『あふりかくじらの自由時間』

アフリカのこと、ベリーダンスのこと、日々のこと、旅のことなどを綴っています。

2008年06月

『アフリカ 苦悩する大陸』というエコノミストの記者が書いた本を読んでいる。 まだ途中だけど。 ジンバブエについてのストーリーを読んだ。すらすら読めるのは、ジャーナリストの書く文章の特徴か。 それにしても、ものすごくドラマチックに描いている。しかも、こ

ジンバブエ大統領選。決選投票まであと3週間あまり。 暴力と殺人、逮捕の報道が絶えない。 数日前に野党MDCチャンギライ代表が拘束され、半日後に解放されたとの報道あり。 チャンギライは何でも大勢を集めた集会を開いたのだそうだ。 こういうことをやると、待ち構え

野党MDCムタンバラ派の代表アーサー・ムタンバラが逮捕されたとの報道がありました。 Zimbabwe: Mutambara Arrested なんでも、4月に書いた記事がどうにも反政府的だったことで、当局は逮捕に踏み切ったようです。(どの記事だろう。独立記念日のスピーチかな。これか

もちろん、ものごとがすべて良い方向に収まったわけでは全くないけれど、全体としてTICADプロセスにおける市民社会の参加は大きく前進をしている。 その点は評価されるべきだ。 素晴らしい仕事をしたと思う。 これまで5年間の、アフリカのNGOたちや日本のNGOの活動。
『TICADも終わり。』の画像

↑このページのトップヘ