『あふりかくじらの自由時間』

アフリカのこと
オンラインショップRupurara Moonのこと
アフリカビジネス、ソーシャルビジネス、コンサルティングのこと
ベリーダンスのこと などなど・・・。


■オンラインショップ『Rupurara Moonアフリカンビーズ&クラフト』
■メインサイト『あふりかくじらの自由時間』

2010年09月

事務連絡。

9月23日(木)〜10月3日(日)まで、ジンバブエ出張に行ってまいります。
(出張といっても、Rupurara Moonの方のお仕事です)

今回は、ゆるりと過ごしながらアーティストたちと会い、すてきなクラフトやアクセサリーが見つかればいいなぁと思ってます


お店は、不在の間お休みとさせていただきます。
(ご注文をいただくこともできますが、対応は10/4以降になります)

ではでは。


ピンクのゾウさんあるかなー。


rupurara 001

ジンドル人民元。

しばらく。

こんな記事みました?


いやー。もうね、ノーコメントでしょ、こりゃ。

ご参考までに。

ジンバブエが中国通貨を採用か?

ラジオ妨害。

このところ更新が鈍っているので、今日は気になる記事をもう一本。

Jamming of SW Radio Africa Broadcasts Continues

英国に亡命しているジンバブエの人々が発信している短波ラジオのSW Radio Africaなんだけれど、彼らの放送を政府が妨害しているのだそうだ。

これ、ほんとうかしら。

ほんとでもおかしくない話ではありますけれど、メディアの自由は保障されていませんからね、形式的には保障されるということになっているのかもしれませんが、結局、法規制作って抑えてしまう。
そういうことがずっと継続しているわけで、そうしてディアスポラとして英国などに出ているジャーナリストらが痛烈に政府を批判する姿勢で記事を書きラジオを放送しつづけるわけ。

上記の記事は、SW Radio Africa自身が書いていてとても感情的な文章になっている。
いつもストーリー的な彼らの記事が、さらに色を増してる感じ。

一度、SW Radio Africaきいてみてくださいまし。

モザンビークと「食料」、そして土地争奪。

モザンビークで今月初めから続いている食料やその他物価の上昇に反発するデモは少しおさまりを見せたようだ。

あちこちにたくさんのニュースが登場している。

BBCはこんなニュースを載せている。
Mozambique reverses bread price rise in wake of riots

_48940986_010083674-2

このような物価上昇に対するデモとそれに伴う騒乱のような出来事は、過去にも何度か起きているようだ。アフリカの他の国の都市部でもみられるような、携帯のSMSで人々を煽る混乱。


こんなことは大したことがない、という言い方をするひとが少なくないようだ。

いま、マプトにいるわけではないし、マプトの騒乱の時に足を踏み入れたことももちろんないんだけれど、正直言って、いやな予感もしなくない。


キーワードは「食料」だ。

ひとびとは神経質になっているから、扇動されてしまう。
何故か。モザンビークは、決して物価が安くはないし、人々のストレスもたまっているということなのだから。


こういうことって、ほんとうにどのように発展するかなんてどんなに優れた先見の明があるひとでも、100%言い切れることではない。大丈夫だ、などと。

朝日新聞のGlobeは土地争奪を特集している。
モザンビークもフォーカスされている。
ものすごくタイムリーに、重要な問題を指摘している。よくできた特集だと思う。(エラそうに言うけど)


中国や韓国だけではない。
世界中で、さまざまな国々が食料やエネルギー、森林資源獲得のために土地を確保しようとしている。それが、アフリカをはじめとした途上国で起きている。

土地を確保するほうも必至だけれど、確保されるほうも神経過敏だ。
新植民地主義という言葉さえ聞こえる。

ここにも、キーワードの「食料」がある。

世界は、このキーワードを巡って、大きなうねりを見せているのが見える。


わたしのジンバブエ時代の同僚が言っていた。

今回のデモは、深刻な問題の始まりに過ぎない。
やがてこれが、ジンバブエで起きたような政治経済のserious problemにつながりかねない。


わたしはいま、このことばが気になって仕方がない。


少なくとも、子どもを含む13人も亡くなっている今回の騒乱について、大したことないとはとても言えない。

モザンビーク、デモ。

モザンビークの首都マプトにて、燃料やら何やらの日用品と食料品値上げのデモがあったようです。

どうもバスなどが止まり、首都も麻痺状態のようす。

At Least Three Die in Protests

この記事によると3名亡くなっているようです。
Rupurara Moon
アフリカンビーズ&クラフト






Rupurara Moonショップブログ




セロウェの夜明け、鳥の声を聴いた: 大学生、作家ベッシー・ヘッドに会いたくて、ボツワナへ行くことにした。
横山仁美
B01A4FSZXE



↑↑Kindle本出ました!!




Profile
facebook
Twitter
Archives
  • ライブドアブログ