『あふりかくじらの自由時間』

アフリカのこと、ベリーダンスのこと、日々のこと、旅のことなどを綴っています。

2008年08月

最近、すごく思う。 世の中「ちょっといいこと」が溢れすぎていませんか。 つまり、CSRとかBOPということばがたくさん聴かれるようになった。そして、巷にはエコとか、どこそこへ寄付、なんていう「付加価値」がくっついた商品がたくさん出回っています。 しかも、

アフガニスタンでNGOのひとが殺害されたというニュースがテレビをにぎわせている。 何故、その国のために努力しているひとが殺されてしまうんだろう。 彼の死のようなできごとは、これまでもたくさんあった。 このことで、NGOの仕事に対する誤解みたいなものが広がら

☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.今日は、エンピツと同じ。ブログっぽくなくてごめんなさい☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+. ノルウェーの文豪イプセンの詩劇『ペール・ギュント』。 夢想家で、女たらしの主人公ペールが世界を放浪する冒険の物語。 幼馴染を結婚式から略奪し、やがて彼女

もうこれ以上はもたないんじゃないかな。 ムガベ大統領は名誉大統領職になることを強く拒否しているし、チャンギライはパワーシェアリングを拒否してはいるけれど。 でも、対話の努力がまだ継続しているあいだに国会を開くなんて大混乱を助長させるしかない。そして対

恥ずかしながら。(・∀・)つ なんだかずっとタイミング悪く観られなかった『ツォツィ』を観た。 Tsotsi ぼろぼろ泣いた。 南アフリカ自体の問題に正面から切り込むものではなかったけれど、ツォツィを通して描き出しているものすごく深いものに心動かされ。 南

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜今日はエンピツと同じ゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆ パリで治療を受けていたというザンビアのムワナワサ大統領が亡くなったというニュースが流れている。 これは大きなショックだ。 エジプトのAUサミットで倒れ、パリの病院へ運ばれて数週間。 死亡説が
『生きる。』の画像

イッセンヒャクニジュウマン。 何の数字かと思いきや、ジンバブエのインフレ率です。 1,120万パーセントだそうです。 どういうことか、もうすでにわからないですね。 Zimbabwe: Annual Inflation Surges to 11,2 Million Percent ゼロを10個きったところで、根

またこんな感じ。 Zimbabwe: Summit Fails to Overcome Talks Deadlock SADCでもなかなかねぇ。 長年続いてきた歴史があるんです。 この状況は、なかなか簡単に解決するものではありませんよね。 そして、欧米も他人事じゃないってこと、わかっておくべきだね。

↑このページのトップヘ