『あふりかくじらの自由時間』

アフリカのこと、ベリーダンスのこと、日々のこと、旅のことなどを綴っています。

2013年12月

今年もRupurara Moonをご愛顧くださりありがとうございました。 いちばんのトピックは4月に「ギャラリー銀座」さんで一週間のギャラリー展を開かせていただいたこと。 母が毎年開いていたギャラリー展の代わりに、今年はわたしがひとりで、半分を母のデザインした天然石&ビ
『2013年もありがとうございました。』の画像

もうクリスマスなのですねぇ。 相変わらずコンサル仕事でバタバタ奮闘しつつ、ベッシー・ヘッド小説の邦訳本の出版を目指して出版社探しにバタバタ奮闘しつつ、忘年会での踊り(土曜日予定)と振り付けを覚えたりするのにバタバタ奮闘しつつ、どんだけバタ子さんなんだろ
『Rupurara Moon & ワイヤービーズたち。』の画像

南アフリカ出身の作家ベッシー・ヘッド。 彼女の作品の翻訳出版を目指して出版社を探しているという話はfacebookに書かせていただいている。 ベッシー・ヘッドは、まさにアパルトヘイトに翻弄され生きたひと。 ジャーナリストとして、出国許可証だけを手に、南アからボツワ
『ベッシー・ヘッド作品とマンデラ。』の画像

バングラデシュの情勢ばかり書くのもブログの趣旨とは少し違うのだけれど、書いておきます。 ジャマティ・イスラミ(JI)党カデル・モッラ幹事長補佐への死刑が執行され、情勢は悪化の一途をたどっています。 バングラデシュのニュースサイトを見て回っていると、昨日16
『安全を守る役割と責任は?(バングラデシュ)』の画像

ネルソン・マンデラのことばかり考えている。 彼がこの世に存在しないなんて、大きな喪失感。 だけれどせいいっぱい受け止めなければならないんだろうな、とおもう。 わたしが南アフリカのことを初めて認識したのは、たぶん高校生のときの世界史の授業だとおもう。

シンガポールで40年ぶりに暴動があったというニュースが流れている。 リトルインディアで発生した交通事故をきっかけに、外国人労働者による暴動が起き、400人余りが参加したとされている。パトカーなどがひっくり返され、火をつけられたりなど。 移民政策を推し進めた

ダッカ滞在21日目です。 出発を急遽早めて明日7日のフライトをとっていましたが、また明日7日朝からBlockadeということで空港へ行くことが困難になりました。 ということで、またまたスケジュールを変更して今夜出発することになりました。 昨日は死者が2名と報道されて
『Blockadeの再々延長72時間(バングラデシュ・ダッカ)』の画像

バングラデシュ滞在18日目です。 72時間のBlockade(道路・鉄道・水路)延長が行われたため、5日(木)午後5時まで6日間連続。先月末から計9日です。情勢は悪くなる一方です。今朝の新聞では、3名の死者が出たとされています。これでトータルは公式には死者27名ということか
『Blockadeの被害、今後の情勢など。(バングラデシュ・ダッカ)』の画像

↑このページのトップヘ