『あふりかくじらの自由時間』

アフリカのこと
オンラインショップRupurara Moonのこと
アフリカビジネス、ソーシャルビジネス、コンサルティングのこと
ベリーダンスのこと などなど・・・。


■オンラインショップ『Rupurara Moonアフリカンビーズ&クラフト』
■メインサイト『あふりかくじらの自由時間』

2014年08月

エボラ出血熱と「アフリカ」

情報を正しく認識することが絶対に大切なのだと思います。

東アフリカのケニアへの出張から帰国して以来、会うひと会うひと「いまあっちはエボラでしょ!」という趣旨のことを言われます。
正しく認識しておられる方ももちろんいますが、恐らく「アフリカ=ひとつの国」の認識で言っている方の方が多く思われ、それが何十回も続くとさすがにうんざりします。
うんざりしたあふりかくじらにたまたま当たってしまった方、すいません。

「西アフリカ」で爆発的に広がってしまっているエボラ出血熱は、セネガルでも事例が出たそうです。

よって、こちらの記事によるとギニア、リベリア、シエラレオネ、ナイジェリア、セネガルの五か国とのこと。

エボラ熱、セネガルで初の感染者 西アフリカで5カ国目



一応大陸の「反対側」に位置するケニアでは事例は今のところないようですが、一部の国がエアラインを封鎖しているとはいえ、世界中毎日飛行機が飛んでいるのですから、いつどこでどのような病気が広がるかなどわからない時代になってしまいました。


世界保健機関(WHO)は、感染者が2万人に達する恐れがあると指摘するとともに、6ヶ月から9ヶ月で収束させるための戦略(ロードマップ)を発表したとのことです。

Ebola caseload could exceed 20,000 in course of emergency, UN response roadmap shows

不必要に恐れるのではなく、情報を集め、慎重になるに越したことはないと思っています。







家族の思い出。(徳島へ)

急遽、家族の事情がございまして、弾丸旅でしたが一泊だけ徳島へ。



012



といっても徳島の父の生家は人手に渡っているし、あんまり親戚に会いに行くというのでもないのですが。


たまたま下の弟(漫画家)の奥さんのご実家が徳島で。
一時的にそこにお世話になっている弟とごはんをたべつつ。


↓注:これはひとり酒ですが。


013



すぐに帰るつもりだったのですが、帰りのフライトを遅くして寄り道しました。

ナイショです。

015



子どものころからの思い出や、家族と過ごす時間の大切さなど、たくさん思い出して幸せだなぁと感じた時間でした


025





ところで、漫画の連載を持つって大変なんですね。

目の前のことをばりばり片付けなきゃいけない弟もまた、ずいぶん成長したようでした。

こんな機会をくださった出版社さんに感謝したいですね。


005


白い狸 横山旬作品集 (ビームコミックス)
横山旬
4047299103



「コミックビーム」の『変身』見てね。

月刊コミックビーム 2014年 9月号 [雑誌]
B00M3VVVH0





にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

              ↑ ★ いつもありがとう。 ★ ↑


 ☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+. Rupurara Moonアフリカンビーズ&クラフト


africanwhaleをフォローしましょう

Facebook "Rrupurara Moon African Beads and Crafts"


弟(漫画家)の作品集『白い狸』

身内のことですけれども。

005


漫画家の弟の初めての作品集が25日付で発売された。
4本の読み切りが掲載されていて、それぞれまったく違ったテイスト。
初めての連載が「コミックビーム」さんで始まってまだ2回目が発売されたばかりだけれど、こうして短篇を単行本として出してくださるとは、ほんとうにうれしい限り。

弟だからかな、こころにすとんと落ちる感覚を覚えるストーリー、そしてキャラクターの描き方。
すごく心に響いて、キャラクターの持っている思いが入ってくる感じがした。

良く考えられたストーリーたちだと思う。

コミックビームでの新しい連載『変身』は、なかなかがっつり笑わせてくれる一方でどこかほっこりしている。
続きがほんとうに楽しみ。


多くの方にぜひ読んでいただきたい。



白い狸 横山旬作品集 (ビームコミックス)白い狸 横山旬作品集 (ビームコミックス)
横山 旬

KADOKAWA / エンターブレイン 2014-08-25
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

              ↑ ★ いつもありがとう。 ★ ↑


 ☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+. Rupurara Moonアフリカンビーズ&クラフト


africanwhaleをフォローしましょう

Facebook "Rrupurara Moon African Beads and Crafts"

いただきもの宮崎のワイン。

宮崎から、おいしそうなワインが届きました

都農ワイン


その土地で大切に育てられた葡萄でつくるワイン。


やさしい見た目に味も楽しみになります
お友だちを呼んで一緒にいただこうと思います


001


宮崎って、南国でとても気持ち良くて、マンゴーもフルーツもたくさん。


今年4月にお訪ねした宮崎市の「あめいろCAFE」さんに感謝です。

Rupurara Moonのワイヤービーズ作品を置いてくださっているすてきなカフェさん。


温かいつながりです。



にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

              ↑ ★ いつもありがとう。 ★ ↑


 ☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+. Rupurara Moonアフリカンビーズ&クラフト


africanwhaleをフォローしましょう

Facebook "Rrupurara Moon African Beads and Crafts"

帰国しております。

涼しくて快適なナイロビから、はげしい夏の東京へ戻りました

もうどこかに行きたくてたまりません。



ケニアでの三週間はとても学びの多い時間でございました。
たくさんの方にお会いし、刺激を受け、知らない国のこと知らない街のことなど、少しだけ触れました。








うつくしいアートたちもたくさん。


オンラインショップRupurara Moonも、お休みをいただいておりましたが再開しております

遊びにいらしてくださいね

Rupurara Moonアフリカンビーズ&クラフト


ひさしぶりにダンスのワークショップに参加して、なまった体が痛むのでありますが、アフリカでチャージされたパワーで仕事も踊りもお店もエンジョイしてまいりたいと思います。






どうぞよろしくです。


にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

              ↑ ★ いつもありがとう。 ★ ↑


 ☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+. Rupurara Moonアフリカンビーズ&クラフト


africanwhaleをフォローしましょう

Facebook "Rrupurara Moon African Beads and Crafts"

アフリカンアートとビジネスパーソンたち。

もともとアートや何かを見るのも買うのも好きで、2009年のジンバブエのハイパーインフレ崩壊と外貨解禁をきっかけに始まったオンラインショップRupurara Moonですが、お店として買い付けをしていることで色々と思うことはたくさんたくさんあります。

IMG_3153



いつもどの国に行ってもわたしはもちろんマーケットに行きます。
ケニアは初めてだったけれど、マサイマーケットをはしごしていたらやっぱり気づくことがあります。


それは、これまで訪れたことのあるアフリカの国でも、わりとほとんど似通ったものが売られているのだなということ。


ジンバブエのマーケットにケニアのソープストーンがあるように、ジンバブエのショナ彫刻もケニアで売られていました。
仮面や何かは、もちろん多くが西アフリカのもの。
コンゴのものも、一部ケニアのものもあります。

アクセサリに使われているパーツはまったく同じものということもあり、一部はおそらく中国製なのだろうなと思います。
それでも、ケニアで作られたもの?とお店の人に訊くと多くの人が「ケニア製だ」とアピールしますけれど、まぁ、一部は残念ながら嘘だと思います。


それでも、正直言うと悪い気はしません。

なかにはとても嫌な感じの人もいますが、たいていのひとはとても明るくて積極的で、商売熱心。でもほんとうはとても優しかったりするのです。

あんまり、ぼったくられるとかどうだとか、ひたすら値切れ、なんていうことは気にしていません。
(もちろん、まずは半額まで値切ろうとはしますが!)
もし、そのひとが正直に熱心に商売をやっている良心的なひとだ感じれば、お互いいい気分になれる買い物をしたいのです。


IMG_3161

IMG_3120

IMG_3122


ジンバブエで作られているRupurara Moonのメイン商品である「ワイヤービーズ」の動物たち。
多くのアフリカの国で見られますが、ここケニアでもたくさんありました。

あのワイヤービーズくらいは、それほど複雑なものではないので、学べばわりと簡単に作ることが出来るでしょう。(わたしは不器用なので、できま…せん?)


それはそれで、ビジネスをもり立てるために創意工夫をすれば良いと思います。


ただ、わたしは自分がひいきにしているジンバブエのワイヤービーズを作っている彼の作品に及ぶものはなかったなと感じました。
(彼はほんとうに目の前で作ってくれます。本物のアーティストです)
彼ほど、センスがよく繊細で愛らしい動物たちを作れるひとは、わたしがみた中ではどうやらいなかったようです。


さて。


しばらくぶりに、ジンバブエにも行かなくてはと思います。

明日にはケニアをたちます。



にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

              ↑ ★ いつもありがとう。 ★ ↑


 ☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+. Rupurara Moonアフリカンビーズ&クラフト


africanwhaleをフォローしましょう

Facebook "Rrupurara Moon African Beads and Crafts"

ビーチサンダルの動物たち〜ケニアのエコ企業。

ケニア滞在15日目。
さて、コンサル仕事のことばかりでなくて、Rupurara Moon関連のこともたっくさん書きたいことがあります

二回目の週末である昨日土曜日に、いくつかのすてきなブランドを見学(&ちょっと買い物)してきました。

"Ocean Sole" というビーチサンダルリサイクルの会社です。
ナイロビ市街から少し離れたところにある工房を訪ねました。

2014-01-05-08-20-55

image



日本語記事でも何度か取り上げられたことがあるようなのでご存知の方もわりといるのかもしれません。
色んなお土産物屋さんで見かけられるポピュラーなアート作品のようです。

2014-08-09-17-17-02


ケニアの海辺に流れ着くたくさんのゴミを拾うエコ活動から始まり、膨大な数のビーチサンダルをリサイクルできないかと始められた活動だそうで、今ではフルタイムの社員が50名ほどいらっしゃるそうです。


ゴミ拾いをする人たちにお金を払って打ち捨てられたビーチサンダルを入手。

2014-01-05-08-09-33


2014-08-09-17-17-07



まずは表面を削りおろしてきれいに洗います。


よく乾かしてから、色別に分類して保管。

2014-01-05-08-12-07



それぞれの素材を特殊な接着剤でぴっちりと隙間なく張り合わせます。

2014-01-05-08-13-00


2014-01-05-08-15-18




キリンなど大きな作品には、色んな素材の「骨」が入って補強されています。
ビーチサンダルは軽いので重さに耐えられなくなってしまうため。

2014-01-05-08-13-45


作品群は、ほんとうにカラフルで独創的で、愛らしいものばかり。
大きなものから小さなものまで様々です。


動物園みたいで見ているだけでも楽しいです


2014-01-05-08-20-24

2014-01-05-08-20-34

2014-01-05-08-20-44


お子さんが遊ぶことを考えて、きちんと消毒をしているそうです。


もちろん、それぞれが一点ものなので、色や表情・形などすべて個性があります。
目が合った子を選んで買うのがポイントですね

2014-01-05-08-21-55





Ocean Sole


Rupurara Moonのオンラインショップには少しだけ入荷予定です。

(帰国後のアップとなります)

Rupurara Moonのfacebookページでもお知らせしていきますので、チェックしてみてください。

写真もfacebookページにもう少し載せています。



にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

              ↑ ★ いつもありがとう。 ★ ↑


 ☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+. Rupurara Moonアフリカンビーズ&クラフト


africanwhaleをフォローしましょう

Facebook "Rrupurara Moon African Beads and Crafts"


アフリカビジネスのキーワード。

ナイロビでの調査13日目。

image



例えば日清さんのような大手企業さん。
ジョモケニヤッタ農工大学にて、現地の市場にあった即席麺の開発をした。

「Oishiiプロジェクト」として、合弁会社を設立。

温かいスープに麺が入っているという食べ方のカルチャーがないケニアにおいては、焼きそばのような汁なしの麺にして、フレーバーは現地の焼き肉(ニャマチョマ)味にし、なじみやすい商品開発をした。

IMG_2794


↓昨年の記事。

日清食HDがケニアで合弁事業開始、即席麺メーカーで初のアフリカ進出

↓ジョモケニヤッタ農工大学!

image


ここまで研究開発に注ぎ込んでやっと開発される商品であるが、中小企業についてはなかなかアフリカに来るまでのハードルが高いようだ。


事業のスタートアップまでの手続きや情報、現地パートナー探しにおいて、なかなか人件費もかけられずFSもマーケティングも難しいという現状について、多分、ほんの一押しの何かがあれば進められるのではないかと本当に感じる。

たとえば、「誰に何を訊くか」をひとつ知っているだけで、どんどんものごとが開けていったりする。

ここにきて、現地の様々な団体や企業、政府等の話を聞き、ひとつの形が浮かび上がってきそうな気がしている。


多くの日本企業さんに伺ってみても、マーケットを海外にどんどん開拓していきたいとの意向はお持ちだが、あと一歩が踏み出せない人たちが少なくない。

わりと、考え方としてはシンプルなのだと思うが、自分ができそうなことが見えて来たように思う。

image


そしてナイロビは、モバイルカルチャーとイノベーション(←そろそろこの言葉飽きてきた?)にあふれている。

やはり現地にいることで、たくさんのことが見えて来て面白い。



にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

              ↑ ★ いつもありがとう。 ★ ↑


 ☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+. Rupurara Moonアフリカンビーズ&クラフト


africanwhaleをフォローしましょう

Facebook "Rrupurara Moon African Beads and Crafts"







ケニアにおけるビジネス可能性を探る。

ナイロビ市内で、調査活動をしております。今、10日目。

ケニアのビジネス環境。

製造業もけっこう活発で、大規模な工場から「ジュアカリ」と呼ばれるインフォーマルセクターまで層は厚いのだけれど、ポテンシャルと課題の両方の側面が興味深く、日本企業のビジネス拡大のチャンスは大いにあると思う。

例えばなんだけれど、ある特定の農産物が農業豊かなケニアでたくさんたくさん採れたとしても、生産・収穫・加工・輸送・保存(保冷)・パッケージング(輸送用と消費者向け)のどれかが欠けるまたは不十分であることで、十分にマーケットに届けられていない、というパターンなど。
だから加工品を輸入しているというような。


ODAだけの話ではなく、ビジネスチャンスってたくさんあるのだなとつくづく。
でも、そこへいきつくまでの壁って、じつはほんの小さなものでもある。
乗り越えなきゃ行けないモノは厚いのだけれど、発想はシンプルなのだと思う。


ただ、何かが「欠けている」とか「ない」という出発点じゃなくて、何かを少し足せば大きく変わるんじゃないかというプラスの発想や好奇心がある方が、ビジネスって推進力が強くなるんじゃないだろうか。


2014-08-04-21-51-15


こんな高架道路もあるのだなぁ。

昨年、イーストゲートという大きなショッピングモールでテロがあってたくさんのひとが亡くなったけれど、また新たな巨大ショッピングモールが建設されているとのこと。



ハラレとナイロビは気候や雰囲気が少し似ているけれど、もちろん違う。


ナイロビはダイナミックだ。

2014-08-04-23-03-18



少し遠出。


大農場と、永遠に続くかのような水田地帯と、小規模の生産工場をみた。

日本の水田みたいな風景と、アフリカの典型的な幹線道路沿いの街とも集落ともつかないエリアが重なると不思議な感じがした。


2014-08-05-23-05-24
2014-08-05-16-33-21
2014-01-01-06-09-41
2014-01-01-07-13-58
2014-01-01-07-11-11



日本企業のアフリカビジネスのチャンスを模索しているのだけれど、実際に多くのひとの話を聞いてみると、マッチングできそうなポテンシャルは本当に無限にある。


あとは、どうやってひとつひとつの課題に取り組んでいくかなのだな。


アフリカビジネスを考えているけれど踏み出せていない日本企業に役立ちそうな、体系的なものを提供できるといいかなと思う。



2014-08-04-21-41-18


↑おまけ。ナイロビ大学にて。

ガンジーにちなんでニエレレ大統領(タンザニア初代大統領)により名付けられた建物だそうだ。
ちなみにニエレレ大統領は、スコットランドのエディンバラ大学に留学されていて、エディンバラ大学にも記念碑があるのであります。
わたくしエディンバラ大学Center of African Studies修士修了生でして、大統領はわたくしの大先輩(恐れ多いわ!)に当たるのであります
ふふ。



にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

              ↑ ★ いつもありがとう。 ★ ↑


 ☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+. Rupurara Moonアフリカンビーズ&クラフト


africanwhaleをフォローしましょう

Facebook "Rrupurara Moon African Beads and Crafts"



Rupurara Moon
アフリカンビーズ&クラフト






Rupurara Moonショップブログ




セロウェの夜明け、鳥の声を聴いた: 大学生、作家ベッシー・ヘッドに会いたくて、ボツワナへ行くことにした。
横山仁美
B01A4FSZXE



↑↑Kindle本出ました!!




Profile
facebook
Twitter
Archives
  • ライブドアブログ