『あふりかくじらの自由時間』

アフリカのこと、ベリーダンスのこと、日々のこと、旅のことなどを綴っています。

2006年10月

どうしてくれんのよ。 あんた、でかいじゃないのよ。 そんなでかいの、キライ。 出ていってちょうだいよ。 あー、見つめてたら鳥肌立っちゃう。
『そりゃ、あんたでかいわよ。』の画像

贅沢な暮らしをしていると思う。 一方で、ジンバブエに暮らすというこの時間を愛し、村へ行く計画を立てながら、もう一方でボロデール・ブルックのSPARに行き、少し高い値段のついた食材などを購入するのである。 鳥がたくさんいる。 小さな鳥、大きな鳥。 それぞれが
『鳥が飛ぶなら。』の画像

その、ハイデンシティ・エリアの日常の風景に思うこと。外国人がめったに足を踏み入れないような、それでも活き活きとした人々の暮らしがあるような風景。 こうして、物を売るのです。生活のため。 いま、報告書を書くためのリーディングの最中で、頭脳の容量が足りな
『ある日常の風景、ごく普通のジンバブエアン。』の画像

いままでわたしは、何を祈ってきたか。 そういうことを考える。 クリスチャンではないけれど、それでもキリスト教には昔からかなり関わってきた。でもクリスチャンにはなりきれないわたしは、こうして祈りについて考える。 信仰。 それが誰かを救うのだとしたら、
『祈り。』の画像

自由になりたい。 ――…。 わたしは、自由なのか。 自由時間。あふりかくじらの。 かれこれ6年ほどこの「あふりかくじら」商売をやっている。 自由時間があるってことは、拘束時間もあるのだ。ときどき思う。そんなことはおかまいなく。 今夜
『自由になりたい。』の画像

道にしきつめられた紫色のジャカランダの花が、なんともいえずアフリカっぽさを出している。車に降ってくるジャカランダの花が豪快で、なんだかうれしくなる。アフリカ都市部のにおい。 今日、いくつかのことがあってなんだかくたびれた。 ひとつは、誰かがこの国を去
『紫いろのじゅうたんのように。』の画像

わたしの家の近くのショッピングモールで、服と食器+おしゃれな家具を売る店がある。この国にしてはちょいと高め。 スカートを一枚と、それから思わず一目ぼれしたグラスを二つ購入した。 5,000ドルくらいかな。ここでは非常に高い。 日本円にして500円以下だけれど
『お気に入りグラス。』の画像

夕べもらったあふれんばかりのバラの花…の一部。 深夜に水切りをして、一晩たってもしゃっきりしている。 なんだか花をもらうのはうれしい。 メルマガ 【あふりかくじら★カフェ】参照。
『バラの花、赤。』の画像

↑このページのトップヘ