『あふりかくじらの自由時間』

アフリカのこと
オンラインショップRupurara Moonのこと
アフリカビジネス、ソーシャルビジネス、コンサルティングのこと
ベリーダンスのこと などなど・・・。


■オンラインショップ『Rupurara Moonアフリカンビーズ&クラフト』
■メインサイト『あふりかくじらの自由時間』

2014年12月

ゆるやかにつながる3つの世界〜今年もありがとうございました。

あふりかくじら2014年のおまとめ


コンサルタントお仕事

コンサルタント仕事では、会社ではなくて個人で初めて国際機関の単発の評価仕事をお請けしたことがとても良い経験でした。

IMG_2193


↑資料のほんの一部。

2014年の年明けも年越し仕事から始まり、いまも年越し仕事ですけれど、コンサルタント仕事自体は大変だけれどとても勉強になって楽しんでいる感じはします。

もっともっと勉強することたくさんと反省しましたので、今年は本も一杯読んで勉強しておこう。

IMG_2839


ケニア出張も二度ありました。

IMG_3168 IMG_3165


Rupurara Moonのこと

今年はコンサルタント仕事のこともあって、ほんとうにスローペース。
新しい商品は仕入れていますが、また年明けに少しずつアップして行きたいと思います。

オンラインショップを初めてもう6年になりますが、どんどん大切なところに凝縮していくような感覚をおぼえています。とても幸せ

IMG_3140



踊りのこと

今月からダンサーネームAmeliaを使わせていただいております。今後とも精進して参りたいと思います

IMG_3969


発表会やいくつかのショーにも出演させていただきました
すてきな仲間たちと一緒で幸せ

たくさんワークショップも受けたことで、ずいぶん多くを学び進歩したような気がします。

シャーダナのオリエンタルタンゴ。
ソニアのフラメンコアラベ etc....

IMG_3338

IMG_2294
IMG_2287
IMG_2692
IMG_2696
IMG_4016



それから。

家族のこと。

今年いちばんの幸せは、いちばん下の弟の子どもが生まれたこと
両親の幸せそうな顔に涙でました。
わたしにとって初めての姪っ子です

IMG_3412


そして、その弟が漫画家デビューをして単行本が出版され、連載が始まったこと!

(連載は、「コミックビーム」の『変身!』です)

IMG_3239


4047299103白い狸 横山旬作品集 (ビームコミックス)
横山旬
KADOKAWA/エンターブレイン 2014-08-25

by G-Tools




何よりも健康で生きていることの幸せ。

たくさんのひとに心から感謝です。


皆様の新しい年が、実り多き幸せな一年になりますよう


いつもありがとうございます



     あふりかくじら 拝



にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ



 ↑ ★ 読まれましたらクリックをお願いいたします! ★ ↑

■オンラインショップ

 ☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.Rupurara Moonアフリカンビーズ&クラフト


■Twitter
africanwhaleをフォローしましょう

■Facebook Page
Facebook "Rupurara Moon African Beads and Crafts"

自分軸と自分戦略。『冒険に出よう』


安藤美冬さんの『冒険に出よう』。
2年ほど前の話題の本だけれど、なんとなく手に取って読んでみた。

自分のマインドがごちゃごちゃになってきて、ものごとがうまく回らなくなったときに読む本というのが、わりと年下の活躍する女性の本になってきた気がする。



4799311832冒険に出よう (U25サバイバル・マニュアル) (U25 SURVIVAL MANUAL SERIES)
安藤 美冬
ディスカヴァー・トゥエンティワン 2012-11-29

by G-Tools



著者は7年勤めた会社を辞め30歳で独立。

その自分の人生に対するひたむきさ、まっすぐさ、パワーには元気づけられた。

ここでいう「冒険」とは無謀になるということではないし、さっさと会社を辞めるっていうことでももちろんない。
彼女が、若いなりの自分で得てきた人生戦略が、第1章から第5章まで項目別に書かれている。

若いなーと思うものもあったけど、わたしもやってみようかなと思うこともたくさんあってよかった。


ちょうど一年の終わりの今日ですもの、明日からまたフレッシュな生き方をしてみよう。


印象に残ったところ:


ルールや目標は決めるけれど、その時々で柔軟に対応すること。
「しなやかさ」が大事なのだと思います。「変わりたい」と思っているときほど、あえていつものルールを破ってみたり、自分で敷いたレールをはみ出る選択をしてみる。

人生は選択の連続です。
転職や独立するといったような大きな岐路だけでなく、何を食べるのか、誰と会うのか、どの本を読むのか、といったように、私たちは常に「何を選び、何を選ばないか」を決断しています。
そのとき、意図的に「別のカード」を切ってみる。つまりいつもと違う選択をしてみるのです。


(中略)

時にはしなやかに、自分のルールや敷いたレールからはみ出す。



仕事もいろいろと迷うことがおおくて、これからのキャリアをどうしたものかといつもいつも悩み続けているような気がする。


けれど、最近こんな風に思う。


「四十にして惑わず」っていうけれど、その「惑わず」というのは、これまできっちり自分の生きる道が定まることだと思っていた。

開発コンサルタントなら、こういうコンサルタントとしてこのような仕事をこなしてという一本の具体的で確固とした道筋みたいなもののことを漠然と想像していて、そんなもの定まらないわ!と常々思っていた。


でも、三十代もあと二年を切り、いよいよその「四十」とやらが目前に迫っているこの年齢になって、惑わない「自分軸」みたいなものはずいぶんできてきたように感じる。


具体的なキャリアという意味では、これといって具体的に定まっているわけではないのだけれど、一方で、何かこうぶれない「軸」というものや、「自分の意志」、つまりやりたいこと、好きなこと、自分自身のフィロソフィみたいなものが、これまでのキャリアやプライベートでの経験を通じて構築されているという感覚。

そういう意味で、惑いはあっても、本当の意味の「焦り」はないのかもしれない。


具体的にどういうキャリアをきっちりと歩む!というような明確で詳細なものは別に定まっていなくても、その自分軸や自分のハートの部分をきっちりともって、「しなやかに」動いていけること。
新しい展開があっても、好奇心をもち、いい意味の自信をもって取り組んでいけること。


そういうのが三十代の成果になっているのかもしれない。


そしてこういうことが、もしかしたら昔の人のいう「四十にして惑わず」なのかも。


なんてことを思った。


さあ、来年はどういう年になるか。


今からワクワクしている。



にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ



 ↑ ★ 読まれましたらクリックをお願いいたします! ★ ↑

■オンラインショップ

 ☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.Rupurara Moonアフリカンビーズ&クラフト


■Twitter
africanwhaleをフォローしましょう

■Facebook Page
Facebook "Rupurara Moon African Beads and Crafts"

まろやかな梅酒とまろやかな年末時間。

忘年会での演目も終わり、ちょこっとだけお友だちと今年ワークショップで習った次の課題を練習

とても難しい振付なのですが、難関だったコンビネーションの謎が解決して二人で大喜びしました






誰かと一緒に練習しているって良いものです。


IMG_4026



そして、先日福引で引き当てたお食事券が大活躍

なんて贅沢なのでしょう

10891446_754988081247396_4982387994560734013_n


よくわからないけれど、いろいろと感謝です

健康で生きていることとか練習できることとか、お友だちとか、美味しいものとか。

どうもありがとう。


IMG_4033


今年初めてつけた梅酒も、とうとういただきました。

IMG_4034


深い香り、深い味。
ほんとうに贅沢で心満たされる梅酒です。
お酒ってこんなにおいしかったのかなって思ったくらいです。


昔の動画なんかを一緒に観たり、たくさん語り合ったり。
楽しい時間を過ごしました。


年の瀬ゆったり。






さて。

でも大掃除の残りをきちんと終わらせなくては。


そして、コンサルタントの方は年越し仕事です。
大変だけど、少しずつなんとか進めたいな。


今日は、午後からずっとパソコンに向かって仕事をしておりますが、ちょっと効率が落ちてきたし、日も落ちたので少しお掃除の続きと読書の続きをしようかな


今年も、今夜と明日でおしまいですね。


最後にきらりと輝く2014年の締めくくりをお過ごしくださいませ



にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ



 ↑ ★ 読まれましたらクリックをお願いいたします! ★ ↑

■オンラインショップ

 ☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.Rupurara Moonアフリカンビーズ&クラフト


■Twitter
africanwhaleをフォローしましょう

■Facebook Page
Facebook "Rupurara Moon African Beads and Crafts"

今年の踊り納め。

土曜日はスタジオ忘年会。


今年は、昨年作ったファンベールを使ったフュージョン振付を一曲、ここ数年ずっと一緒に踊ってきたいつもの仲間と踊りました。








ひとりで踊ることも、仲間と踊る群舞も、とても好き。



とくに、一緒にひとつのものを作り上げていくということからは、学びも感動もたくさん生まれます。

今年もたくさん踊れて幸せ


IMG_4014

10411052_759528520806684_3718096285472948058_n



芸事って、つらいこと苦しいことたくさんあってこの上ないほど気持ちがへこんだりするけれど、それを乗り越えて気づいたら成長していて、またひとつ先に進める。

そして、「本番」という動かせない区切りがやってくるということ。


そこにある達成感、ことばで言い表せない幸福感、そして終わった途端に意識がもっともっと上の方に向いているというエンドレス感。

そういうものがたまらないんだと思う。



だから何年も飽くことなく続けているのかもしれないなぁと思ったり。




IMG_4013



来年に向けての自分なりの課題として、ソロで思いを込めて踊りたいものがいくつかあります。


それと同時に、こうして一緒に誰かと踊っていくことも大切にしたいなと思います。
群舞の振付も作っていきたい。



今年一年、一緒に思いをシェアしてくれたスタジオのみんなに感謝です



★忘年会のことは、スタジオブログ「みんなのヘルワ」に書いています★


にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ



 ↑ ★ 読まれましたらクリックをお願いいたします! ★ ↑

■オンラインショップ

 ☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.Rupurara Moonアフリカンビーズ&クラフト


■Twitter
africanwhaleをフォローしましょう

■Facebook Page
Facebook "Rupurara Moon African Beads and Crafts"

心をリセットするお掃除と本。

お仕事は、納まりましたか。

わたしは年末年始関係なくコンサル仕事作業ですけれど、心をリセットし、落ち込んだ分を徐々に回復させていくために。

やっていること。



その1:

お掃除!

何年も使っていない心の重荷になっているもの、片付けられていないものをがつんと処理。
気になることは、ほぼすべて手を付けようと思ってます。

今回はね、本気です!

ドミニックさんの本に習って心も気持ちもリセット







その2:

仕事でも生き方でも、なんだか見失っている気がして不安で、どうしてもたくさんたくさん本が読みたくて、気づいたら図書館の予約上限数に達し、amazonでも何冊か買ってしまいました。

仕事関係の小難しい本から、軽い読み物系までものすごく幅広く。
(あ、フィクションはないかも)


読むの遅いくせに、次から次へと直感のままに図書館で借りております。
雑誌も少し買いました。

いつも、何らかのヒントや元気を与えてくれるのは、だれかの言葉だから。




↓そしてもちろんこれも。

「限りなく少なく」豊かに生きる
ドミニック・ローホー 原 秋子
4062183021



それから・・・・



おいしいもの!!








今日で仕事納めの方も多いのでしょうか。

ゆるりとお過ごしくださいませ。



にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ



 ↑ ★ 読まれましたらクリックをお願いいたします! ★ ↑

■オンラインショップ

 ☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.Rupurara Moonアフリカンビーズ&クラフト


■Twitter
africanwhaleをフォローしましょう

■Facebook Page
Facebook "Rupurara Moon African Beads and Crafts"

優しさと厳しさ、気がつけばメンター。

わたしのこれまでの人生の中で、たくさんの教えをくださったり、気づきをくださったり、温かく見守ってくださったりした方々がいる。


キャリアでなかなか思うようにいかず、心が荒れていた時期も、優しく接してくださったすばらしい方がどれだけいただろうとつくづく思う。


振り返れば、そのほとんどは、わたしの愚かな仕事上のミスや、考えの甘さ、思い上がりや努力不足に厳しい言葉を浴びせるでも責めるなく、ただ見守ってくれたひとだったと思う。


数年前、某部署を去ったとき、ある方がくださったメッセージカードのことばが、いつも心に残っている。


「これまでは業務を通じて(わたしを)育成する、鍛えるという意識はありませんでした。10のレベルを期待して結果が3でもそれ以上のことは求めませんでした。これからは期待される成果をきちんと出すことが求められますので、気持ちを新たにがんばってください。期待しています」



ほんとうは、優しさとは厳しさだ。


自分でもがき、失敗し、挑戦して変わっていかなくてはならないのだから、ほんとうにそのような気持ちで見守ってくださった方がいることに気づくと、涙が出そうになる。
自分の足りなさと、相手の寛容さと。



いま、あれから数年が経ち、仕事でもプライベートでもいろんな激しい波を経てわたしは成長したと思うけど、それでもやっぱり昔と同じような弱さ、甘さ、努力不足や不器用さ(こればっかりは克服が難しいから工夫が必要だけど)といった悪い面が露呈されることがある。



そして。

偶然。




この言葉をくださった方とは、いままさにお仕事関係で別の立場でお会いすることとなった。
こんどは、わたしがきっちりと「評価」される立場だ。


そして図らずしもわたしは、自分の努力不足もあって期待値に遠く及ばない中間成果しか出せなかった。



その方は今度は、厳しい言葉を口にした。

でもそれは、ほんとうにほんとうに正しくもっともな指摘であったので、ストレートに歯に衣を着せず、一ミリの「嫌味」や「責め」も言葉に乗せず、ありのままを強くいえるその方が、(怒られているのに)ほんとうにありがたくうれしく思えた。
とても心に響いた。


やっぱりこの人は、ほんとうに優しく、ほんとうに厳しく、曲がっていないのだと思った。

そんなひとの期待に応えることができなかった自分を思うと、とてもつらい気持ちになる。


少しずつ、少しずつ。でも熱を込めて。


メンタルな重さやいろんな「心を乱すもの」があっても、わたしはいま与えられた仕事を、期待以上の成果を目指してできるだけの力を注いで取り組んでいくしかないのだなぁと思っている。


いま、少しつらいのだけれど、徐々に回復しながら・・・。






そしてその方はまた、異動されてしまった。


どこへ行かれたのかは知らないのだけれど、きっとまた会えると思う。


その時には、10ではなくて15くらいの成果を見せられたらいいと思う。





IMG_3999




にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ



 ↑ ★ 読まれましたらクリックをお願いいたします! ★ ↑

■オンラインショップ

 ☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.Rupurara Moonアフリカンビーズ&クラフト


■Twitter
africanwhaleをフォローしましょう

■Facebook Page
Facebook "Rupurara Moon African Beads and Crafts"

良いクリスマスを…。

街がきらびやかなうつくしい季節ですね。

このところほんとうに仕事がうまくいっていなくて、今日はわりと泣きそうだったんでもちろんクリスマスイブどころじゃないのですけれど、思い直してダンスのレッスンに行きました。

(クリスマスは両親のところへ行きたいのはやまやまなんですが、今年はごめんなさい)

有楽町を急ぎ足であるいていたら、とてもとてもラグジュアリーでうつくしいお店にふと引き寄せられました。

もちろん、パティスリー・サダハル・アオキ。

ああ。

なんて、かわいらしくてうつくしいマカロンなのでしょう


こんな素敵なお店、クリスマスイブなんて行列中に決まっているのだけれど、何かひとつすてきなものがクリスマスにほしいと思い、大好きなスタジオっ子たちにきらきらを分けたいなあと思って思わず行列に並んでしまいました。(そしたらレッスン遅刻した)


ささやかなクリスマスだけれど、持って行ったマカロンでみんなのクリスマスイブが少しだけきらっと彩られたらうれしいなと思って。

(ちなみに、持って行った数で、先生と今日きていた生徒の数を合わせてぴったり


とくに何にもない夜ですけれど、なんだかスタジオの空気に浸って幸せ

一年の終わり、とくに冬の季節ってどんどん大切なものが凝縮されて、忙しい中にも心は静かだったりするなぁと思いつつ。



『ラブアクチュアリー』でも観てちょっとスパークリングワインでもいただこうかしら


この地球のどこかに、大好きなひとがいるって、幸せだなぁ。



静かな愛あふれるクリスマスになりますよう。



IMG_3995






にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ



 ↑ ★ 読まれましたらクリックをお願いいたします! ★ ↑

■オンラインショップ

 ☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.Rupurara Moonアフリカンビーズ&クラフト


■Twitter
africanwhaleをフォローしましょう

■Facebook Page
Facebook "Rupurara Moon African Beads and Crafts"

整える。

空気が冷えていく季節ですね。
お日様が温かくて幸せです





お部屋でソファカバーとして使っているアフリカンプリントや、バングラデシュのストールやマリメッコ、インド綿のマットなどを一気にお洗濯して気分がいいです


昨日の続きみたいですけれど、気づかないうちにストレスの原因になっているのは、大きな出来事などではなく、お掃除ができていないところとか、乱れているお部屋が重荷になっているっていうことなのかもしれません。


そういえば、アフリカの農村では、女性がいつも箒をつかってきれいに家や敷地を掃き清めていました。


とても気持ちの良い空間を作っているんですね。
電気も水もなくても、こんな生活を整えているんです。お野菜は美味しかったなぁ。

もちろん、大変な生活ではあるのですが、心は健康な気がしました。


chaku038 chaku033


chaku045mutoko059


mutoko065



今日は、エジプトで生地を選んでオーダーメイドをしたお気に入りの衣装の石をちょっとだけ取り付け直し。
とてもスペシャルな衣装なので、大切に使っていきたいものです。

ものも生活も、メンテナンスが大切ですね







にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ



 ↑ ★ 読まれましたらクリックをお願いいたします! ★ ↑

■オンラインショップ

 ☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.Rupurara Moonアフリカンビーズ&クラフト


■Twitter
africanwhaleをフォローしましょう

■Facebook Page
Facebook "Rupurara Moon African Beads and Crafts"

年末ですもの、こころのお掃除。『部屋とこころのシンプルな掃除』ドミニック・ローホー。

大掃除の季節ですね。
どのようにピカピカにするか計画妄想ばかりでにやにやしているあふりかくじらです。


世間では断捨離だとかなんだとか言われていますが、根っこにあるものはとても似ているような気がします。

シンプルに生きることなんですね。
「断捨離」っていうのは自分軸で生きるための「ツール」であって、それ自体独立したものではないと思います。


シンプルに生きるといえば、フランスのドミニック・ローホーさんです。
彼女のご著書に、お掃除のことを丁寧にまとめた一冊があるのをご存知です?

部屋とこころのシンプルな掃除
ドミニック・ローホー
4344021010


いつもドラッグストアの棚に並ぶカラフルな洗剤たちを見ていて思うのですけれど、日本ほど事細かな用途別の洗剤や薬品類、お掃除道具や便利グッズにあふれた国ってないのではないかしら。
うまいビジネスです。
「それ」がないとだめなのでは、っていう気にさせますね。




でも。



洗剤でも、それぞれ用途によって少しは内容が違うのかもしれませんが、たいていはシンプルなもので事足りる
のではないでしょうか。


ドミニックさんの本だと、「重曹」はもちろん、「サボンノワール・リキッド」と「ホワイトビネガー」、そこに少しだけエッセンシャルオイルを垂らすというシンプルなもの。

聞いているだけでなんだかとても気持ちがよいです


この方の本では、お掃除の道具ややり方について細かく提案しているということではなく、「掃除を習慣にする幸せ」や「シンプルで幸せにこころ豊かに生きること」が書かれているという点で、ほんとうにこころにしみます。

(この方は禅の思想にも明るく、ストイックな生活をされている方でもあります)



「シンプルに生きる」というとても大切なことに気づかせてくれ、わたしの生き方をまるっきり変えてくれたもののひとつに間違いないのがドミニック・ローホーさんのご著書です

もともとは、つまみ食いみたいに本を読む母から読み終わったものをもらったのでしたが、数年前はほんとうに気持ちがぼろぼろで仕事もプライベートもきつい時期でしたので、ほんとうにこの人の本には救われました


ただ、日本でとても売れてしまってたくさんたくさんご著書が複数の出版社から出されてしまい、なんだか「シンプル」ではなくなったような気もしますが、やっぱり彼女の言葉はすてきなので、結局わたしの自宅の本棚には「シンプルコーナー」が設けられております。




IMG_3987



どれも愛すべき本です
彼女のおかげでどれだけ幸せになったことでしょう




シンプルに暮らす
シンプルに暮らすドミニック・ローホー 笹根 由恵

中経出版 2011-04-26
売り上げランキング : 218079

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
シンプルを極める ゆたかな人生が始まる シンプルリスト シンプルに生きる―変哲のないものに喜びをみつけ、味わう 99の持ちもので、シンプルに心かるく生きる 部屋とこころのシンプルな掃除



にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ



 ↑ ★ 読まれましたらクリックをお願いいたします! ★ ↑

■オンラインショップ

 ☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.Rupurara Moonアフリカンビーズ&クラフト


■Twitter
africanwhaleをフォローしましょう

■Facebook Page
Facebook "Rupurara Moon African Beads and Crafts"


エシカルジュエリーのHASUNA『世界といっしょに輝く』

少し前の本だけど読んでみた。


お店を出店されるずいぶん前に、何かの講演会で初めてこの方のお話を伺った記憶がある。


日本で初めてのエシカルジュエリー。

宝石って、本当にどこから来たのかわからないし、どんな搾取が行われているのか闇取引されているのかどうかもなかなかわからない。

そんななかで、このチャレンジはほんとうにすばらしいと思う。

ご本人のまっすぐな意志と心、宝石のようにうつくしいことばがとても心に響く。


わたしよりすこし若いけど、こんな素敵な方からはほんとに学ぶことが多いなと思う。


わたしも、いろんなことに心を注いでいるけれど、信念をもってぶれない自分軸を大切に楽しんでいきたいなあ。


きれいな気持ちにさせてくれるほんとうにすてきな本でした


2014-12-11-18-14-57













4904292375世界と、いっしょに輝く―エシカルジュエリーブランドHASUNAの仕事
白木夏子 生駒尚美 川口恵子
ナナロク社 2013-02-13

by G-Tools




にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ



 ↑ ★ 読まれましたらクリックをお願いいたします! ★ ↑

■オンラインショップ

 ☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.Rupurara Moonアフリカンビーズ&クラフト


■Twitter
africanwhaleをフォローしましょう

■Facebook Page
Facebook "Rupurara Moon African Beads and Crafts"

温かい皆様に囲まれまして。

Amelia活動?第一弾。 (←注:ダンサーネーム)

レストランショーは忘年会シーズンもあってほぼ満席の中。



IMG_3982



いつもお世話になっている整体師の先生が来てくださったり。
「カラダファクトリー」ですよ、みなさん)

なんとスタッフの皆さんのあたたかな集合写真のついたバースデーカードとお花をいただきました。


IMG_3960



↓この方は以前のお仕事でとてもとてもお世話になった方。
厳しくて有名で、たぶんちょっと恐れられているんですけれど、とても重要なお仕事をされていたりしますが、お茶目なおじさんでもあります。

ときどきお食事ご一緒しながらとりとめもなくお話して、たくさんのことを教わりました。
わたしが仕事を変わっても、いつもたくさん教えてくださるほんとうにありがたい存在です

IMG_3978



八百コーヒーのケンさん(右)
わたくしの弟1。(漫画家のほうではなくてミュージシャンのほうです)(左)
ダンス仲間のビューティフルガール洋子。

IMG_3965


IMG_3974


そして愛すべきベリーダンスヘルワの仲間

IMG_3966




ありがとう

IMG_3967


ございました

IMG_3976


お花もスタジオの仲間のお花屋さんから

IMG_3980
IMG_3981


にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ



 ↑ ★ 読まれましたらクリックを! ★ ↑

■オンラインショップ

 ☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.Rupurara Moonアフリカンビーズ&クラフト


■Twitter
africanwhaleをフォローしましょう

■Facebook Page
Facebook "Rupurara Moon African Beads and Crafts"

ジンバブエでとうとうコインが導入された!

ジンバブエ中央銀行が、とうとう昨日(12月18日)から輸入された「コイン」を使用すると発表したようす。

いよいよ、コインだ!
ひとまず1c、5c、10c、25cだそうで、50cは後ほど導入されるのだとか。


zimcoinsbond



ハイパーインフレの苦しい時代を経てマルチカレンシー制に移行して久しいジンバブエ。
100兆ジンバブエドルの時代は過ぎ、2009年2月からは米ドル中心に南アフリカランドも使われる経済となってひとまずの「安定」を得て来た。


zim-dollar


↑米ドル導入前のジンバブエドルのハイパーインフレ時代はいつもこんな感じだった。


でも、米ドルが導入されてもコインは使われていなかったので最小紙幣は「1ドル」。
しかも中央銀行が発行できないので、どんどん汚くなって一ドル札なんてしっとりソフトな古文書みたいになっていたりする
(靴の中にお金を隠し持っている人とかいるんじゃないかなと想像すると、なかなか触るのに勇気がいる)


お買い物をするにも何にも、国民はいつもお釣りに困っていた。

スーパーでのお買い物に、お釣りの代わりにキャンディをくれるとか、トマトをあともう一つ買うとか、または次回割引クーポンとして使えるレシートをもらえるという形でなんとかやりくりしてきた。

ほんとうに我慢強い国民だと思う・・・。


コインの導入で、一時は国民の生活がとても便利になるかもしれない。


でも、結局のところ議論は「いつジンバブエドルを再導入するか」というところに戻ってくるんだろうなと思う。

やっぱり、米ドルやランドを使っている状態に変わりはないから、いずれはちゃんと経済を立て直さなくてはならないんだろうな。


このコイン導入が果たしてどんな影響をもたらすのか。

注目したい。


coins



Zimbabwe: Bond Coins Start Circulating Today - Move to Ease Small Change Woes - RBZ Allays Fears of Zimdollar Return

Zimbabwe coin, change crisis ends

RBZ bond coins: Possible scenarios



にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ



 ↑ ★ 読まれましたらクリックを! ★ ↑

■オンラインショップ

 ☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.Rupurara Moonアフリカンビーズ&クラフト


■Twitter
africanwhaleをフォローしましょう

■Facebook Page
Facebook "Rupurara Moon African Beads and Crafts"

八百コーヒー。

今日は、実を言うとコンサル仕事をしている会社の忘年会だったのですが。


呑み会というやつがとても苦手で・・・。
いろいろ思うこともあり、こっそり帰ってきてしまいましたすいません。








ご近所の八百コーヒーさんがいちばん癒される。


今日は、自由の森学園についての話や、型にはまりがちな日本のファッションの話(高校生の頃どれだけファッションで冒険したかという話)などなどなど、とりとめのないことを話ました。



いつも常連さんや新しい方にお目にかかって、たくさん良い刺激になる。

意識が正常に温かくちょうどよい感じになる感触です。


コーヒー美味しいですよ。
ロールケーキ、世界一です。(当社調べ


でも、今日はご自慢のチャイにしました。
すごくおいしい。・゚・(ノД`)



ちなみに、「はっぴゃくこーひー」と読みますよ。








わざわざ電車に乗ってでも来たほうがいいお店かもしれませんよ





===


ところで明日(19日金曜日)はこちらです。

忘年会を兼ねておいしいモロッコ料理をぜひ。


flier




にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ



 ↑ ★ 読まれましたらクリックを! ★ ↑

■オンラインショップ

 ☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.Rupurara Moonアフリカンビーズ&クラフト


■Twitter
africanwhaleをフォローしましょう

■Facebook Page
Facebook "Rrupurara Moon African Beads and Crafts"

【kiva日記】ケニアのお針子さん。

なんとなく、昨日のお話の続きのようなそうでもないようなことですが、忘れたころにいつもKivaのローンに協力しています。


これは「寄付」ではありません。

お金を「貸す」のです。


マイクロローンです

あまり深いことを考えず、なんとなくアフリカの女性で、いいなぁと思ったらそのひとにお金を貸します。

貸すって言っても一口25ドル+手数料だけですので小さな小さな協力です。


でも世界中のたくさんの小さなビジネスをされている方がおられるので、見ているだけでもいろいろ学びはあります。


女性のリテーラーでは、どこかから古着や食材、日用品などを買い集めてきて地元の小さなキオスクで売るっていうタイプの人が多いですね。


なんとなくわたしは、ご自分で仕立てをやっている方なんかを選んで毎回支援したりしてます。

今回は、ケニアのお針子?仕立て屋さんの女性。

Roseさん。

1749576



興味あったら見てみてくださいな。


Kiva (日本語サイト)



でも、マイクロローンって、本来、小規模起業家だけのためではないんだよね。
小さな資金でビジネスをスタートして成長した!

なんて。

そんなストーリーを期待しがちだけれど、ビジネスマインドやセンスって、万人に備わっているわけではないからね、とも思う。


「支援」や「貢献」って、ほんと複雑。
気軽に入っていい世界ではないかもしれないし、気楽に考えたほうがいい面もあるけれどね。





にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ



 ↑ ★ 読まれましたらクリックを! ★ ↑

■オンラインショップ

 ☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.Rupurara Moonアフリカンビーズ&クラフト


■Twitter
africanwhaleをフォローしましょう

■Facebook Page
Facebook "Rrupurara Moon African Beads and Crafts"

ブログと寄付と政治性?

ブログもSNSもそうなんですけれど、普段、あんまり政治的なことは書かないようにしているのですけれど、選挙もひとまず終わったので、少しだけ思ったことを。


わたしが子どものころから、両親はポリティカルなことを口にせず、たとえ家族であってもだれに投票するかなんて口にしないものだ、というスタンスでした。

家で、政治に関する話もなんとなく避けられている空気にありました。

ただ黙って一緒に投票に行く両親。
誰に投票するのと幼心に訊いた(記憶がある、たぶん)わたしに、それは言わないものだよと母が言ったように思います。
わたしは、そういうものなのだと思って生きてきました。



まあ、それはわたしの育った家の話です。
よそでは違うかもしれませんね。


でも、政治的なことを口にすることによって、いろいろとあんまりよくない空気になったり、相手のことを否定するひとがいたり、意見の違いから関係がちょこっとギクシャクしたりということも大人になるにつれ経験したし、とくにウェブで発信するようになった15年くらい前からは、なるべくそういうところでの議論は避けるべきだということも学んできました。
(激しい意見で盛り上がっちゃうひとがいるものなのでね)


選挙のことだけでないけれど、ポリティカルなことに触れることで、変な議論を呼んでしまったりするのは嫌なのです。それは意図していないから。


でも、ネットでポリティカルな面をプロモーションしたり、選挙に行こう!と言ったりするひとたちのことは、それはそれでよいんじゃないかなとは思っています。
ツールの使い方ですから。


ただ、ちょっと慎重になってしまう私は、自分が支持している政治家や政党のことなども、感想程度に述べることはありますが、他の考え方を非難してまでウェブで述べたりはしていないだけなんです。






寄付とかチャリティみたいなものでも、ちょっと似ているかなと思っています。

すごくセンシティブなことですし、誰かを支援するのは非常にプライベートなことなのだとわたしは感じています。
(そう思わない方を否定するわけではないので、念のため)


最近ご紹介したジンバブエのプロジェクトのように、自分の心に響いたものについてわたしは感想を述べますが、誰かに対して支援を勧めたりはしません。

でも、わたしの感想を読んで共感してくれたなら、支援してくれたらうれしいとは思っていますけれど、誰それさんにお願いされたから(お勧めされたから)ひとつ支援しよう、というのは自分としてはしっくりこない形なので。





たとえばfacebookのポリティカルな投稿をたくさんされる方は、それはそれで社会的ムーブメントを起こすために意味のあることとは思いますが、少しだけ慎重になっているわたしはあんまりそういうものに「いいね」をしません。


まあ、ほんとうに選挙に関心がなくて「いいね」をしないひともいるかもしれませんが、かならずしもそういうひとばかりではなくて、わたしのようにあえて「いいね」はしていない場合もあることもちょっと知ってほしいかなと。

選挙への若者の無関心が言われますし、「女性」「若い」(まあ、わたしが若い範疇かどうかはともかく)というだけで「政治には無関心」というような解釈をなさる方も少なくないので、それはそれでハラスメントに近いんじゃないかと感じてますけれど。

わたしのブログに選挙のことが書かれていないので、あふりかくじらは政治に関心がないと思われては何ですので、いちおうそういう気持ちでいることも書いておきます


けっこう盛り上がって自分の意見を書いちゃうひともいますが、書き方には気を付けたほうがいいかもしれませんね。
他人を蔑むようなあんまりきれいでない言葉をまれに見かけますが、気持ちの良いものではないです。

健全な政治性を持ちたいものだなぁと思っています。




にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ



 ↑ ★ 読まれましたらクリックを! ★ ↑

■オンラインショップ

 ☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.Rupurara Moonアフリカンビーズ&クラフト


■Twitter
africanwhaleをフォローしましょう

■Facebook Page
Facebook "Rrupurara Moon African Beads and Crafts"

新しいチャレンジを期待。

こちらの記事に書かせていただいたクラウドファンディングReady for?のプロジェクト。


最後の数日間で一気に20人以上の支援を獲得したけれど、タイムリミットには間に合わなかったみたい。


それでも、これだけの賛同者がいるってすばらしいことですね


このクラウドファンディングでは残念だったけれど、たくさんのひとの気持ちを受けて、夢の実現までがんばっていただきたいですね。


ジンバブエに帰りたくなりました



Rupurara Moonも皆さんにジンバブエをはじめとしたアフリカのすてきなプロダクツと幸せをお届けしていきたいなぁ。



IMG_2571



にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ



 ↑ ★ 読まれましたらクリックを! ★ ↑

■オンラインショップ

 ☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.Rupurara Moonアフリカンビーズ&クラフト


■Twitter
africanwhaleをフォローしましょう

■Facebook Page
Facebook "Rrupurara Moon African Beads and Crafts"

今週の金曜日は西麻布。

最近、とても大変なことがたくさん重なって気持ちがすごくダウンしているけれど、同時にいろんな人が見守ってくれていることとか、とても温かな気持ちでいてくれることとか、いろいろと感じて泣きそうになるこの頃です。

少しずつ受け止め、少しずつ回復し、仕切りなおして新しい気持ちでやっていきたいですね。



10847870_677251772388698_3651635925683039104_n


週末には、スタジオの仲間にお誕生日を祝っていただきました。
なんてありがたく。もったいなきことです。

平和。幸せ。

↑うれしかったので写真


そして、今週金曜日は忘年会を兼ねてぜひいらしてください。

レストランショーがあります



Belly Dance Show
12月19日(金)20:00〜
ルマグレブシャンデリア
TEL 03-3478-1270
日比谷線・大江戸線 六本木駅 徒歩6分
日比谷線 広尾駅  徒歩7分
千代田線 乃木坂駅 徒歩8分
西麻布交差点からすぐ。六本木通りを六本木方面に向かってすぐの左側1階。

flier



ちなみに、わたくしの通っておりますスタジオは、Belly Dance Helwaです。
(リンクも右カラムに貼っています)
ベリーダンスに関心のある方、ぜひのぞいてみてくださいね



にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ



 ↑ ★ 読まれましたらクリックを! ★ ↑

■オンラインショップ

 ☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.Rupurara Moonアフリカンビーズ&クラフト


■Twitter
africanwhaleをフォローしましょう

■Facebook Page
Facebook "Rrupurara Moon African Beads and Crafts"

Ameliaのこと。

今までなかなかきっかけがつかめなかったけれど、ダンサーネームをつけるならこれと決めていました。

Amelia(アメリア)という名前。


もしかしたらわかる方もおられるかもしれませんが、私あふりかくじらが大学生の頃に出会い(いや、会っていないけど、正確にはその著書と出会い)、それ以来18年近くにわたってライフワークとして追いかけている南アフリカ出身の作家「ベッシー・ヘッド」。


彼女自身は1986年に肝炎でボツワナのセロウェ村で亡くなっているのですが、彼女の作品は世界中でいまでも愛されています。

subject (1)



彼女の文章に魅せられて、大学生のときに初めて訪れた国がボツワナでした。

セロウェ村での時間は、ほんとうに貴重なものだった。二ヶ月ほど、彼女の生まれた南アやボツワナで過ごし、セロウェの博物館に保存されている膨大な資料(出版されていない書簡などがほとんど)を手に取った感動は忘れられない。


その美しい作品を、わたし自身の日本語で日本に紹介したくて、協力してくださる出版社をもう十数年にわたって探し続けております。

IMG_4440 BHEinred



彼女の名前は、Bessie Amelia Emery(ベッシー・アメリア・エメリー)。
(Headは結婚した旦那さんの姓)


直接会ったことはないけれど、わたしの人生にとってものすごく大切なひとなので、そのお名前をいただきたいと思っていました。

bessie-head-1-sized



ダンサーとしての自分、コンサルタントとしての自分、オンラインショップを開いている自分。

それぞれ、根本のところでつながっています。

だから、それらすべてを大切に、これからも生きていきたいと思っています。


shopbanner20141202




IMG_3939



というわけで、今日はあふりかくじらのお誕生日です。

穏やかな土曜日で(ほんとうは仕事に火がついているけど!!)、レッスンに出て、お誕生日の近いダンスの師匠とささやかにお茶をして二人のお誕生日を祝いました


(何をお話ししたかは秘密です




そうそう。

余談ですが、Ameliaという名前で有名なひとといえば、女性として初めて大西洋単独横断飛行をしたアメリア・イアハートという方がいますね。(映画見ていないけど)

amelia_banner_newsize



とてもかっこいい女性で憧れます。

でも、彼女は1937年7月2日に遭難しています。

そして、1937年7月6日に、Bessie Amelia Emeryが南アフリカの精神病院で生まれています。
お母さんは、Bessie Amelia。同じ名前です。

なんとなく、つながりを感じるような。

1937年は、少し気になる年です。



にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ



 ↑ ★ 読まれましたらクリックを! ★ ↑

■オンラインショップ

 ☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.Rupurara Moonアフリカンビーズ&クラフト


■Twitter
africanwhaleをフォローしましょう

■Facebook Page
Facebook "Rrupurara Moon African Beads and Crafts"

ジンバブエ孤児のためのケアハウス。(Ready for?)

この計画は心に留まったので、紹介させていただこうと思います。



ジンバブエ貧困地区の子供たちに安定した食事とシェルターを!



青年海外協力隊の方でハラレのポリテクで建築を教えている方のReady for?(クラウドファンディング)プロジェクト。

孤児のためのケアハウス兼シェルターを作り、現地の方が運営されるのだそうです。

わたしのショップRupurara Moonとしても、孤児を支援する団体からクラフトを仕入れたりしたこともあったのですが(ちなみに、今はしていません。なかなか持続性に欠けることもあり、品質の面からもたぶん取引相手は限定的になると思うので、途絶えた後は新しく開拓していません)、エイズ孤児をはじめとした孤児支援のプロジェクトはたくさんある。

それくらいニーズが高いのだと思います。



志の高い意欲あふれる善良な協力隊の方が新しくプロジェクトを始めるっていうケースはとてもとても多いのですけれど、「う〜ん微妙・・・」と思ってしまうようなものが少なくない中、とくに決定的な何かがあるというわけではないのですが、この方の、「現地の人主体でやろうとしているところ」「アカウンタビリティ」「建築家としての専門性」「建築家としてだけでなく教育者としての立場」その他、真摯な態度なところ(自分のプライドが先走ってしまう若者が多い中、とても丁寧で相手をリスペクトしている印象を受けました)になんとなく共感したので、ほんの微力ながら支援させていただき、紹介させていただこうと思いました


ちなみに、ブログをやっているとジンバブエをはじめとしたいろんな国を対象に支援プロジェクトを計画しているひとたちから、ブログで紹介してくれと言われることもたまーにあるのですが、わりとお断りしています。


特定の団体に肩入れすることを頑なに拒否しているということではなく、がっつりしたポリシーがあるわけではないんですが、なんとなく心に響いたらブログにも書きます。


基本的に、ものをあげるというプロジェクトにはとても懐疑的だけれど(もちろん否定しているわけではありません。ちゃんとプロセスを踏んで下調べと入念な準備等々しているか、相手のことをちゃんと考えているか、周囲の影響は考慮されているか、単なる自己満足じゃないかということが気になるという意味です)、そのような難しいプロジェクトでもがっちりと取り組んでいるひとには敬意を表したいと思っています。




もちろん、このプロジェクトに関しても、「貧困地区」って書き方は(一般の人の目を引きやすいけれど。っていうかそれってどこですか??)どうかな・・・とは思いますし、建設後の運営主体については少し情報が少なくてよくわかりませんが、信頼したいと思わせるなにかもあるなぁと思いました。


ご自分の専門性を活かしてこのようにがっつりと大変なプロジェクトに取り組むなんてすばらしいことですね。


私自身にも、元気をいただける気がします


ジンバブエつながりの仲間として、良い結果につながるといいなぁと思っています。



↓↓支援受け付けは、あと4日のようです。


ジンバブエ貧困地区の子供たちに安定した食事とシェルターを!






にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ



 ↑ ★ 読まれましたらクリックを! ★ ↑

■オンラインショップ

 ☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.Rupurara Moonアフリカンビーズ&クラフト


■Twitter
africanwhaleをフォローしましょう

■Facebook Page
Facebook "Rrupurara Moon African Beads and Crafts"

ジンバブエ、ムジュル副大統領ほか閣僚の解任。

昨日の話題に関連し、日本語記事が少しずつ出ている様子。

ジンバブエ政局の動向に注目。




『ジンバブエで粛清、ムガベ大統領が副大統領と閣僚8人を解任』

img_b55fe04cd3c9825c33a7e06b76719564193635


これも「粛清」と言うのでしょうか・・・。



そしてジンバブエ政府は後任のお名前を発表。
彼らは、新しい副大統領となるということでしょう。

大統領夫人のGrace Mugabeのお名前も入っていますが、呼称が「Dr」となっているのはこれまた波紋を呼んだジンバブエ大学の名誉博士号のせいか。

彼女の名前は、やがて上へ上へとあがってくることになるのでしょうか・・・。


↓↓記事

Zimbabwe: Mnangagwa and Mphoko New VP, Khaya Moyo Demoted



にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ



 ↑ ★ 読まれましたらクリックを! ★ ↑

■オンラインショップ

 ☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.Rupurara Moonアフリカンビーズ&クラフト


■Twitter
africanwhaleをフォローしましょう

■Facebook Page
Facebook "Rrupurara Moon African Beads and Crafts"

大統領90歳、次期大統領選も。

ジンバブエのムガベ大統領。
与党ZANU-PF党首としてさらに5年の任期で続投。
2018年に予定されている大統領選に出馬するということに。

そのとき、94歳。

00290523-e2ae57609b03dabadaa29f4db7135203-arc614x376-w614-us1


この写真、ちょっと意図的なものを感じる。
年寄り感を印象づける感じ。

Zimbabwe: Zanu-PF Con-Grace - Mugabe for 2018

大統領夫人のグレース・ムガベは与党ZANU-PFのWomen's Leagueのリーダーとなったそうで、どんどんパワーをつけている様子。
ジンバブエ大学の名誉博士号授与を巡って物議を醸し出すなどあったし、最近、動きが目立っている気がする。


00290519-8d74ff7de74f270c15414e7eaa590a2b-arc614x376-w614-us1


ジョイス・ムジュル副大統領。

最近、ムガベ大統領の暗殺を企てたとかでメディアでも大騒ぎ。
ジンバブエ政局が大荒れ。

ムジュル副大統領をはじめ、11名の閣僚を解任したとあるけれど、この背景は??

Zimbabwe: Mujuru and 11 Ministers Booted Out


今後の政局がかなり気になるところ。




にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ



 ↑ ★ 読まれましたらクリックを! ★ ↑

■オンラインショップ

 ☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.Rupurara Moonアフリカンビーズ&クラフト


■Twitter
africanwhaleをフォローしましょう

■Facebook Page
Facebook "Rrupurara Moon African Beads and Crafts"

しなやかに仕事をする。

某国に出張に行ったとき。


ヘルプ出張だったが、その国の所員の女性の仕事に、素直にとても共感し、学ぶところが多いなぁと思ったことがあった。


国際協力の政府系のお仕事って、結局かかわる相手がお役人だったりして、わりと「セレブの世界」で生きて行けちゃうし(もちろんそうでない場合もあるけれど)、その国とかかわることを望まなければ、極力避けて「外国人社会」のなかで生きていくことだってできる。

「にわかセレブ」にもなれちゃう。


その女性は、わたしよりいくつか年下だったけれど、実はとても「良い」お育ちをされた方で、たぶんほんとうに「セレブ」。(ことばの定義はともかくとして)

でも、人として教養があって素晴らしい点は、とてもオープンで社交的、知識が豊富で知識の吸収にも前向きってところ。

さらに、「セレブの世界」のことはもちろん、その国の文化や歴史的背景、街中のマーケットにある地元の人が行くような場末の食堂まで熟知して、良いもの、おいしいものをよく知っているのだ。

(にわかセレブなら、ぜったいに避けて行かないようなひとも少なくない。危険だとか興味ないとか何にもないとかなんとか言って、地元文化とかかわらないタイプのひとに少なくないかも)

そして、地元のマーケットでも、高級品でも、良いものをすっと選んで買うことがとてもうまい。
お買い物上手。


仕事のやり方もそう。



仕事上、ルール至上主義みたいになって小さい世界でがちがちに働いているタイプの女性は多いけれど、彼女の場合はどちらかというと仕事の仕方が男性的。

ゲストはちゃんとホストし、サービスし、途上国だからどんなことがあってもおかしくないけれど、もちろんいちいち動じない。
ちょっと皮肉に笑ったりしながら、対処する。


スマートなのだ。



「動じない」ひとは、男でも女でも好きだ。

世の中いろんなことがおきるわけで、とくにアフリカなんてとんでもないこともおきるわけで、いちいち怒ったり責めたり動揺したりしているひまはないわけで。



仕事も、生活の小さなことも、とてもスマートでしなやか。


そしてとても賢い。


そんな彼女の姿に、とても好感を持てたのを覚えている。



しなやかな仕事をする、しなやかに生きる。



ほんと、自分らしくしなやかにありたいよね、って思う。









にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ



 ↑ ★ 読まれましたらクリックを! ★ ↑

■オンラインショップ

 ☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.Rupurara Moonアフリカンビーズ&クラフト


■Twitter
africanwhaleをフォローしましょう

■Facebook Page
Facebook "Rrupurara Moon African Beads and Crafts"

きらりと目を引くアクセサリ。

わたくしが最近よく身に着けているイヤリング。(いつもピアスを作り替えています)

今日、取り寄せていた靴を取りに行ったら別のお店のお姉さんが、ピアス見せてください♪素敵ときた。

まあね






ケニアのマサイマーケットで入手したものです







とても軽くてカジュアル。
お値段も手ごろです


でも、ショップにアップされるのはずいぶん先になると思います。




35473937



なぜか渦巻模様に惹かれます。

このシルバーは、もちろんとっても愛用しているンドロのリング。
ジンバブエのシルバーブランド、Patrick Mavrosのものです。

Rupurara Moonにもまだあります





なかなか足に合う靴がなくてとってもとっても苦労をしているわたくし。
結局、もう履き潰してしまったパンプスの素材違いの同じデザインのものを入手したのでありました。





にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ



 ↑ ★ 読まれましたらクリックを! ★ ↑

■オンラインショップ

 ☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.Rupurara Moonアフリカンビーズ&クラフト


■Twitter
africanwhaleをフォローしましょう

■Facebook Page
Facebook "Rrupurara Moon African Beads and Crafts"


『ストックホルムでワルツを』

お買いものをしようとふらふら歩いていたら映画のポスターを見かけて、思わず入ってしまった。


1960年代のスウェーデンとニューヨークを舞台としたスウェーデン人ジャズシンガーのMonica Zetterlundの実話。

シングルマザーで、とてもドラマチックな生き方をしているひと。
スウェーデン語でジャズを歌うことで大きく道を切り開く様子は、ほんとうに心に響く。


そして、例によって泣けた。
それはもう、ぼろぼろと
・゜・(ノД`)・゜・。

自分がほんとうにやりたいと思っていることは何なのかな。わからなくなっているかもな。

なんてこと考えた。

『ストックホルムでワルツを』

1960年代の北欧インテリアやファッションがおしゃれ。




2014-12-07-15-44-25














今日も千石の八百コーヒーさん。
器展がはじまってます。

2014-12-07-15-07-08












にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ



 ↑ ★ 読まれましたらクリックを! ★ ↑

■オンラインショップ

 ☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.Rupurara Moonアフリカンビーズ&クラフト


■Twitter
africanwhaleをフォローしましょう

■Facebook Page
Facebook "Rrupurara Moon African Beads and Crafts"

文化をリスペクトする。

今日は、わたしのダンスの師匠がご出演のチャリティーショーを観に行った。


このショー、もとはある特定の団体の難民支援活動への寄付のためのものだったようだけれど、一部のムスリムの人たちから、このダンスはハラーム(禁止)だから寄付は受け取れないとの声があり、急遽趣旨を変更してその団体への寄付もなくなったようだ。


非常に非常にセンシティブな問題で、かつわたしは関係者では全くないので意見を述べる立場にありませんので、書きません。




ベリーダンスとは、もとは中東起源で、エジプトやトルコ、湾岸諸国で踊られている踊りを総称する、どちらかというと欧米視点での俗称だとわたしは思う。

そしてそれには、いつも誤解、差別、偏見が多くつきまとう。
中東だけでなく、非イスラムの国でも同様だ。もちろん日本でも。


いま、日本ではとてもきらびやかなこの踊りはとても受けが良いのか、ベリーダンス人口がここ数年爆発的に増えている。

わたし自身も、芸事として磨きをかけたいとは思っているけれど、ときどきふと、恐ろしくなることがある。


この、日本でキラキラした中東のダンスに魅せられている女子たちの一方で、その国や民族の文化や歴史的背景、戦争、あるいは小さな家族たちのささやかな日常について、いったい自分たちはどれほど知って、理解しているのだろう。

ただ、単純に楽しむだけでは許されない気持ちになる。


リスペクトはあるのか。

そういうところ。




それにしても。


紆余曲折ありながらも、批判を真摯にうけとめ、趣旨を特定の団体対象ではないチャリティーショーに変更してイベントを実行させた主催の意志はとても素晴らしいものと思う。


この一件によりベリーダンス業界への問題提起になったことはひとつの貢献であろう。


芸術として、Good willの証として、これは素晴らしいショーであったと思う。

所感。


写真、本文と関係なし。

2014-12-02-22-14-38











にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ



 ↑ ★ 読まれましたらクリックを! ★ ↑

■オンラインショップ

 ☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.Rupurara Moonアフリカンビーズ&クラフト


■Twitter
africanwhaleをフォローしましょう

■Facebook Page
Facebook "Rrupurara Moon African Beads and Crafts"

生命力。

多肉くん。

一年前には、寒さのせいか、日当たりの悪いわたしのお部屋のせいか、たくさん葉っぱが落ちてこんなに小さくなってしまったのだけれど

006



ひと夏超えて、ずっと屋上に置いておいたら、こんなに力強い肉厚の葉っぱがたくさん丈夫に増えていた。

どこか精悍な顔つきになっていた。






生きていることって、すごいと思う。


生命力ってすごいと思う。


自分に与えられた時間は限られていて、自分の幸せの責任は自分にあるもの。


いやなことに心と時間を割いている暇はない。
やりたいことを、言い訳つけて躊躇している暇はないよね。










にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ



 ↑ ★ 読まれましたらクリックを! ★ ↑

■オンラインショップ

 ☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.Rupurara Moonアフリカンビーズ&クラフト


■Twitter
africanwhaleをフォローしましょう

■Facebook Page
Facebook "Rrupurara Moon African Beads and Crafts"

fakebookにニセモノ?

シュールなものを見つけてしまった。


Fakebookというところに、ベッシー・ヘッド(Bessie Head/ Bessie Amelia Emery)がいて、その息子や友人など周囲のひとの名前が出ている。

そして、本人やそのひとたちが書き込みをしたかのようになっている。

↓↓これ。

fakebook

(リンクはこちら)

ううむ・・・・。


もちろん、ベッシーは1937年生まれで1986年に亡くなっており、これはニセモノ。
書き込みは48歳で亡くなるところで止まっており、息子が書き込んでいるかのようになっている。


(ベッシー・ヘッドについては、わたしのメインサイトに詳しいです)



どうやら「教育目的」でこのような偽物が作られたと書いてあるけれど、すみません、ちょっと理解に苦しむ。



もし彼女が生きていたころネットがあったら、彼女の22年間のボツワナでの孤独はどう変わったのか。
作品は生まれなかったんじゃなかったのか。

ベッシー・ヘッド研究者とそんな話をしたことがある。


ベッシーは孤独だった。
22年間、ずっと手紙を書き続け、その量は膨大だ。

わたしもたくさんコピーをボツワナから持って帰ってきた。すばらしくうつくしい文章の数々。

多くは一般公開されていない。


これをうつくしい日本語にして出版することがわたしの夢。





しかし、この書き込みは彼女の人生を一部反映したかのようになっているが、どうにも軽い・・・。

細かいこと言うと・・・。
ベッシーにとても近かったBosele Siananaは、彼女の死を知らなかったわけがないし、第一、デンマーク人のEilersenが書いたベッシーの伝記によると、彼女が亡くなったとき息子のHowardは別れた父親のところに行っていたかで連絡がつかず、彼女の死を知らなかったはず。

だからこんな書き込みはありえない。

ベッシーがHarold Headと結婚したのはもちろんアパルトヘイト下の南アから隣国へ亡命する前のことだし、(彼女はたったひとり息子を連れて亡命している)第一、亡命したのは独立前のボツワナ、つまり「ベチュアナランド」なので、この書き込みのように「ボツワナへ亡命する」とは言わないはず。

長い苦労の年月を経て作家として成功をしてとっくにささやかな家を建てているときに、難民キャンプに住んでいることになっている。


どういう目的か知らないけれど、書きぶりもとても軽くていい加減だし、おそらくちゃんと背景を調べないままに書いているように思う。



いちばん「いけてない」のは、「アパルトヘイト」が「友達」になっているところ。
絶句。



誰がどうやってこれを作っているのだろう。


その意図は?理由は?目的は?

実在の人物の名前でこのようなことを書かないでほしい。



そして、この中でわたしが唯一本当に会ったことのある息子のHowardも、もう亡くなっている。
母親とちょうど同じくらいの年齢だったと思う。

98年、大学生だった時に訪れたボツワナのセロウェ村で会ったひとで、まさにベッシーのお家にも連れて行ってくれた。
ファンタオレンジをごちそうしてくれた。
9年後に訪れたときもわたしの名前を憶えていてくれたHoward。

誰が書いたか知らないけれど、あんまりこういうことを書かないでほしかったなぁと思う。


images




にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ



 ↑ ★ 読まれましたらクリックを! ★ ↑

■オンラインショップ

 ☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.Rupurara Moonアフリカンビーズ&クラフト


■Twitter
africanwhaleをフォローしましょう

■Facebook Page
Facebook "Rrupurara Moon African Beads and Crafts"







TTPのすすめ。

何度かこのブログにも書いた気がしますし、よく人にも言っていますが、TTPとは「徹底的にパクる」のこと。


あの「天使のブラ」で有名なトリンプインターナショナルの元社長の吉越浩一郎氏のお言葉には面白いものがたくさんありますが、その中でもわたしがここ十年以上、いちばん心にとどめている言葉が「TTP」です。


ワコールの「真似」をしてトリンプが商品を出した、なんてことが言われていますけれど、このひとのことばの神髄はそんなせこいところにあるんじゃないと個人的には思っています。


このページが分かりやすい!
たくさん面白いことばが詰まっています。
今すぐ役に立ちそう。

(↓一部だけ引用)

天才経営者ならともかく、私のような凡人には、千里眼のような能力はない。バブルの時は、これが日本の実力だと勘違いしていたくらいだ。そんな私が個別の施策を考える上でとった方針は、TTPであった。TTPといっても何かの化学物質ではない。他社のよいところを「徹底的にパクる」(TTP)ことを信条としたのだ。残業削減、早朝会議、「さん」づけ運動も、元は他の会社の制度をパクったものである。


これはいい習慣だなと思ったら、TTPするといいでしょう。TTPというのは「徹底的にパクる」の意味だそうです(笑)。「これは!」と思う仕事のやり方はどんどん真似て、自分の血肉にする。そうすることで、仕事の成果は目に見えて伸びていくことでしょう。



仕事の面ももちろんだけれど、いつも思うのは踊りのこと。


このひといいな、と思ったらTTPを意識すればいいんだと思います。

それは、個性がなくなるのではなく、TTPすることで技術を自分のものにしてしまうということ。


最近、オリエンタルタンゴで有名なアルゼンチンのシャーダナのワークショップを受けたことは書きました。
彼女の影響力は絶大で、わたしはさっそくTTPしてこっそりレッスンなどで、真似してみます。

とくに、何度も何度も動画を見続けて、彼女のターンの独特な特徴を見つけて(私の中では発見!でした)、それも真似しようとしています。
(え。わからない?似てない?いいのです)

姿勢、目線、表情、手足の伸ばし方やアクセント、そして独特なターン。
それらを真似することによって自分ができるようになって初めて、自分自身の味を出せるところまで来るんだと思います。


今年はワークショップをいくつも受けて、かなりのレベルの高い振付にアップアップ状態だけれど、ひとつひとつ、ちゃんと完成させたいと思っています。

誰かの振付を、自分のアレンジで簡単にするということではなく、できる限り振付を作ったそのひとへのリスペクトを示す意味でも、いただいた振付をできるだけ大切にし、再現したい、体現したいという思いがあります。
(実際にはすごく難しいけれど・・・)

でも、そうすることによって自分のレベル感は上がっていくし、いつのまにか「自分の味」を出せるようになってくるのではないでしょうか。

IMG_3807



というわけで、次は形から入ろうと思います。

TTPのすすめ。




にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ



 ↑ ★ 読まれましたらクリックを! ★ ↑

■オンラインショップ

 ☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.Rupurara Moonアフリカンビーズ&クラフト


■Twitter
africanwhaleをフォローしましょう

■Facebook Page
Facebook "Rrupurara Moon African Beads and Crafts"

勉強すること、練習すること。『松浦弥太郎の仕事術 』

マインドがごちゃごちゃになっているとき。

たくさんのことが気にかかっていて、一つのことに集中できず散漫になってしまうとき。

目的を見失っているとき。


いまのわたしにとって、いちばんマインドをしゃっきりしてくれるのはこの人の本だと思う。


松浦弥太郎さん。


文筆家であり、古本屋さんであり、そして何よりも、あのうつくしき『暮らしの手帖』の編集長さま。



シンプル、そしてストイックな生き方。


人生を、ちょうどよく「正しく」生きる感じ。かといって無理をしているわけではない。

それでも、生活のひとつひとつに襟を正すような生き方をしているこのひとの、「仕事」「生き方」「人間関係」に関するたくさんの本は、ときに叱られているような気持ちや、しゃっきりとした元気をもらう気持ちになりながら読ませていただいている。

IMG_3821


最近、旅にはとっても重宝しているKindleにいれてケニアにも持って行った。




たくさん大切な言葉がありすぎて、まだの方にはぜひ読んでいただきたいのだけれど、ひとつだけいまここにメモっておきたいのは「勉強すること」。


とても熱心な勉強家の松浦さんは、普段からわからないことがあればメモして箱に入れ、半年後などにまとめて調べるなどしているそう。

そうすると、自分が苦手な分野などもわかってくるとのこと。


そして、勉強しようと思ったことがあったら受験生並みに計画まで立てて勉強するとのこと。



日々、勉強しないことは不安。

自分はこれができると思っていても、どんどんどんどん、周りの人が先に進んで行ったりするなかで、自分も日々努力をしていないと落ち着かないくらいになる。




それでも、勉強をしないひとのなんと多いことか、と書かれてある。



たしかに。


これは仕事の知識にはもちろんだけれど、ダンスの練習にも言えることですね。


自分はできると思っていても、一日練習を休めば少し落ちる。
そして、どんどん練習を重ねているひとが前へと進む。


自分が置いて行かれないよう、これと決めた道を前に進むことができるよう、日々精進したいと思いました。



せっかくの人生、自分自身が豊かにしていかないと、いけませんね。


You are responsible for your own happinessですね




4022617314松浦弥太郎の仕事術 (朝日文庫)
松浦弥太郎
朝日新聞出版 2012-07-06

by G-Tools





にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

              ↑ ★ いつもありがとう。 ★ ↑


 ☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+. Rupurara Moonアフリカンビーズ&クラフト


africanwhaleをフォローしましょう

Facebook "Rrupurara Moon African Beads and Crafts"
Rupurara Moon
アフリカンビーズ&クラフト






Rupurara Moonショップブログ




セロウェの夜明け、鳥の声を聴いた: 大学生、作家ベッシー・ヘッドに会いたくて、ボツワナへ行くことにした。
横山仁美
B01A4FSZXE



↑↑Kindle本出ました!!




Profile
facebook
Twitter
Archives
  • ライブドアブログ