『あふりかくじらの自由時間』

アフリカのこと、ベリーダンスのこと、日々のこと、旅のことなどを綴っています。

更新情報

お勤め先の名刺以外に、もう一枚名刺を持ちましょうなんていう言い方、もうすっかり聞き飽きたくらいのひとも、そんなのとっくの昔からそうしてますってひとも多いかもしれないけれど。★お勤めの仕事以外にも、活動しているのならなおさらのこと。そしてそれは、収入を伴う
『3種類の名刺づくりのススメ。』の画像

山積みのタスクがあるのに、頭と手が動かないとき。どんな理由があるのか考える。あなたならどうしますか。★コンサルタント仕事が重たすぎて心のメモリまで停滞しつつあるので無理に、スマートなアウトプットをしようとするのをやめました。★別ジャンルの本を読んだりして
『アウトプットに行き詰ったとき。』の画像

なんだか、このところ改めて「ほぼ日」に再ハマり。インタビュー記事も、宝物みたいなことばが多いけれど、ほぼ日のアプリで「今日のダーリン」を毎日楽しみにしている。糸井重里さんの本も好きなのをひとつひとつ味わって読んでいる。最近読んだのは、『すいません、ほぼ日
『『すいません、ほぼ日の経営』糸井重里氏』の画像

週末独り言。金曜日には、タンゲーラのミロンガへ。アルゼンチンタンゴってほんとうに不思議な気持ちになる。たぶん、人と人との出会いだからなんだろうなって。恋人同士みたいな密着状態で踊ると、不思議な感覚。それぞれの相手と、違う世界を思い描く。アブラッソを組んだ
『タンゴとシークレットガーデンと出会い。』の画像

ディープなマーケットが好きです。日本人は、もちろんものすごーく目立つので何かとやりにくい面もあるけれど、かならずどの国でも「マーケット」に行きます。Rupurara Moonにアップされているアフリカンプリント。スワヒリ語のことばが書かれている一枚布の「カンガ」それか

国際協力業界でのわたしのキャリアパスは、まったく順風満帆なものではなかった。2001年に英国エディンバラ大学でアフリカ研究の修士課程を終えたものの、アフリカに関係する仕事も、国際協力に関係する仕事も、どこも派手に落ちまくって仕事に就くことすらままならなかった
『「難しい」と言わない。』の画像

コンサルタントの仕事が、11月中スーパーピークになる予定がスケジュールが変わったため、11月は助かった。。。12月は忙しくなりそうだけれど、ベリーダンスは、ハフラとワークショップをやりたいと思っている。スケジュール調整中。★Rupurara Moonも色々とメンテナンスをし
『身体感覚とプログレス。』の画像

12月9日には、トルコの伝統楽器サズを始め様々なトルコ・中東音楽の演奏家 大平氏とご一緒させていただきます。池袋ヨルダン料理店「月の砂漠」さんの美しく異国情緒あふれる雰囲気に合わせて、いつものショーとは違う感じの曲と衣装を選んでみたいと思います。大平さんの演
『12/9 サズ演奏家 大平氏とライブ共演@池袋「月の砂漠」』の画像

いつも、千石の八百(はっぴゃく)コーヒー店に行くと、難しい顔をして分厚い原稿の束をテーブルに広げコーヒーを飲んでいたそのひと。台湾文学翻訳家の天野健太郎さん。いつも難しい顔をして長い時間原稿に向かっていて、大きなため息をついたりして気難しそうな雰囲気を出
『ありがとう。さようなら。台湾文学翻訳家 天野健太郎さん』の画像

アフリカ研究を始めた大学生のころから漠然と印象に残っていて、いつか訪れてみたいと思っていた場所。タンザニアのザンジバル島。もともとオマーンの領地でスルタンがいて、アラブ交易で栄えた独特の歴史がある島。アラブ、スワヒリ、インドなど多様な文化が混ざるこの場所
『ザンジバル旅の風景。』の画像

↑このページのトップヘ