『あふりかくじらの自由時間』

アフリカのこと
オンラインショップRupurara Moonのこと
アフリカビジネス、ソーシャルビジネス、コンサルティングのこと
ベリーダンスのこと などなど・・・。


■オンラインショップ『Rupurara Moonアフリカンビーズ&クラフト』
■メインサイト『あふりかくじらの自由時間』

2010年11月

【募集】12/4(土)準備と12/5(日)イベント手伝ってくださる方。(ルプララ・ムーン)

事務連絡。

12月5日(日)の午後12:00-18:00に、都内某所にてイベント出店いたします。
(詳細は後程掲載)

前日にRupurara Moonの出店準備と当日の販売をお手伝いしてくださる方、(どちらか一日だけでも。設営・撤去など一部だけでも)いらっしゃいましたら、メールくださいませ。

準備の方は、自宅作業ということもあり、すみませんがリアル友の方にお願いしたいと思います。


多くの皆様にルプララムーンの作品を気に入っていただけたらうれしいです

こんどのイベントでどんな方たちにお会いできるか楽しみ



↓これは去年の大阪のフェアトレードイベント。ちょっとさびしいね。今年は商品はもちろんディスプレイたくさん用意しようと思います。

fad2d5ef

最近どう?ジンバブエ。

来年の選挙に向けて巨額の予算が計上されている中で、新憲法に書き換えられなければ選挙はできないとMDCは言い、新憲法づくりが進められておりながらも、予算がないからできないと誰かがいう。

ムガベ大統領が首相であるチャンギライに協議なく勝手にProvincial Govenorを10名指名したということで、首相は大統領を訴え、また政局は混沌。

チャンギライ首相は、GPAが守られない中では選挙はできないと言ったり。

南アのズマ大統領はZANU-PFとMDCを仲裁しようと足しげくハラレに通っているようだが、報道を見る限りでは進展はなさそう。
ボツワナのカーマ大統領は欧米の制裁をやめるべきと主張。

だれも、やめない。
まぁ、今後の動きに注目!ってところかな。


財務大臣はジンバブエの経済成長を9%以上とうたうけど、CBZは、ジンバブエではきちんとした統計が行われていないことを指摘。
統計がしっかりしていないのに経済成長とは実際どのような数字を使っているのか、非常に気になるところ。

そもそも、ハイパーインフレがジンバブエドルの崩壊でなくなった今、外貨を導入したらしたで人々は生活を立てるのにまだ苦労しているけど、このことで一気に経済成長率が上がるなんて素人目にもやっぱり疑わしい。

そして、次の大統領は?え、Emmerson Mnangagwa?


こんななか。

平和そうなメッセージも、ジンバブエのアーティストから届いたりする。
土地は明るく太陽が注ぎ、ごちゃごちゃしたハラレの町でみんなそれぞれの暮らしをしている。


わたしはわたしで、ジンバブエの良い面を伝えようと、イベント出店前の在庫整理をしようとしながら多数のカバたちをまえに途方に暮れる。


そんな日曜日、でしたよ。

rupurara 001





新しいショップ・スタンプ。

更新ぜんぜんできていないけれど、ルプララ・ムーンのイベント出店に向けて用意してまいります。

たくさんのひとに気に入っていただけるといいな。


ということで。


来年の手帳もアクション・プランナー。

アクア。


actionplanner2011



で、最初のページに新しく作ったショップスタンプを押しました。

stamp


楽しんでやりますよ。

ストックホルムのアフリカ。

ジンバブエが選挙に向かって、動いてる。
早めにやっちゃうとか、チャンギライがボイコットするとかしないとか。


でもね、いつまでたっても、やっぱりジンバブエ政府=悪者、みたいなセリフをきくと心の底からうんざりする。
援助関係者でも外交関係でもね。やっぱりそんなことは言っちゃいけないと思う。


ジンバブエの何をわかってそんなことを言ったり書いたりするんだろう。
もちろん、わたし自身だってジンバブエのことなんてきっとほんの少ししか知らないんだ。
だけど、だからこそ、一かゼロかなんて言いたくない。その瞬間で、いろんなものが終わってしまうんですよ。大切なものが。何かを放棄するの。


そのことをわたしは、ずっとずっと、問いかけている。
ブログや、アサヒコムや、人前でお話をさせてもらう機会があれば、いろんなところで。

いろんなものごとだって同じ。白か黒かじゃない。




そんなことを思いながら。


日本のミッションが来た。

Japanese Business Delegation Seeks to Promote Investment


ジンバブエはとてもポテンシャルがある国だ。
鉱物資源の埋蔵量もすごいけれど、製造業だって底力がある。モザンビークとはまったく状況が違うのだ。

このことの重要性に、気付かなければならない。

外交は、民間の動きにこそ敏感にならなくてはならない。そして、ムガベ大統領だけが悪いなんてアホなことぬかしてたら、一生、「大人の」国家としてのつきあいなんかできない。



耳を澄ませろ。
アクティブで刺激的な社会を肌で感じよう。


なんてことをつれづれに。



大学生のころおとずれたストックホルムのガムラスタン。
このセンス、粋だと思いませんか。

afrika





はまってます。

ジンバブエの不穏なニュースがたくさん出てきているので、よい感じのものを。
最初、梅田洋品店さんのブログで知ったんですけど。


はまってます。イギリスで活躍するジンバブエ出身のミュージシャン。

Tinashe




きゅんっときます。


こちらも好き(*´ -`)(´- `*)




なんかすごく懐かしい感じがします。
彼の表情、最高です。
心が掴まれます。泣きそうになっちゃった。
I'll meet you down, by zambezi

この曲、どういう気持ちで書いたんだろう。
この歌詞、とても気になります。

(PVは明らかにハラレではないが)



で。


CDも買っちゃった。


Saved
Tinashe
B003RRXQZO

日本企業、ジンバブエ進出か。

商社のひとなど、ジンバブエの鉱物資源や何かのビジネス機会を探しにジンバブエに入っている様子。

そんななか、こんなニュースも。

Japanese Delegation Expected to Assess Investment Opportunities

おや。

こんなに大々的にオフィシャルにするってことは、それなりなお話なんでしょうね。規模もあるようですし。

こりゃ、ジンバブエでのビジネスも再開かな。

コットンとか、今は日本企業はだれもやってないのかな。
農業関係だけでなくとも、いろいろありそう。

でも、選挙は波乱が起きそう。たくさんニュースが出てますね。


あふりかくじら的には、地道にやりたいビジネスをすすめるのみですが。

Face Bookに思う。

最近、世界は近くなったなぁって思う。

とくに、ジンバブエに住むアーティストやなんかと、メールだけでなくFace Bookでもつながるようになってきた。

たとえば、アクセサリーを作ってくれるサイラス。
CIMG1551




IMG_1810_shop





あと、自分でネットショップを運営しているひとなんかもいるし。

アートの世界はとても奥が深くてlivelyな感じがして、エキサイティング。

学ぶべきことがたくさんある。


ネットを使って、可能性はどんどんひろがるようだ。

PCがなくったって、ネットカフェがあるんだよ。


だから。


自分自身を振り返って。
「ない」ものを探すのは簡単。
「やらない理由」を探すのは簡単。

時間がない、お金がない、などなど。
でも、「あるもの」を組み合わせていけば、それはそれはいろんなことができるんだよ。

それから、「やらなくてはならない」っていう強迫観念もいっしょ。
周りのひとが言うから、ってことを気にしすぎるのもいっしょ。




CIMG1604



Rupurara Moonもまた、少しずつ成長していければいいなと思う。

いま、コンセプトを見直しつつ次のステップへ動こうとしているところ。
楽しくって仕方がないです。

嫌なことがないわけではないけれど、それでもやっぱり好きなんですね(* ̄∇ ̄*)エヘヘ


自分の好きなこと、やりたいことに、ほんとうに深めていきたい。
もう少し、ルプララムーンに時間をさけるように、工夫していきたい。
アイディアはいつもたくさん!



いつも、ありがとうです。






大学生だったころ。

ご無沙汰。

世界ではいろんなことが起きている。
ジンバブエでも、モザンビークでもね。

そして、わたし自身の身の回りでも。


大学生が三人、文化祭での調べもののためにインタビューに来た。
モザンビークの暴動について。

パンが主食じゃないのに、なぜパンの値上げで暴動がおきるのですか。
Σ( ̄ロ ̄|||)…!そうか。そう思うよね。

パンの値上げというよりも、食料品や物価の高騰、モザンビーク・メティカイスの価値の下落、失業率の増加。GDP成長率は高くても、貧困層に裨益するとは限らない現実。

そういうストレス。

これって、ひとごとじゃないし、ものごとはみな、つながっているわけだ。

日本も、関係なくはない。そして、多くの企業がいま、モザンビークに注目したりしているのを知っている?


大学生のころ、ただ夢中になってアフリカに行った日のことを思い出したよ。
あのころは、四年生だったなぁ。ボツワナ、いったな。
ひとりでいったけど、ほんとうはたくさんのひとにお世話になっているのだな。

いまのわたしがやるべきことってなんだろう。

あのときの気持ちを思い出しながら。

今年三回目のアフリカに行くよ。今月末は、またモザンビークです。
ナカラ回廊のポテンシャルに大興奮。


CIMG1511

Rupurara Moon
アフリカンビーズ&クラフト






Rupurara Moonショップブログ




セロウェの夜明け、鳥の声を聴いた: 大学生、作家ベッシー・ヘッドに会いたくて、ボツワナへ行くことにした。
横山仁美
B01A4FSZXE



↑↑Kindle本出ました!!




Profile
facebook
Twitter
Archives
  • ライブドアブログ