『あふりかくじらの自由時間』

アフリカのこと、ベリーダンスのこと、日々のこと、旅のことなどを綴っています。

更新情報

2018年7月に行われた『シークレットガーデン・シアトリカルベリーダンスショー』のステージの一部を公開しています!観に来てくださった方も、来られなかった方も、わたしたちが構想から2年かけたステージをぜひ観てください。Amelia Oriental DanceのFacebookページです。「
『2018年7月『シークレットガーデン・シアトリカルベリーダンスショー』のステージを一部公開しています。』の画像

バンコクでのフェスが無事終了。得るものが盛りだくさんであふれそうな数日間でした。主催者様の素晴らしいオーガナイズ。ホスピタリティにあふれたイベントでした。タイのベリーダンスコミュニティはそれほど大きくないときいていましたが、タイだけでなく、周辺諸国(中国
『Raks Siam 2019 in Bangkok Thailand』の画像

噂の本を読了した。アフリカンプリント:京都で生まれた布物語アフリカンプリントは1950〜1960年代ごろ日本製が大きなシェアを占めていたという話はこのブログにもずいぶん前に書いたことがある。2013年5月28日付の記事日本からアフリカへ渡るカンガ。この企画展でも大変貴重
『京都発のアフリカンプリントが語る歴史と曾祖父のこと。』の画像

とてもうれしいのが、仕事でご一緒している方(男性)がわたしのKindleで書いた本を読み、感動したと何度も言ってくれること。しかも、2016年に出したこちら・・・セロウェの夜明け、鳥の声を聴いた: 大学生、作家ベッシー・ヘッドに会いたくて、ボツワナへ行くことにした。
『ことばにして思いを届けるということ。』の画像

昨日出席したセミナーで紹介されていて胸が締め付けられる思いだったので書いておく。少し前だが、UNDPの報告書「Journey to Extremism in Africa」でこういうチャートが紹介されている。テロリストから幸運にも足を洗うことができたひとたちへの調査。リストではなく、チャ
『なぜ過激主義になるのか。Journey to Extremism in Africa (UNDP 2017)』の画像

先週のコンペ直後からひどい風邪をひいて未だに引きずっている。山ほどの予定を抱えすぎて、もう休め、というサインか。★もちろん、コンペに向かっては血と汗と涙が滲むほどの努力を!という考え方もある。プレッシャーもすごい。仕事でも何でも、「やらねばならない」の強
『やらねばならないを手放せば。』の画像

6/7〜6/9開催のRaks Siam 2019のガラショーに向けて、準備中!日曜日と金曜日に群舞のリハでした。2018年、シークレットガーデン・シアトリカルベリーダンスショーに出演してくれたインド舞踊&ベリーダンスのLasha Naziraと一緒に、日本のチームが群舞で踊りますチーム名は
『バンコクのガラショーに向けてリハ。』の画像

発売前から重版がかかって売れまくっているらしい小倉ヒラク氏の『日本発酵紀行』を夢中で読了。はまりまくり。日本発酵紀行 (d47 MUSEUM) [単行本]小倉ヒラクD&DEPARTMENT PROJECT2019-05-24★今回は、単なる面白い発酵食品の紹介だけではなく、紀行という形を取り、その土
『"気配"に耳を澄ませるひと。『#日本発酵紀行 』#小倉ヒラク 氏』の画像

かねてより作業をしておりました旅エッセイ本。『ルプララの月ウブドの神さま』をKindleで出しました!少しずつ時間を取って細切れに書き、ゴールデンウィークでちょっとまとめて作業してようやっと仕上がった本です。旅行記というものでも紀行文ということでもありませんの
『旅エッセイ本『ルプララの月ウブドの神さま』Kindleで出しました。』の画像

あらためて。土曜日の夜に書いたライブ演奏に関すること以外について。コンペティションにチャレンジすることで、とても得るものがたくさんあって良い経験をさせてもらっているなとつくづく思う。少しずつ、良いものが自分の中に積み重なっていくような気がして感謝の気持ち
『コンペにチャレンジして得られたこと。』の画像

↑このページのトップヘ