『あふりかくじらの自由時間』

アフリカのこと、ベリーダンスのこと、日々のこと、旅のことなどを綴っています。

2006年02月

Guruveフィールド視察の際、肝心のメイズ畑の反対側にいた、子どもの牛飼いさんたち。 こういう風景をよくみかけた。 一方で、学校に行っている子どもたちもいたけれど。 この子達はやっぱり、学校に行っていないのかな。 ジンバブエ、農村風景。
『子ども、牛飼い。』の画像

ハラレ出たい病(「ハラレで大病」って変換されちった)がピークに達し、もはや壁に貼ってあるでかいジンバブエ地図と中南部アフリカ地図をかわりばんこに見つめながら、放心状態の日々を送っていたのであるが、この状況を脱却すべく誰彼かまわずメールを打ちまくって、「ど
『くじら、焼けたけれども。』の画像

↑このページのトップヘ