwhaleをフォローしましょう

■Facebook Page
Facebook "Rupurara Moon African Beads and Crafts"


音楽を聴いて楽しむ心〜『ベリーダンサーのためのバレエ・エッセンス』【1】

 『ベリーダンサーのためのバレエ・エッセンス』のコース【1】が昨日開催されました。

ご参加くださった皆さま、ありがとうございました。

Balletessence_1


講師のあやこそ先生は、いつもわたしがコーヒー屋さんでお会いするとてもすてきな先生。

ほんとうにコツコツと長年バレエを続けてこられて、とても真剣で真面目な方。
エリートのバレエスクールでビシバシと厳しいレッスンを受けてこられたにもかかわらず、ご本人が大切にされているのは「楽しむ気持ち」。

柔らかい気持ちをもって、リラックスして、音楽をよく聴いて楽しむ心の大切さを教えてくれました。


ベリーダンスは、ダンス初心者でも入りやすい踊りですが、バレエのように厳密なポジションや姿勢から入るということが基本的にはあまりないので、難しい技術ができるようになっても、軸やポーズ、姿勢などのベーシックで悩む方が少なくないと思います。

(必ず1番や5番を通って足を出したりあげたりする、とかね)

バレリーナになるわけではなくても、ちょっとした意識や筋肉の使い方の違いで、動きは大きく変わるものですよね。


そして、今回集まってくださった受講生の皆様には、ベテランのベリーダンサーさんも多かったです。

バレエの動きが初めてで戸惑っておられた方もいらっしゃったかもしれませんが、最後には皆さまうつくしいポーズや動きをばっちりきめておられました。


盛りだくさんのコース内容をぎっしり3回に分けて詰め込んだまさに「エッセンス」なので、一気に学ぶのはちょっと大変かもしれませんが(もちろん、わたしも含め)、このコースを受講されて皆さんが優雅に舞台を舞ってくださる姿を観るのが楽しみでもあります。


IMG_1388


皆さまのリクエストを聞きながら、少しずつ内容もベリーダンサーさんにより役立つようにしていきたいと思います。

次は8/23(日)開催のコース【2】です


「踊ることの楽しさ」を大切にしていきたいですね。

次回もお待ちしております〜!

ありがとうございました。


IMG_1449



にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ


アフリカ(海外生活・情報)ランキングへ

 ↑ ★ 読まれましたらクリックをお願いいたします! ★ ↑

■オンラインショップ

 ☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.Rupurara Moonアフリカンビーズ&クラフト


■Twitter
africanwhaleをフォローしましょう

■Facebook Page
Facebook "Rupurara Moon African Beads and Crafts"


Rupurara Moon
アフリカンビーズ&クラフト






Rupurara Moonショップブログ




セロウェの夜明け、鳥の声を聴いた: 大学生、作家ベッシー・ヘッドに会いたくて、ボツワナへ行くことにした。
横山仁美
B01A4FSZXE



↑↑Kindle本出ました!!




Profile
facebook
Twitter
Archives
  • ライブドアブログ