『あふりかくじらの自由時間』

アフリカのこと、ベリーダンスのこと、日々のこと、旅のことなどを綴っています。

2010年08月

事務連絡。 ジンバブエ行き、とりあえず今週末からっていうのは無しにしました。 諸般の事情により。 今のところ、9月後半には計画をしておりますが。 いつもお世話になってるアーティストたち&新しいアーティストたちに会えるのが楽しみ。 新しいクラフトたちにも会え

いまさらとお思いでしょうが… いろんな方が例によってブログなどに書かれていますけど、先週の水曜日には渋谷のクラブ・クアトロにて「 SukiAfrica 」〜スキヤキ・オールスターズ 東京初上陸 〜へ。 もちろん、ジンバブエの愛すべきミュージシャンであるチウォニソ・

ルプララ・ムーンに少々アップいたしました。 ネックレスなど。 ジンバブエのアーティストの手作り一点モノのみ。
『ネックレスなど。』の画像

ジンバブエ政局についても、思うところは多々ありますが。 なんだかふと思い出したので、モザンビーク島。 世界遺産です。 うつくしい島。 歴史のある島。 でも、思うことはたくさんありました。 半分は、古い要塞や
『モザンビーク島。』の画像

しばらくぶりにメディアの方とあってお話をして、その「センス」みたいなものを感じとって、いまわたしの脳みそは少し何かのスイッチが入っている。 ジンバブエ政局についてひさしぶりに思うことを書いてみる。 こんなニュースを見た。 Zimbabwe: Principals Clash Over
『ジンバブエと選挙とメディア。』の画像

スウィート・ホーム・ジンバブエ。 ほんとうは、コラム自体にこんな感じの名前をつけたかったのですけれどね。そういう意識で、普通のジンバブエのひとの生活や視線を書きたかったから。 「シリーズ・ジンバブエ」はこれで7本目。 シリーズの前にもたしか1本くらい書いた
『スウィート・ホーム・ジンバブエ。(アサヒコム更新)』の画像

また近いうちモザンビークに行くことにはなるんだけれども、ひとつひとつを写真に残しておきたいなと思い、こちらのアルバムに公開いたしました。 「mozambique June 2010 - 001」 4セットあるので、地道にアップしていきます。 その場の空気とわたしの視線を閉じ込める
『モザンビークの写真など。』の画像

まず、大切なことを書いておこうと思います。 作家ベッシー・ヘッドに関することです。 1937年、南アフリカはピーターマリッツブルグに生まれた「カラード」で、アパルトヘイト下の激動の南アフリカを生き抜き、人種と政治とジャーナリズムの混沌の中で26歳でボツワナに亡
『"Gesture of Belonging"』の画像

↑このページのトップヘ