『あふりかくじらの自由時間』

アフリカのこと
オンラインショップRupurara Moonのこと
アフリカビジネス、ソーシャルビジネス、コンサルティングのこと
ベリーダンスのこと などなど・・・。


■オンラインショップ『Rupurara Moonアフリカンビーズ&クラフト』
■メインサイト『あふりかくじらの自由時間』

2012年02月

ムガベ大統領と新憲法の行く末?

次の大統領選挙までに憲法改革を行いたいジンバブエ政府だが、結局、問題を先送りにしているだけなのでまったく同じようなところで対立するのは当然か。

憲法改革委員会の出した草案が、10年以上任期を務めた大統領再任に制限をかけているということで、この憲法が通れば、必然的にムガベ大統領は大統領継続在任の資格がないということになる。

すでにZANU-PFは次回(おそらく2013年)の大統領選挙へ向けムガベ大統領を候補として立てているわけで、このような憲法がまかり通ってしまうことは、彼らにとってまったくナンセンス。

この憲法草案が、そもそもなんでこんな形になり、早々にメディアに取り上げられているのかいまいち見えない。
意図的なのか。

とうぜんながらすでにZANU-PFからは激しく反発の声。

結局問題はおんなじところに返ってきてしまうんだなぁ、と思う。
連立政権ができて三年目になるけど、根本的なところは変わっていないんだろう。


来週は、ムガベ大統領の88歳の誕生日。

憲法書いてはもめて、選挙といってはもめて、という繰り返しに地道に解決策を探っていくしかないのか、それとも、またジンバブエに大きな改革のときがやってくるのか。

2000年の土地改革を皮切りに、クリーンアップ作戦、野党の分裂、2008年大統領選挙、連立政権樹立、経済の崩壊と複数通貨制の導入。

なんとなく、大きなうねりが数年ごとに来ている気がする。

次は何なのか、今から少し怖い気もする。

関連ニュースは↓↓

Zimbabwe: 'Mugabe Won't Sign Constitution That Disqualifies Him'


==============

で。


そんなジンバブエですが、新入荷のクラフト作品をご紹介。
シンプルでアフリカンな雰囲気のすてきなウッドトレイとバスケットです。とても便利。


★ウッドトレイはこちら★

キリンみたい&ワイルドフラワー他。

398390973983990139839992







★バスケットはこちら★

ぱっと広がった星みたいなお花。

398404053984046839840631











にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

              ↑ ★ いつもありがとう。 ★ ↑


 ☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+. Rupurara Moonアフリカンビーズ&クラフト


africanwhaleをフォローしましょう

Facebook "Rrupurara Moon African Beads and Crafts"

ベッシー・ヘッドとうつくしい言葉たち。

作家ベッシー・ヘッドについては、わたしはたぶん、やらなくてはならないことがあると思う。

彼女の文章に出会ったのは90年代後半のことだから、もうかれこれ15年くらい経つのだけれど、自分自身もいろんな経験を経て、最近、ベッシー・ヘッドに対する感覚が何やら熟成されてきたように感じている。


(ベッシー・ヘッドについては、メインサイトのページをご覧ください)


たぶん、4月から仕事環境が変わる。

Rupurara Moonは、どんな形にせよ少しずつ実店舗化を進めていきたいと思っている。
何年もかかると思うけれど、いずれは理想の店舗を東京で構えられればいいと思うけれど、たぶんわたしはずっとそこにはいないだろう。
大きな店舗を持つことにも興味はないから、たぶん、少しずつ理想の形になっていくんだろうと思う。



今のところ、主たる収入には残念ながらなりえないので、また収入となる仕事をしながら自分自身の大切なプロジェクトを続けていくことになる。

これまで翻訳の仕事はときおり請けてきたし、講演や記事の執筆やリサーチ、ギャラリー展やイベント出店など、ともかく看板を立てられる色んなことをまた整理して再開していくべきなのだと思っている。



そうしたらふと、ベッシー・ヘッドのことばの翻訳について、強い思いがよみがえってしまった。
ここ数日、何故か急に湧き上がってきたその思いはとても強い。


あのうつくしい言葉たちを、日本語にして出版したいと、大学生のころから思い続けていて今に至る。



アパルトヘイト下の南アに生まれて、ボツワナに生きた彼女の小説、うつくしい文章、たくさんの手紙たち。
出版もされずに眠っているスクリプトのコピーが、けっこう私の部屋にもある。
(注: 昔、大学生のころ合法的に入手しました。念のため)


ボツワナのセロウェ村。明け方のひんやりした空気。鳥のさえずり。
ベッシーの好きな時間帯は、早朝だった。

いつも明け方まで起きているとき、必ずこの言葉が胸によみがえる。

なんとなく機が熟してきたのかもしれないな、と思っている。


たぶん、個人として、わたしはベッシーに対して不思議で特別な感情を持っている。
これはなんとも表現しがたいもの。
でも、彼女の文章をわたしの母国語に落とし込むことによって、それは明確に表れると確信している。


だから、訳そうと思う。


出版翻訳、やっている会社募集。




彼女のペーパーバック。
何冊かの小説は日本語になっているけれど、わたし自身の手で訳したいものもある。

この本たち、大学生のころからずっとわたしと一緒にいます。
何度もアフリカを往復してます。(!)




にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

              ↑ ★ いつもありがとう。 ★ ↑


 ☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+. Rupurara Moonアフリカンビーズ&クラフト


africanwhaleをフォローしましょう

Facebook "Rrupurara Moon African Beads and Crafts"

アフリカ×ビジネス×IT、軸足はどこか。

ものすごーい遅ればせながらなんだけど

先週水曜日のJICA地球ひろばでの講演「アフリカビジネス入門―アフリカのITビジネスの動向」を聴きに行ってすごくいろんなことを思った。

株式会社アイスリーデザインの芝 陽一郎さんは、この本の著者で有名。

4492443819アフリカビジネス入門 ―地球上最後の巨大市場の実像
芝 陽一郎
東洋経済新報社 2011-07-27

by G-Tools


アフリカ大陸でモバイルユーザーはざっと6億人いるといわれるんだそうな。

この手のセミナーは結構流行っていて、アフリカ×ビジネスとなると、最近、アフリカ進出を計画している日本企業等向けにニュースを配信したりコンサルティングしたりっていうのも流行っている。

芝さんも、ビジネスマン。

金融バックグラウンドを持っているひとは強いなーといつも思う。


ただ、ひとつ気になるのは、この手の世界はかなり「温度差」が顕著なのではないかなということだ。


みんな同じことに関心を持っているようで、たぶん「軸足」が違うんだと思う。


どこに自分の「軸」を置いているかということ。


わたしから見れば、この芝さんというひとはかなり「ビジネス」に軸を置いているひとで根っから「アフリカ」ではないように感じる。

見えているものが違うんじゃないかなという予感がする。


わたし自身はといえば、たぶん比較的「アフリカ」寄りなんだと思う。
あと「開発業界色」はそれなりにあると思う。
でも、正直言って開発業界の人間というにはあまりに浮いている。

(一応、民間企業で仕事もたくさんしてきているし、自分でお店もしてるしねぇ)





大手商社をはじめとする民間企業によるアフリカ進出への関心は高く、実際に進出しているところも少なくない中で、ますますこの「軸」の問題は引きずるんじゃないかなと思っている。


アフリカのひとを救ってあげたくて、とまで言ってしまうびっくりするようなひともいれば、win-win関係をことさら繰り返すひともいる。

ビジネスの世界から見れば、ODAが官民連携のうたい文句ばかり言うのはある種滑稽なんだと思う。
同じものをみているような錯覚で動いているのだとしたら、それは危険。

誰にとって一番危険かというと、他ならぬアフリカの人々かもしれない。


政府系の組織でずっと仕事をしている人の中には、このひとが会社を経営なんてしたら一日でばっちりつぶれちゃうんだろうなーという感じの仕事の仕方のひともいれば、これまで日本の中でビジネスしてきたひとのなかには相当なアフリカ素人もいる。

でも役割分担なのかもしれない。


ここで言いたいことは、この「軸のぶれ」の存在について忘れるべからず、なんじゃないかなってこと。


だから、「アフリカ×ビジネス」!新しい!・・・だなんて飛びついたりするのもまたおかしい。

あの地球ひろばにあつまったたくさんのひとたちは、いったい何を考えて集まってきたんだろう。

少なくとも、腹に抱えたものは、みんな違うんだとおもう。





==========

「ジンバブエコットン」シリーズにEmma Frenchブランドのテーブルランナー、コットンバッグ、クッションカバーなどが入りました。






にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

              ↑ ★ いつもありがとう。 ★ ↑


 ☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+. Rupurara Moonアフリカンビーズ&クラフト


africanwhaleをフォローしましょう

Facebook "Rrupurara Moon African Beads and Crafts"
























Rupurara Moon
アフリカンビーズ&クラフト






Rupurara Moonショップブログ




セロウェの夜明け、鳥の声を聴いた: 大学生、作家ベッシー・ヘッドに会いたくて、ボツワナへ行くことにした。
横山仁美
B01A4FSZXE



↑↑Kindle本出ました!!




Profile
facebook
Twitter
Archives
  • ライブドアブログ